2004年10月10日

●100円ライターの見えざる力

googleに「落とした」と入力すると、ヒット数は30万3000件。
逆に「拾った」は、16万1000件。

落とす人の方が拾う人の約2倍存在するようです。

僕はタバコを吸うのだけど、
100円ライターって、落とす、拾うの傾向がはっきりしている。

「ライターをいつも無くす人」
「帰宅すると見知らぬライターがポケットに入っている人」

中間ってあんまり見ない。
僕は前者で、知人の一人が後者に属します。しかも彼は吸収力バツグン。
だから気づくと全てのライターがその人の周辺に集まっている。

喫煙習慣のある友達ばかりで一晩中お酒を飲んだりしていると、
ある瞬間にその知人以外全員が「火貸して」と言っている。
知人に悪気はないので、
「あれ?ここに5つもあるぞ」とすぐに返すのだけど、
数時間で元通りになっちゃう。

もはや引力の法則。星の成り立ち。
基本的には超新星になる前にバラバラ(気づいて返す)になるのだけど、
放置しておいたらライターの重力でブラックホールになって、
さらにゴーッと吸収しはじめるのではないかとハラハラします。

彼に対抗するには
ライターを無尽蔵に持ち歩き、しかもバラまくホワイトホールのような人物が必要。
名古屋に一人そんな友達がいたのだけど、
最近その人は北海道に引っ越しました。
ブラックホールは都内在住。

というわけで、
間に挟まれた東北地方には今、
見えない力がグワーと働いているのではないかと勝手に妄想している次第です。


Posted by tekigi1969 at 2004年10月10日 17:23
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/80

コメント
コメントしてください




保存しますか?