2004年04月06日

●中原中也VS太宰治

文人悪食.jpg
文人悪食(新潮文庫)

明治から昭和初期の作家と「食」について
エッセイ風にまとめた本。とてもおもしろい。

例えば、中原中也。
かなりタチの悪い絡み酒だったらしく、
相手が弱いとみると誰にもケンカをふっかけていた。
自分から飲みに誘っておいて、
その知人があまりお金を持っていないことを知ると
「これじゃ、女給にチップも渡せないじゃないか」
となじる。

これ、かなり最悪です。

当時の中也と親しかった青山二郎は
「彼は誰よりもえばりくさっていた」と記しております。

太宰治とのケンカを記録しているのは作家の檀一雄。
一緒に飲んでいたのは、草野心平、太宰、檀、中也の四人でした。
酔った中也は太宰にネチネチ絡み、こう言ったそうです。
「何だ、おめえは。青鯖(サバ)が空に浮かんだような顔をしやがって。
 全体、おめえは何の花が好きなんだい」
うんざりしていた太宰は口ごもり
「モ、モ、ノ、ハナ」
泣きそうな顔でじっと中也の顔を見ました。
「チェッ、だからおめえは」
といって乱闘に。

もしリアルタイムでそばにいたら、大変迷惑な人間なのだろうけど、
こうやって読むとおもしろい。
僕はこういうキャラは嫌いじゃないです。

ちなみにこのケンカを想像するとき、忘れちゃいけないのは、
中也は当時としてもかなり背が低かったということ。
160あったか、なかったか。
一方の太宰は175センチの大男だったのであります。

「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」はこんな日常のなかで生まれました。
そう思うと二日酔いの朝の耳鳴りみたいだ。

Posted by tekigi1969 at 2004年04月06日 09:10
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/25

トラックバック

» 私の中の発火点、遠い日の記憶・・・そのシリーズ④『中原中也』 from 綾
酔いどれ中也、肩寄せ風   私の中の発火点、遠い日の記憶・・・そのシリーズ〓『中原中也』   当blog過去記事、再掲です。  ... [続きを読む]

Tracked on 2005年12月18日 13:54
コメント

tommy

Posted by パネライ at 2013年09月21日 03:12

私は、ファクスのない給料日ローンを探しています

Posted by payday loans us at 2013年11月08日 08:26

こんにちは!私の名前はシボーンStoegerと私はペリー、アメリカ出身。私は自動ポーンメリーランド州に関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにジャニーズオートポーンデンバー共同についての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by car title loans at 2013年11月28日 05:22

こんにちは!私の名前はパウリリアと私はLovettsville 、アメリカ出身。私はCNAプログラムヤキマに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにCNA学校テキサス州ダラスについての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by cna license at 2013年11月29日 10:22

こんにちは!私の名前はウィルソンSouphomと私はスティーブン、アメリカ出身。私はKxのCNAプログラムについてのウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにサウスカロライナ州CNA認定についての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by prometric cna at 2013年11月30日 04:49
コメントしてください




保存しますか?