2004年12月31日

●夕焼け

名古屋は初雪。昼過ぎにはあがったので夕焼けがきれいでしたよ。着物を仕立ててもらったので明日は和装の予定。
Posted by tekiteki at 17:36 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●犯人逮捕が正月を削る

奈良の児童誘拐事件の容疑者逮捕→良いニュース→電話が来た→年末進行で書いた一月発売雑誌の記事「04年事件特集」の書き直しが決定→〆切は1月4日→正月休み短縮→悪いニュース
Posted by tekiteki at 11:21 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2004年12月30日

●名古屋といえば

携帯からの更新。ただいま名古屋におります。洋食屋さんのメニューに味噌ひれかつ。ハンバーグもオムレツにも味噌ひれかつ、ついてくる。さすが故郷。
Posted by tekiteki at 19:53 | Comments [5] | Trackbacks [0]

●仕事納めだ2004

1、2004年の仕事が終わりました。正確には強制終了。
  1つだけ「来年でいいっすよ」と言われたので放置なのです。

2、というわけで帰省します。
  携帯からエントリーができるようになったので(写真も)、
  気が向いたら年末年始もどこかから更新してみますね。

3、「アホウドリの糞でできた国」情報。
  あの月本裕さんが御自身のブログでこの本のことを取り上げて下さいました!!
  身に余るお褒めの言葉に恥ずかしいやら、エヘヘやら。大感激です。
  →こちらの記事です。(「ツキモトユタカ ノ マイニチ」さま)

4、年明け一発目の取材は福岡に決まりました。
  8日の夜が空いているので、食べ・飲み歩こうかと思います。
  美味しいお店、ここだけは行っとけ情報ありましたら教えて下さい。
  魚とかうまそうですね。

5、2004年はホントに初体験だらけの一年でした。
  1月にBLOGをはじめて、沖縄に行き、母校で授業のマネゴトをして、
  スーパーカミオカンデに潜って、京都取材があって、
  連載が4つ終わって、2つ始まって、初めての単行本を年末に出しました。

6、あ、今気付いたのですが、このBLOGの訪問者数が
  引越し前からの累計で20万を突破したようです。わお。ありがとうございます。
  おかげさまで色んな人と会ったり、面白い話もたくさん聞けました。読めました。

7、「アホウドリの糞でできた国」はこのBLOGがなければできなかった本です。
  本当に本当にありがとうございました。
  来年も適宜、更新していきますので、適宜、宜しくお願い申し上げます。
  みなさま、良いお年をお迎えください。

候補.jpg
↑ちょっと早いけど、年賀状代わり。

  
Posted by tekigi1969 at 09:43 | Comments [2] | Trackbacks [2]

●ケータイからの写真投稿テスト

携帯からの写真投稿 テストです。 うまくいったかな
成功したみたい。これは今年の夏に撮った写真。
Posted by tekiteki at 09:41 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月29日

●携帯からの更新

ケータイからも投稿ができるようになりました。 画像表示がまだうまくいかないんだけど まぁいいや。 何だかCQCQとか言いたい感じ。 分かんないですかね。 ともかく年末年始のブログ対策はこれで完了。
Posted by tekiteki at 17:27 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●初雪だけど寒くはないの


1、横浜は雪です。初雪。
  家庭菜園の白菜は大丈夫だろうか。
  縛っておけば良かったかなぁ。
  でも縛られていない白菜が
  雪を浴びるとどんな風になっちゃうのか知らないので、
  ちょっと楽しみでもあります。

2、「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」を出してびっくりしたこと。
 ア、はてなダイアリーのキーワードに僕の名前が入っていた。わお。
  (リンクは恥ずかしいのでしません)
 イ、amazon売上ランキングが604位だと思ったらあっという間に3万位台になったこと。あわわ。
 ウ、僕の実家と奥さんの実家がそれぞれ10冊以上買い占めようとしていること。わーい。
 エ、amazon、mixiなどに書評を書いてくださった方がいたこと。光栄です。

3、amazonの本の分類で見てみると
 「ナウル共和国」について書かれた日本語の単行本は現在、これだけみたい。
  それが、何だかとても嬉しいです。

アホウドリの糞でできた国.jpg
文:古田靖 絵:寄藤文平
税抜本体価格1000円
アスペクト
ISBN 4-7572-1098-1
amazonさん→こちら
bk1さん→こちら
アスペクトさん→こちら
Posted by tekigi1969 at 13:46 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●小さなお子様の手の届かない場所

1、風邪薬の説明書きを読んでいて思ったのだけど、
  世界ってのは
 「小さなお子様の手の届くところ」と「そうでないところ」の2ヶ所に分けられているんですね。

2、「手の届くところ」には、
  ミルクとかお菓子、絵本やディズニーがあって、
  「届かないところ」には、
  風邪薬、刃物、タバコ、お酒、あと、「え、ウソ。こんなの初めて」な物が溢れてる。
  お金もここにありそうですね。ウニもここ。
  僕の実家では、コーヒーもこの世界に属していました。大人の飲み物。

3、大人は「子供の手の届かない」場所に色んな物を放り込んでいる。
  小さなお子様はそこを覗きたいから、一生懸命背を伸ばす。
  もしかしたら、この願望が成長の原動力になっているのかもしれない。

