2004年03月27日

●アホウドリの糞でできた最終

b6.gif

その5」の続き。
とりあえずの最終回です。

ついに国家崩壊寸前にまで至ったナウル。
ハンストを起こした難民達は豪州への亡命を希望しますが、
オーストラリアは国ごとの吸収を求めたため、
両国の関係が悪化。ナウル大統領はこれを拒否しました。

国連も「難民の返還」を申請しますが、
それにもナウルは難色を示します。

2004年1月、アフガンからの難民はハンストを一時休止。
ところが豪州医療チームのナウル入りを大統領が拒んだため、
一時的に暴動のような状態に陥りました。
ハンストも再開。

もはや世界の問題児と化したナウル。
2月に入っても、再び大統領不信任案が出るなど、
「どうするつもりなんだよ、あんたたち」状態が続いております。

そして、2004年3月4日のニュース記事。
どういうわけか、ナウルは突然アイスランドと国交を結びました。

理由は「どちらも海に囲まれているから」

・・・・

彼らはどこに行くのでしょうか。
マジメに事態を収拾するつもりがあるのかどうかすら正直分かりません。
でもおもしろいです。不謹慎かもしれないけども。

このストーリーにオチはありません。
全て、現在進行形の現実だからです。
また何か進展がありましたら、適宜報告します。
興味のある方は各自検索してみてね。
おもしろいネタ見つけたら、ぜひ教えて下さい。


Posted by tekigi1969 at 2004年03月27日 14:19
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/9

コメント
コメントしてください




保存しますか?