2004年03月26日

●アホウドリの糞でできた国その4

b6.gif
その3」の続き。

誰も働いたことのない国、ナウル。
その国家存亡のピンチに助け舟を出したのは豪州でした。

2001年暮れ、アメリカは「対テロ戦争」を開始。
その影響で「テロ資金の温床になる」と名指しされた
ナウルの銀行は事実上閉鎖されたのですが、
それと同時に、
アフガニスタンからは大量の難民がオーストラリアに流れこんできていました。

テロリストが混ざっているかもしれない難民達を恐れた豪政府は、亡命受入れを拒否。
ナウルに難民を送り込みました。

オーストラリアが出した資金援助の条件とは、
「難民1100人を受け入れる」ことでした。

ナウルの人口は1万人程度。
しかも軍隊はもともと存在しません。警察官も少しだけ。
不安を感じつつも、ナウルはこれを承諾します。

当初は2002年5月までの暫定措置として始めたこの難民受入れでしたが、
結果的に、そのまま継続することになります。

一度入れてしまった難民をわざわざ引き受けてくれる国など、
どこにもなかったのです。

ナウルは孤立します。
2002年夏には観光ビザの発給停止。
ナウル航空も活動をとめてしまいました。

その後、ナウルは、なし崩し的に
イラク難民1000人も受け入れることになります。
つまり国民の2割近くが「難民」です。

2003年2月。
オーストラリア政府が、「ナウルとの連絡が全くつかなくなった」と発表しました。

<まだ続きます>

Posted by tekigi1969 at 2004年03月26日 09:55
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/7

コメント
コメントしてください




保存しますか?