4、かといって大人でもなかなか手が届かないものもある。
 「大人の中の大人」みたいな人が、せっせと遠くに運んでいるのだろうか。

5、「小さなお子様の手に届く場所」にあるものだけで暮らす大人ってのもいそうですね。
  それはそれで楽しいのかもしれない。
  初めてコーヒー飲んだとき、あんまり美味しいとは思わなかったし。

6、なんでこんなことを考えたのかというと、仕事がまだ終わっていないからです。
 「〆切」、「年末進行」ってのは風邪薬と同じ場所に置いてある。
  だからコーヒーを飲みながら、タバコすぱすぱ、ガンバってみます。
  今日こそ、仕事を納めるつもり。

Posted by tekigi1969 at 09:00 | Comments [204] | Trackbacks [0]

2004年12月28日

●僕が滓酒を買って帰るまで

滓酒.jpg
1、さっき家に帰ってきたら、滓酒を手にもっていました。おかしいな。

  【滓】かす、おり
  (名)液体の底にたまる沈殿物。液体をこしたあとに残る不純物。
     必要な部分を取ったあとに残るもの。くず。
     ねうちのないもの。ひどくつまらないもの。

2、青葉台に行っていたのです。本屋さんをチェックしに。
  目的はもちろん「初めての本がどんな風に並んでいるのか見る」ためです。

3、文教堂。見つかりませんでした。

4、ブックファースト。見つかりません。
  店員さんに聞いたら、持ってきてくれました。
  どこにあるんだろうとデータベース検索をしたら、
 「ビジネス・経営」の分類になってました。不思議だ。1冊だけあったみたい。

5、本屋さんは広大な荒野。
 「話題の新刊」コーナーってのは、ビバリーヒルズなのだ。
  選ばれた本だけがあそこに住める。
  がんばれナウル本。がんばれ僕。

6、本屋さんをでて、森野屋酒店へ。そしたら立派な「滓」の文字。
  グッとこみ上げる何かを感じて購入。
  こいつはきっと美味い。何だか分かんないけど、そんな気がした。

7、滓酒を片手にもう一度文教堂へ。店員さんに聞いてみる。
 「冊数少なかったから、もう売れちゃったみたいですね」

8、なーんだ。じゃあ仕方ないなぁ。えへへ。
  今夜は鍋で一杯飲みもう。良かった良かった。

9、本屋さんでウットリする日はもう少し先になりそうです。

Posted by tekigi1969 at 17:39 | Comments [12] | Trackbacks [1]

●夕べのイベント

昨日のイベント.jpg
1、メキシコスカDJ無事終了。
  色んな人に出会えて幸せな夜でした。
  来年のイベントでは、昨日知りあった人みんなに参加してもらいたい。
  ライヴを入れるのは決定。今決めました。

2、ちなみに来年は
  1月29日(土)、3月20日(日)の深夜に青い部屋でやることが決まっています。
  3月からはライヴを入れます。やっぱり生音カッコイイもの。
  ギャラは出せませんが、興味のある方は御連絡ください。

3、昨夜の僕はメキシコの曲ばっかりかけたのだけど、
  イベント最後の締めだけは日本のバンドにしました。
  何人かに「これ何ですか?」と聞かれたので、一応紹介。

nathalie wise.jpg
「raise hands high」nathalie wise

 BIKKEさんと高野寛さん、斉藤哲也さんのユニット。
 fishmansへのトリビュートみたいな雰囲気のアルバムです。名盤でしょう。

4、ついでに「アホウドリの糞でできた国」を青い部屋に一冊寄贈してきました。
 「署名を」と言われて、適当に名前を書きました。
  酔いが醒めて、あとで気づいたのだけど、あれは僕の人生初サインだったのだ。

5、もっと丁寧に書けば良かった。

Posted by tekigi1969 at 10:31 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2004年12月27日

●近所の猫2004

近所の猫.jpg
2004というタイトルに意味はないです。ごめんなさい。
ただの近所の猫。
最近見かけないなぁと思っていたんだけど、元気だったようです。

どこかの飼い猫なのでとても人なつこい。
携帯をかまえたら、こっちを向いてくれました。
  
近所の猫横顔.jpg
でも僕としては横顔の方がかわいい気がします。
以前よりもまたちょっと太ったかもしれない。
きっと色んな人に愛想を振りまいて、上手いことやってるんでしょうね。

見習わねば2005

Posted by tekigi1969 at 15:24 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●メキシコスカを聴きながら

1、今夜のイベントでかける曲を選びながら原稿を書いております。
  年末仕事はあと8ページ。今日の〆切は3ページ。

rabanes.jpg
「Rabanes」 Los Rabanes

2、今日は↑こんな感じの曲で行く予定。

3、よくコメントをくださる「むぁ」さんが本の紹介記事を書いて下さいました。
  こちらです→「アホウドリの糞でできた国」(Mua within your brain - 脳内むぁ -
  ありがとうございます。
  本の中で紹介したナウル写真、喜んでいただけて良かったです。
  「予想以上」って、どんな予想だったのかなぁ。今度教えて下さい。

4、年末年始の帰省のために、MTでできたBLOGを携帯から更新する方法を模索中。
  でもよく分からない。
  どなたが御存知できたら教えて下さい。

5、先日取材で宮ヶ瀬村出身の方にお会いしました。
  神奈川県にある、ごく最近ダムで沈んだ村です。
  取材の主旨は別だったのだけど、もっと詳しく聞きたかった。
  ちなみにこの村で生まれたプロ野球選手がいるって御存知ですか。
  横浜ベイスターズの多村仁選手です。

