2004年11月03日

●事件はお寺で起こっているんだ

以前も紹介したことのある月刊「寺門興隆」。
仏教界・住職さんの専門誌です。
創刊6周年になった11月号も熱いです。

特集はホットな話題である地震に絡め、
「災害に襲われたお寺を宗門は助けてれるか」
というもの。ものすごく切実です。
さらに、
「寺院も設置義務となった火災報知機の買い方」
なんて記事もありました。メカ音痴ではダメなんですね。

大災害以外にも、お寺を狙う悪は存在します。

「僧名がヤミ金に狙われている」
「墓石デザイン侵害事件」
事件はもしかしたら現場ではなくお寺で起こっているのかもしれません。

連載記事ではもう少し個人的な問題が論じられています。

玄侑宗久の説教部屋「僧侶は一生独身がよいか」
住職夫人の独白「一生早起きしなくちゃダメなの」

世の中には想像もしなかったような事件や悩みが溢れているんですね。

ちなみに12月号の予告は
「お寺の子供の心の危機」だそうです。


Posted by tekigi1969 at 2004年11月03日 22:27
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/76

コメント
コメントしてください




保存しますか?