2004年11月15日

●昔の日本人は走れなかった

1、「昔の日本人は走れなかった」という記事をどこかで読みました。

2、明治12年に、鎮台兵(旧日本軍の前身)の身体能力の測定が行われた。
  西南の役の時に、鎮台兵が西郷軍に苦戦した要因を研究するためです。
  そこで分かったのは
  元農民は「行進、駆け足、集団移動、急な方向転換、匍匐前進」ができないということ。

3、ようするに江戸以前の日本人には身体を捻るような動きをする文化が存在しなかったのだそうです。
  そういえば、ナンバ歩きも右手と右足が同時に出たらしいですね。

4、ちなみに西郷軍の方は、
  士族に伝わる伝統的な歩行法やら走法があったようです。
  といっても刀を使うので、腕は振らずに走る。
  だから正確に言うと、階級やら仕事によって身体の動かし方が違っていた。

5、現在のような歩き方は、
  明治時代にフランス軍の行進を元にして日本で広まったものだそうです。
  そういえば、体育の授業で行進ってやりますね。

6、古武道とかのエライ人は、
 「消えてしまった古来の身体の使い方をマスターすればすごいことができる」
  と考えるのかもしれないけど、僕はむしろ逆の感想を持ちました。
  単純に「腕を大きく振って走ると速い」という情報だけでも、
  忍者とかになれちゃったんじゃないかなぁ、と思うのです。

7、だからもちろんその技術は一子相伝ぐらいのレベルで極秘にされます。
  パッと見ただけではなかなか速い理由ってわからないですもんね。
  もし気づいた人がいたら、そこに新たな流派が生まれたり。

8、フリーメーソンという有名な秘密結社も、
  元々は建築業者同士が「幾何学」を伝えるためにつくった集団だそうです。
  幾何学の計算ができれば、図面もスムーズに書けますもんね。
  これはまさしく秘術だったと思う。
  だから彼らの象徴であるGってのは、神だけじゃなくて、幾何学のことでもある。これは今でも同じらしい。

9、今でもこっそりそんなことを伝えている集団がどこかにいるのかもしれません。
  文明から隔絶した場所で「タマネギを切る時に涙が出ない方法」を一子相伝してたりして。



Posted by tekigi1969 at 2004年11月15日 11:17
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/29

コメント

私は即座に給料日ローンを探しています

Posted by one hour payday loan lender at 2013年11月08日 14:49
コメントしてください




保存しますか?