Posted by tekigi1969 at 10:29 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月26日

●明日DJします

1、さっきまですっかり忘れていたのだけど、
  明日27日、渋谷の「青い部屋」でDJやります。
  30分ほどなんだけど、久しぶりにメキシコのスカをどかーんとかける予定。
  友達が主宰するイベントなので、詳細は知りません。
  ピアノ弾く人がいたり、ライブもあったりという感じだとか。
  19:00スタート23:00終了。2000円(1D付)。
  健康的な時間帯に帰れるのがミソです。お時間のある方は一緒に飲みましょう。

2、「本買ったよ」ともらったメールに写真が添付されていました。
  本屋さんの陳列の様子。でも、隣に並んでいた本を見てびっくり。

3、「アホウドリの糞でできた国」の左は、
 「裸の独裁者サダム―主治医回想録
  右側には、
 「私はコロンビア・ゲリラに二度誘拐された
  という大変立派そうな殿方が!!!
  うわぁ、場違いな気がする。どうなんですか、本屋さん。

4、小学校に行っているはずの自分の子供が国連総会で演説しているのを見てしまったような
  今、そんな気分になってます。オロオロ。

Posted by tekigi1969 at 16:59 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●アホウドリの糞でできた雪だるま

クリスマス.jpg
1、遅くなってしまったけど、
  我が家の今年のクリスマスはこんな感じでした。

2、アホウドリはカブ、口ばしがレモン、目はコリアンダーシード。
  雪だるまはイモでできてます。
  奥さんが記念につくってくれました。
  美味しかったですよ。


3、昨夜は久しぶりに午前2時過ぎまで仕事。
  もしかしたら数年ぶりかもしれない。
  朝型ライターとしては、画期的な一日でありました。
  原稿は無事に送ったんだけど、間に合ったのかな。デザイナーさんごめんなさい。

4、ちょっと気になった記事。
 「ペンギンに同性ペア多い? 国内水族館などで調査
  同じような記事を最近雑誌でも読んだのだけど、
  飼育されているペンギンは、
  適当な異性が見つからないと、手近な同性ととりあえずペアになっちゃうそうです。
  このアバウトさはなかなか魅力的。
  ペンギンを見る目が変わりそうです。

5、写真のパイナップルはまだ食べていません。
  何故か現在、正月飾りに変貌を遂げております。
  腐る前に食べなくちゃ。



Posted by tekigi1969 at 10:43 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月25日

●ひぃー

し、仕事が終わりません。
今年初の徹夜作業にならないようにただ今頑張り中。

さっき見てみたら
「アホウドリの糞でできた国」のamazon売上ランキングが604位になっていてびっくりしました。
わお。
みなさま、ホントにありがとうございます。

ただそれだけが報告したくて更新しちゃった次第です。

では、再び仕事の山への登頂作業に戻ります。
金曜〆切を土曜にしてもらったのにもう10時。
でも、ようやく頂上が見えてきました。



Posted by tekigi1969 at 22:07 | Comments [4] | Trackbacks [1]

●仕事を納めなければ

1、今年の仕事もあと16ページ。
  と思ったら、昨日新たに2ページ追加がやってきた。
  仕事納めは、30日かもしれない。
  ともかく今日10ページやっつけます。

2、amazonの「アホウドリの糞でできた国」が入荷になったようです。
  よろしかったら御利用ください。

3、知り合いの「戦う社会派編集者」秋元さんがこの本のレビューを書いてくださいました。
  「アホウドリの糞でできた国 a country made of albatross’s droppings
  (agent klmnより)
  ありがとうございます。

4、書評を読むのは大変どきどきします。
  手に取ってくださった人がみんな喜んでくれたらいいんだけど、
  そんなわけにはいかないんでしょうね。
  誉めてもらっているものだけ見るようにしようかな。うーん。

アホウドリの糞でできた国.jpg
文:古田靖 絵:寄藤文平
税抜本体価格1000円
アスペクト
ISBN 4-7572-1098-1
amazonさん(入荷になったようです)→こちら
bk1さん(24時間以内発送になったようです)→こちら
アスペクトさん(年末注文分は年明け発送になるので注意)→こちら



Posted by tekigi1969 at 09:11 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2004年12月24日

●「アホウドリの糞でできた国」目撃情報

「アホウドリの糞でできた国」の目撃情報が届きました。
嬉しいので御報告。

1、東京都Mさんよりメール。
  新宿紀伊国屋本店3F新刊コーナーで発見していただいたそうです。
  寄藤さんデザインのPOPとともに平積みに!!

