2004年03月27日

●アホウドリの糞でできた国その5

b6.gif

その4」の続き。

2003年にはナウルの燐鉱石はほぼ枯渇していました。
国家破産の危機が目前に迫り、
政治的に不安定な状況が生まれます。

1月末、ナウル大統領が二人いるということが判明。
どちらが正当なのか回りからは全く分からず、混迷は深まります。
電話、インターネットが通じなくなりました。

2月、豪州は「ナウルの指導者が誰かすらわからない」と発表。
すると、ナウル大統領からSOS声明が出されます。
オーストラリア政府は電話回線復旧のための救援チームを送り込み、3月には連絡手段が回復しました。

「行方不明」の原因については
機器の故障、洪水、大統領官邸の焼失など諸説あり、
本当のところは未だに不明のままです。

アルカイダ資金がナウル銀行に存在することが判明。
さらにテロリストのナウルパスポート売買が明るみに。
米国の怒りは頂点に達し、ナウルのビザが完全に発給停止になります。

3月には、ドウィヨゴ大統領(一応こちらが正統だった)が突然アメリカに亡命。
3月9日に、そのまま病院で死亡してしまいます。

4月。北朝鮮からの亡命者20名がナウルに到着。
しかし、これ以上米国に逆らいたくないナウル政府は、
彼らをアメリカに移送します。

そして何とか国家を再建するため、
改めて大統領選挙を実施しようとしますが、
いつまで経っても議長が決定できず、なかなか議会が開けません。

何とか強引に大統領を決定したその直後、
アフガン、イラクの難民達が待遇改善を求めて、ハンストを開始しました。

豪州からすべての国民をオーストラリアへ移動させたらどうか、という提案がでますが、
「民族のアンデンティティを失う」と大統領はこれを拒否。

そのまま2004年を迎えてしまいました。

<ごめんなさい。まだ続きます。次が最後です>
★午前10時に一部加筆しました。

Posted by tekigi1969 at 2004年03月27日 09:55
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/8

コメント

こんにちは!私の名前はジョイスRaggioと私はCottekill 、アメリカ出身。私は自動ポーンワシントンに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログに自動ポーングルジアについての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by auto equity loan at 2013年11月28日 14:29

こんにちは!私の名前はアーネスト·バレルと私はHubbardston 、アメリカ出身。私はCNAプログラムユタ州についてのウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにCTではCNA学校についての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by cna test at 2013年11月29日 20:00

こんにちは!私の名前はブロデリックHomzaと私はウェルスビル、アメリカ出身。私はどのように私は私のCNA認定番号を検索、約ウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにウィルミントンNcのCNAトレーニングについての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by cna license at 2013年11月30日 14:17
コメントしてください




保存しますか?