2004年11月05日

●新語誕生「島田司会者」

1、傷害容疑で書類送検された島田紳助氏のニュース。
  昨夜のTBSのニュースでは「島田司会者」と呼んでいました。
  何だか聞いていて違和感が。

2、今朝のフジテレビでは「島田紳助容疑者」。
  今のところ、放送局によって違いが出ているようです。

3、以前、SMAP稲垣吾郎さんが逮捕された時は、
  僕の知る限り全局「稲垣メンバー」でした。

4、「容疑者」と呼びたくないという意志が働く時に
  「メンバー」やら「司会者」といった新語が誕生するようです。

5、稲垣メンバーの時は「所属事務所の圧力があった」なんて噂も出ましたが、
  その後、民放テレビ局のプロデューサーさんなどに取材したところ、
  そんな事実はなかったようです。
  あくまでもスポンサーやら自局の出演者に配慮した、自主的な判断。自主規制。

6、そんな時、ある局が「メンバー」と呼び、
  他局は一斉にそれにならったそうです。

7、「むしろ圧力があった方が戦えるんですけどね」とは某局の人の弁。
 「色々お世話になってるし、一応容疑者は避けよう」という一応力が働いてしまうと、
  なし崩しに「容疑者は使えない」という実績だけができていく。

8、今年のはじめに日産のゴーン社長が交通事故を起こした時、
  テレビだけは「スポーツカー」と表現したのも同じ流れでしょうね。
  新聞、ネットは「ポルシェに乗っていて」と書いていた。
 「一応ボカしておこうよ」という「一応力」は浸透しつつあるのかな。

9、「強大な権力をもった人・団体の圧力・陰謀」とかは僕はあんまり信じません。
  そんなのがいたら楽だなとは思うけど。
  だって、全部そいつのせいにしちゃえばいいんだもん。

10、方向性は違うのだけど、
  先日イラクで亡くなられた人質の遺族のコメントを見たときも、
 「テレビでは言わない方が良いこと」ってのは増えているのかもしれないな、
  と思いました。

Posted by tekigi1969 at 2004年11月05日 09:32
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/144

コメント
コメントしてください




保存しますか?