2、愛知県義理の母より報告。
  某K市の大きな本屋で「28日頃入荷」と言われたそうです。

3、何故か「在庫なし」になっているオンライン書店amazonで
  本日お昼頃「残り1冊」表示が出たそうです。
  でも1時間後には「在庫なし」に。

4、誰かがお買い上げくださったのだろうかと思っていたら、
  御本人様よりTバックを頂きました。
  amazonゲット第一号(たぶん)は、「日々カタログ」さんでした。→こちらの記事参照
  ホント、ありがとうございます。

5、ホントに出たんだなぁと実感がわいてきました。
  ちなみに僕はまだ未発見。
  週末にはどこかの大きな本屋に行ってみようと思います。
  POPも見たいし。

Posted by tekigi1969 at 19:00 | Comments [18] | Trackbacks [6]

●クリスマスのライトアップ

1、12月24日。メリークリスマス。横浜は寒い朝。
  今日は江東区に取材に行ってから、原稿を書きます。

2、うちの近所はこの時期、ライトアップした家が結構多い。
  今年はまだ見てないんだけど、どうなんだろう。もう廃れたのかなぁ。

3、毎年見ていると
  ある一軒の家が小さなライトアップを開始
  →年々エスカレートする
  →近所の家が細々と飾り付けるようになる
  →やがて、エリア全体がキラキラ
  という風に様子が変化していくのが分かります。

4、でも僕はあんまり真似したいとは思いません。
  マンションのベランダに提灯並べようかなとは思ったことあるけど。

5、「アホウドリの糞でできた国」は昨日はまだ書店に無かったみたいですね。
  早めに探してくださった方々、すみません。
  たぶん今日にはあるはずです。僕も取材帰りにどこかでチェックしてみます。

6、amazonさんは今朝の段階でもまだ在庫切れ表示。
  今日あたりには入荷表示になると思うんだけど、どうだろう。
  ちなみにbk1さんには在庫があると聞いているので、
  ネット書店での購入を考えておられる方は、そちらも御検討ください。

7、ちなみに、提灯ってのは、
  ある知人が旅行に行った時にいつも嫌がらせのように買ってきてくれる観光地提灯です。
  5,6個あるんだけど使い道がないんですよね。
  西表島提灯には猫の絵が書いてありました。

提灯.jpg

Posted by tekigi1969 at 09:04 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月23日

●都合のいいことは忘れない

1、明日の〆切20ページのうち
  まだ5ページしか書けていません。
  んー、土曜日までかかりそう。

2、そんな時思い出したのは、この仕事の担当編集Y君の雑談中のひとこと。
 「ホントは土、日余裕見てあるんですけどねー。でも直しもあるし金曜がいいな」

3、その場では聞き流していた言葉が
  今日の僕の頭の中ではぐーるぐる。
 「ホントは土日」「ホントは土日」
 「土に渡せば日があるじゃん」
 「土でも十分間に合うんじゃない?」とかちょっとずつ脳内で変化したり。 

4、人っていうのは、つくづく自分に都合の良いことは忘れないものですね。
  あ、いや。「人」まで広げなくてもいいのか。僕は忘れないのだ。

5、というわけで一部は土曜日まで待ってもらうことにしました。
 「ホントは余裕がある」なんて、言っちゃダメみたいですよ。Y君。

6、でも一応明日中に完成するようガンバってはみるつもりです。


Posted by tekigi1969 at 23:01 | Comments [3] | Trackbacks [0]

●年末お仕事大行進

1、年内の仕事はあと26ページ。
  でも、明日までにそのうち20ページを書かなくちゃいけない。
  無理だな。うん。

2、と放置できるほど根性座ってはいないので、頑張ります。

3、「アホウドリの糞でできた国」、ほとんどのオンライン書店に登録されたようです。
  当たり前なのかもしれないけど、すごいことだと今さら感動。
  このBLOGの右側サイドバーにいくつかリンクが貼ってありますので
  よろしかったら御利用ください。(amazon、bk1、出版社の3つ)
  amazon、bk1は、ここから購入して頂くと、僕がほんのちょっと得をします。

4、ん?でもよく見たら、amazon在庫切れになってますね。
  なんでだろう。昨日配本になったばかりなのに。
  そのうち修正されると思います。

5、さて仕事しよう。
  今日は映画本、明日は野球の取材。
  本年最後の〆切は、エロ雑誌の連載記事になる予定。

アホウドリの糞でできた国.jpg
文:古田靖 絵:寄藤文平
税抜本体価格1000円
アスペクト
ISBN 4-7572-1098-1
amazonさん→こちら
bk1さん→こちら
アスペクトさん→こちら
Posted by tekigi1969 at 10:19 | Comments [7] | Trackbacks [1]

2004年12月22日

●12月22日の雑記

1、ときどき映画関係の記事を書く機会があるのですが、
  今年仕事で観たのは何故か血みどろ映画ばかりでした。
 「パッション」とか「バイオハザードⅡ」とか。

2、どれもなかなかおもしろかったのだけど、
  僕はこの手の血まみれ映画を普段見慣れていないので、
  劇場に向かう時は、かなり緊張しました。
  飛行機に乗る前みたいな感じになってしまうのですよ。
  意味もなく背中に力が入る感じ。上映5分後には手に汗びっしょり。

3、飛行機といえば、
  来年1月に福岡に取材に行くことになりそうです。
  福岡の美味しいモノって何だろう。
  やっぱり魚かなぁ。
  せっかく行くのだから、何か一つでも特別なものを食べて帰りたい。
  オススメ情報ありましたら、是非教えて下さい。

4、オススメといえば、
  最近「イブニング」で連載している農業マンガ「もやしもん」が気に入っています。
  主人公は「菌が見える」という体質を持つ農大生。
  そこに出てくる乳酸菌とかセレビシエ酵母とか、かわいいのですよ。
 「かもすぞ」という言葉が頭の中をぐるぐる回っております。
  分かんないですか?良かったらどこかで読んでみて下さい。
  作者、石川雅之さんのホームページがありました→こちら(菌のイラストあり)

