2004年06月28日

●とある海軍士官がかいたラブレターとその後

第二次世界大戦中に、とある海軍士官が婚約者に送ったラブレター。

心から愛しているよ、僕の大切な人。
そして、きみからも愛されていると思うと、生きていて本当によかったと思う。
いつの日にかぼくたちのものになる計り知れない喜びのことを、
これまで何度考えたことか。
いずれ生まれてくる子供たちは、きみのような女性を母親に持てて、
なんと幸せなことだろう・・・
(中略)
いまは正直なところ、出撃はかつて考えていたような胸躍る冒険ではなく、
なるべく早く終わってほしい一つの任務として考えている。
僕らと海のあいだにはまだこれほどの距離があるというのに、
ぼくはもう帰りたいと思っているんだ。
(文面は「新潮45」7月号から引用)

<まずここまでを読んで、その後の展開を予想してくださいね。
 以下はそのうえでお読み下さい>

この手紙を書いた青年は、
幸い戦火の中で命を落とすことなく、
無事に祖国に戻ることができました。
この手紙の受取人である婚約者バーバラとの恋を成就させ、
社会的な成功、名誉も手に入れます。

子供にも恵まれ、
かつて戦場で夢見た「計り知れない喜び」は、
両親の愛に育まれ、戦争の悲劇にも巻き込まれることなく立派に成長しました。
彼は現在、とある国の大統領です。

ラブレターの差出人はアメリカ第四十一代大統領ジョージ・ブッシュ。
受取人はバーバラ・ピアーズ(現在のバーバラ・ブッシュ)。
およそ60年前に生まれたこの愛の結晶の名は、
そうです。現アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュであります。

もしこの恋が実らなかったら、
僕らの歴史はずいぶん違ったものになっていたかもしれません。

Posted by tekigi1969 at 2004年06月28日 23:54
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1252

コメント

私はwonga英国のような給料日ローンを探しています。給料日ローンのホラーストーリーがどこにあるか知っていますか?

Posted by vancouver payday loans at 2013年08月21日 06:43
コメントしてください




保存しますか?