2004年05月29日

●ナウル情報(2004年5月)その2

ナウル情報(2004年5月)その1」の続き。
(ナウル共和国って何?という方は、
ナウル共和国カテゴリー」からどうぞ)

オーストラリアから押し付けられた難民に訴訟を起こされてしまったナウル。

情勢はナウル政府にとってかなり不利でした。
ナウルの憲法は亡命を求めてきた難民を拘束をする権利を認めていません。
それなのに、
難民収容施設を設置して彼らを収容しているのです。
多分、裁判になったら負けます。

劣悪な住環境に昨年は難民たちにハンストも起こされています。
世界中から「難民の待遇改善」を求める声が高まっていました。

とはいえ、ここで難民を帰してしまうと、
オーストラリアからの援助が受けられなくなってしまいます。
それでは国家破産へまっしぐらです。

で、どうしたか。またもや強引な手段に打って出ました。

4月26日、ナウル政府は突然、オーストラリア人弁護団に対するビザを取り下げたのです。
弁護士をナウルに入国させないぞ、ということですね。

当然世界中から非難の声はあがりましたが、
ナウルは無視を決め込んでいるようです。

(その3に続くよ)

Posted by tekigi1969 at 2004年05月29日 16:05
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/182

コメント
コメントしてください




保存しますか?