5、かわいいといえば、
  NHK夜のニュースの天気予報。
  あそこに出てくる「冬将軍」「小春ちゃん」とかのキャラが好きです。
  ファンシーなようで、イマイチあか抜けない感じが素晴らしいと思うのです。
  あれは関東だけなのかなぁ。

6、ちなみに今夜は、冬将軍が馬に乗って大陸からやってくるCGでした。
  きっと明日は寒いんでしょうね。
  クリスマスももうすぐ。

パッション.jpg パッションTHE PASSION OF THE CHRIST
Posted by tekigi1969 at 22:45 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●ヴ族にも色々ある

1、12月22日になりました。
 「アホウドリの糞でできた国」は配本されたはず。
  都内の大手書店にはもうあるのかもしれない。
  忙しくて僕は明後日まで本屋には行けないんだけど、
  どなたか見かけましたら教えて下さい。

2、さっき気まぐれに「高木ヴー」で検索をしてみたら
  結構色んな人が使っていてびっくりしました。
  鼻血ヴーなんて書いている人まで発見。
 「横浜ヴェイスターズにすれば強くなる」という記事もあります。
  表記はBでも、あえてヴ。強気のヴ族。バ行を滅ぼすのが目標なのか。

3、「高木(ヴ)」ってのもありました。
  ヴェルディの高木義成選手かな。
  そういえばJリーグチームはヴ族が多いですね。

4、でも「あえて使っているヴ」と「無意識にこぼれるヴ」は
  何だか受ける印象が違う気がします。
  Mrマリックとマギー審司くらい違う。

5、分かりづらいですか。
  初代引田天功とプリンセステンコーくらい違うってのはどうでしょう。
  うん、こっちの方がしっくりくる。かな。


Posted by tekigi1969 at 14:31 | Comments [5] | Trackbacks [1]

2004年12月21日

●今日は冬至

1、今日は冬至です。
  昼が短い。だからもう(夕方5時30分)真っ暗です。
  柚子がなかったので、お風呂にレモンバームをいれてみました。
  効能はよく分かりません。

2、カボチャもない。
  今夜は、肉団子鍋だと奥さんに聞きました。
  じゃあカボチャのつもりで団子を食べよう。

3、柚子湯とカボチャは風邪を防ぐ。
  冬の間の健康を守るんですね。
  レモンバームと肉団子は何を守るんだろう。
  プライバシー?

4、こないだ知り合いの編集者さんが某国大使館に取材申請をしたら
  セキュリティチェックやら身元確認がものすごかったと聞きました。
  詳しくは、その本の作者さんが書かれるかもしれないので、省略。
  でも、テロに怯える国ってのは大変だなぁと思いました。
  どこまで厳重にしても、きっと100%の安心には届かないでしょうしね。

5、でもきっと明日の朝は日本中がほんのり柚子の香りだから、
  少しぐらいは安心できるんじゃないかと思ったり、思わなかったり。

6、僕はレモンバームですが。

7、心優しい知人さん、BLOGを介して知りあった方々から
  「本、予約したよ」とメールを頂いております。
  あ、愛してます、みなさま。


Posted by tekigi1969 at 17:31 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●書籍の発売日

1、年内にやらなくちゃいけない仕事もいよいよ大詰め。
  でも朝からそわそわしている。
 「アホウドリの糞でできた国」がいよいよ明日、配本なのです。

2、書籍の発売日というのは、雑誌とは違ってあんまり正確じゃないようです。
  都市部の大きな書店では配本とほぼ同時に店頭に並ぶけど、
  地方にある小さな書店では1、2日ズレる。
  到着しても本屋さんがダンボールを開けなければさらに遅くなる。
  そんなわけで、
 「一応、配本の2日後ぐらいを発売日と称することが多いですよ」
  と聞きました。
  
3、というわけなので、
  都会にお住みの方はもしかしたら明日にも見かけるかもしれません。
  もし良かったら、手に取って立ち読んでやってくださいね。

4、22日配本で、23日は休日。
  24日のイには全国の本屋さんに届くはずです。
  もちろんイ族の方の手元にも。

5、でも、よく考えてみると
  書店さんが新しく届いた本を多めに並べるというのは、
  その分のスペースを空けるということなんですね。
  これって、すごい。雑誌の仕事では考えたこともなかった。
  注文して、ダンボールから出してもらえるだけでもありがたやです。

6、もう本屋さんには足を向けて寝られません。
  書店のない方角があったら知りたいです。

Posted by tekigi1969 at 11:15 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2004年12月20日

●「ブ族」と「ヴ族」の攻防

クリスマスイ「ブ」と書く人を「ブ族」
クリスマスイ「ヴ」と書くのは「ヴ族」
と勝手に命名。

さっきの記事で書いたとおり、
12月24日の表記法攻防戦では、78%がブ族で22%がヴ族でした。
ブ族の圧勝。

でも、この割合は攻防の場面によって違うみたいです。
典型的なのが、2大「ヴ」ブランドの表記。

今度はgoogleで検索しました。

「ルイヴィトン」 340,000件ヒット
「ルイビトン」   21,700件ヒット

ヴ族の勝ち。
ところが

「ヴェルサーチ」 125,000件ヒット
「ベルサーチ」  151,000件ヒット

接戦ですが、こちらは「ベ」の方が多いのです。
「ブ」でないのが残念ですが、まぁこれもブ族の一種ということでご容赦下さい。

ブ族とヴ族の攻防戦は、
色んな場所で繰り広げられているのかもしれませんね。
何か思いついたら、また調べてみます。

関係ないけど「ルイビトン」って字面、なんだか好きです。
ホンモノでもニセモノでもない中性的な魅力を感じるなぁ。


Posted by tekigi1969 at 16:08 | Comments [12] | Trackbacks [0]

●「イブ」と「イヴ」の比率

クリスマス「イブ」と「イヴ」の比率はどのくらいか。

googleはどちらも同じ単語として検索しちゃうので、
今回はyahooで調べてみました。

クリスマスイブ 221080件ヒット
クリスマスイヴ  64629件ヒット

だいたい22%がイヴなのですね。
結構高い気がします。人々はブを捨て、ヴに向かっている。
でも、そのうち「あえてブ」という勢力も出てくるでしょう。

日本で最初に「ヴ」を使ったのが誰なのかは知りませんが、
「日本初のヴ」で検索をすると、
TRFが日本で最初のヴ・ユニットだという記事がいくつか出てきました。

小室さんの知られざる先駆者ぶりをまざまざと見せ付けられた気がします。
最近は何だか夫婦漫才コンビみたいになってますけどね。


Posted by tekigi1969 at 11:34 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年12月19日

●申年のクリスマス

白菜(12月18日).jpg
1、昨日の白菜。
  元気に育っているのは、もはやこの1株だけ。
  何とか立派になって欲しいものです。
  来年は市民菜園が借りれないので、白菜はもうできない。
  プランターでもやってみるつもりだけど、
  きっとダメだろうなぁ。

カブ(12月18日).jpg
2、こちらはカブ。
  15個くらいがスクスク成長中。
  早く食べちゃいたいんだけど、もう少し大きくなるはずなのでガマン。
  でも食べたい。
  1個くらい収穫しちゃえば良かったかな。
  鍋で煮たら美味しそう。シチューもいいですよね。クリスマス近いし。

3、「申年の人が、申年に送った赤い下着を着ると長患いをしない」
  なんて話があるらしいですね。
  というわけで、奥さんの実家から赤いシャツが送られてきました。
  もらった人(申年以外に生まれた人限定)は申の日に着るのだそうです。
  今日は今年最後の申の日なのでした。
  何だかクリスマスっぽい。おもしろい風習だなぁ。

4、来年は酉年。僕、年男です。
  年賀状はまだこれから書くんだけど、図柄はアホウドリにするつもり。


  
Posted by tekigi1969 at 22:07 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●全員同じ誕生日

1、ソーシャルネットワークmixiには僕と同じ日に生まれた人のコミュニティがある。
  現在の登録数は30人ちょっと。
  もちろん全員同じ誕生日。

2、誕生日が同じだとか近い人には妙な親近感を感じてしまう。
  有名人だと美輪明宏、美川憲一、伊丹十三、江夏豊、井上康生
  辰吉丈一郎、藤原竜也、ピエール・キュリー。
  共通点はなさそう。
  いや、なんかあるような気もしますね。

3、んで、冒頭のコミュニティでは、来年の誕生日に集まろうという計画がある。
 「誕生日のお客様サービス」のあるお店を集団でハシゴするのだ。

4、ありそうで、なかなか実現できない計画。
  ネットならではという感じです。
  僕も一応登録済み。

5、でもきっとお店には嫌がられるでしょうね。
 「是非うちに来てください」なんて
  おもしろがってくれそうなところがあったら教えて下さい。


  
Posted by tekigi1969 at 18:33 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2004年12月18日

●年末進行な日々

1、横浜晴れ。
  おかげさまで年末進行大忙しです。
  まだ40ページくらい取材&執筆が残っている。
  そのほぼ全ての〆切は来週。
  今日はまず4ページやっつけます。

2、(旧)適宜更新からの記事引越し、ボチボチと進めています。
  気に入っている記事から適当に移しているのですが、
  やっと60個くらい完了しました。でもまだ10分の1にも満たない。
  せめてカテゴリー 「色々検索」に分類してある記事は、全部移したいと思っています。

3、「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」の紹介記事が
  出版元のアスペクトホームページにアップされました。→こちら
  amazon他のネット書店での取り扱いはもう少しお待ち下さい。
  週明けにはお知らせできるかと思います。

4、昨日、奥さんと単行本の見本を持って近所の神社に行ってきました。
  発売されてしまえばもう僕にできることはほとんどない。
  だからあとは神頼み。少しフンパツして100円入れてきちゃいました。

5、さて、仕事だ仕事だ。
  とっとと終わらせて忘年会行くぞー。


Posted by tekigi1969 at 10:22 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2004年12月17日

●後ろ手組んで川原を歩くよ

128_2847.JPG
1、買物ついでに鶴見川を散歩してきました。
  午後3時くらいなのにもう夕方みたい。
  年末進行(年末年始休暇のために〆切が早くなる出版界の一大イベント)以外のことで
  久しぶりに立冬が近いことを知りました。

2、近頃気がつくと、手を後ろで組んでいる。しかも今日は平日、まだ昼間。
  これでは、まるでおじいさんです。
  下流の方にタマちゃんが来たのっていつでしたっけ?
  夕食はまだですか。

3、そういえば、床屋。
  僕がいつも行く床屋さんには何故かおじいさん客しかいない。
  流行とかモードやら、そんな華やかさが微塵も感じられない空間で髪を切っている。

4、 「近頃の若い子はみんな美容室に行くのかな」と思っていたんだけど、
  そしたら
  「平日昼間に床屋に行く30代男なんてそんなにいない」
  と指摘されました。
  あー、そうか。みんな休日に行くんだ。

5、そういえば僕は床屋さんに
 「お仕事は何されているんですか」と聞かれたことがない。
  ご近所さんにもあんまり聞かれない。

6、周囲の人は、僕が何者だと思っているんだろう。
  一度アンケートをとってみたいです。
  ホストだとかネットトレーダーだなんて思っててくれないかな。

7、さてお昼ごはんを。
  あ、もう食べたんですか。そうですか。

Posted by tekigi1969 at 16:48 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●新しいメガネ

新メガネ.jpg
1、新しいメガネが届きました。
  ちょっとだけ勝負したつもりだったのだけど、
  かけてしまえば意外になんてことはない。
  もう少しムチャなやつにしても良かったかなぁ。

2、昨日渋谷で打ち合わせをした2人の編集者さんからは
  とくに新メガネへのリアクションはなし。うーん。
  何だか「思い切って髪を切ったのに気づいてもらえなかった女の子」
  のような気持ちになってしまいました。

3、そういえば、渋谷センター街の本屋さんでは
  山積みにされた「ガラスの仮面42巻」を店頭前において、
  拡声器を使って大宣伝していました。
  あそこまでやるなんて、すごいなぁ。

4、マイクで「ついに続編がでました」と連呼する人の横には
  ガラスの仮面を数冊抱えた営業らしき方々2、3人が
  「ついに紅天女が始まります」とか何とか言っている。
  僕は恥ずかしくなって買えませんでした。実は欲しかったんだけど。

5、新メガネで久しぶりにくっきりと見る渋谷の町は妙に新鮮。
 「ガラスの仮面って何?」という顔をしている中学生の顔も判別できる。
  ちなみにレンズはガラスじゃなくて、プラスチック。
  41巻が出た頃はまだガラスだったはず。年月を感じました。

6、ソーシャルネットワークmixiにはメガネ男子フェチの人のコミュニティがある。
  そういう嗜好の方は、今どんな形が「そそる」んだろう。
  いや、でも、きっとかける人によるんでしょうね。

Posted by tekigi1969 at 09:25 | Comments [11] | Trackbacks [0]

2004年12月16日

●ちらっと

「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」の見本をもらってきました。

寄藤文平さんがデザインしてくださった装丁がとてもかわいい。カッコイイです。

先日は表紙をお見せしたので、
今日はもう一枚カバーを脱がせてみました。

128_2841.JPG

表紙カバーをはずすと、

128_2843.JPG

この色が何か分かるあなたは、ナウルフリーク。

12月24日には全国の書店に届くはずです。
都心部の大きな本屋さんなら23日にあるかも。

それにしても書籍ってホントに「モノ」なんですね。
いい勉強になりました。
デザイナーさん、万歳。これから本を見る目が変わりそうです。


Posted by tekigi1969 at 09:45 | Comments [4] | Trackbacks [1]

2004年12月15日

●おどろいた

わっ、と驚いたこと2つ。

1、近頃人気のヒロシ。
  本名は斉藤健一なのでした。
  ケンイチです、ではマズかったんですね。
  やっぱり音の響きでしょうか。→ヒロシプロフィール

2、日販さんがやっている「本やタウン」の
 「サテライトブックストア」ページのオススメ新刊書籍予約コーナーに
 「アホウドリの糞でできた国」が!!
  偶然見つけてびっくりしました。でも発売日が27日になってる。ま、いいか。
  ありがたや、ありがたや。ともかく拝んでおきました。


Posted by tekigi1969 at 14:26 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●日本一の七福神

1、韓国四天王ってすでに5人以上いるんじゃないだろうか。

2、7人になったら「韓国七福神」。
  12人になったら「韓国十二楽坊」になるのかな。
  あ、「十二天」なんて言葉がありましたね。

3、ずっと前に七福神巡りの取材をやったことがあります。
  日本で一番手軽に七福神巡りができる場所は東京、日本橋です。
  →こちら

4、水天宮からスタートして1時間弱。
  一部の神社はビルの中にあったり、
  ほとんど廃墟のようになっているモノもありましたが、
  確かにあっという間に七つ(一つの神様は2箇所にあるので正確には八つ)回れました。

5、この取材の時に、通りすがりの近所の人が
 「正月に回るとスタンプがもらえるんだよ。見せてあげようか」と話しかけて来ました。
  そしたら別の人が出てきて、
 「オレは45分で回ったことがある」
 「あそこの人は若かった頃、駆け足で30分で七つ見た」
  なんて言い合いを始めてしまいました。

6、きっと、この七福神は「来年はもっと早く回ろう」という
  意欲をかきたてるのでしょうね。
  最終的には「ものすごくガンバれば30分を切れるかもしれない」
  というのがご近所の方々の結論でした。
  知らないうちに競技になっちゃってた。

7、「バイクとか自転車は使ったらあかんよ。そしたらご利益ないから」
  おおっ、ルールまで!



Posted by tekigi1969 at 10:29 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2004年12月14日

●うれしい知らせが続いたから

1、本日1件目の電話は昼過ぎ。
  妹夫婦に子供が産まれた。二人目の甥っ子です。
  お祝いしなくちゃ。

2、続いてはインターフォン。ぴんぽん。
  ナウル本のツカ見本がやってきました。
  表紙は仮刷りしたものが巻いてある。昨日このBLOGにアップした写真と同じもの。
 「ツカ見本」というのは、 中身を印刷していない状態の本のことです。
  紙質とか厚さ(ツカ)を決めるために作る。
  やっぱり物があると気分が高まります。
  これをおかずに僕、ごはん食べられる気がする。

3、2件目の電話はアスペクト社さんから。
 「アホウドリの糞でできた国」の見本ができたとのこと。
  明日もらってきます。
  しばらく眺めて暮らそう。これ1冊をおかずにごはん8杯はいける。
  つまみなら、日本酒5合は飲みますね。

4、こういう浮ついた気分の時はトンパ文字で記事が書けたらいいのにと思う。
  トンパってのは→こんな文字です。無料のフォントがあったら欲しいなぁ。

5、うれしいことが続いたから、
  今日はこれ以上気持ち良くなる必要がない。
  だからお風呂は入らないでおこう。


Posted by tekigi1969 at 16:46 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●BLOGの引越し

1、ひとまず引越し完了です。
  過去の記事はヒマをみて少しずつ移動させる予定です。
  コメント、トラックバックは上手く持って来れませんでした。ごめんなさい。

2、 「新」適宜更新のデザイン用テンプレートは、
  小粋空間さんの
 「Movable Type 3.11-ja/3.121-ja 3カラム テンプレート(サイズ可変)」を
  参考にさせていただきました。
  ありがとうございます。

3、しっかし、サーバを借りるなんてスゴイことだと思っていたのですが、
  色んな方のサイトを読んでいると何とかなるものなのですね。
  解説記事を書いてくださるみなさまに感謝。
  まだまだ不具合があるかもしれませんが、
  少しずつ修正しますので、宜しくお付き合いください。
  気づいた点など教えてくだされば幸いです。

4、昨日夕方に引越しを宣言して、
  今朝のアクセス数を見たら、「旧」適宜更新が79、「新」適宜更新が86。
  しばらくは旧サイトがライバルになりそうです。
  負けないようにしないとなぁ。

5、とりあえず、こちらでも今まで通りの適宜ペースですので
  何卒宜しくお願いします。



Posted by tekigi1969 at 09:41 | Comments [12] | Trackbacks [1]

2004年12月13日

●単行本「アホウドリの糞でできた国」の表紙

こちらが「新」適宜更新です。
遠路はるばるお越しくださいましてありがとうございました。

BLOG移転記念。
12月24日発売の「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」
の表紙(カバー付き)の画像公開です。

カバー(帯つき).jpeg

わーい。

まだまだ引越し作業は途中なのですが、
新しい記事の更新はこちらで行う予定です。

ブックマークの変更など、
お手数をおかけしますが、
どうかよろしくお願い致します。

Posted by tekigi1969 at 17:09 | Comments [62] | Trackbacks [3]

●今年もあと少し

1、師走、いよいよ華僑。じゃなくて佳境。
  仕事も多いのだけど、今週は色々と楽しみなことがあるのです。
  華僑の方が何となくイメージに合う気がするなぁ。と、これは蛇足。

2、妹の二番目の子供がそろそろ産まれる。たぶん甥っ子。
 「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」が刷りあがる。
  こないだ作った新しいメガネが出来上がる。

3、もう一つ。今週中には引っ越し先の新しいBLOGをスタートさせます。
  実はもう作ってあるんだけど、慣れないシステムで悪戦苦闘中。
  仕事の合い間にコツコツといじっています。
  過去記事を移動させるのが面倒なので、
  一部分だけ移して、あとはそのまんまにしておこうかな、と思っています。

4、これは、年末なのですが、
  12月27日の夕方に青い部屋でDJやることになりました。
  珍しく夜7時から11時までの健全時間帯な催しなので、
  良かったら遊びに来てください。
  若者達が主宰するイベントなので、久しぶりにメキシコスカかけます。
  ナウル本持っていって、売りさばこうかなぁ。

5、あとは忘年会があればカンペキです。
  でも、今年はまだ一件も参加しておりません。
  中華街あたりでどうですか、お近くの方々。


Posted by tekigi1969 at 10:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月12日

●移転準備その2

テスト投稿です。
どうかな。


Posted by tekigi1969 at 22:51 | Comments [1] | Trackbacks [0]

●移転の第一歩

ただ今移転準備中。
色々準備が整い次第正式スタートします。

気付いた人はエライ。ぬはは。

Posted by tekigi1969 at 22:42

●モフ太さんよ、左後ろ足を高く上げよ

「平和だなぁ」と感じる瞬間というのはいくつもあるのだけど、
近頃は近所のモフ太さんの足が最もピースフルだと思う。

モフ太さんというのは、
近所に住んでいる雑種の飼い犬。
ホントはメスでかわいい名前もあるのだけど、
毎日やる気なさげにべったり寝ている様は
どう考えても「モフ太さん」以外に呼びようがない。
毛もモフモフしてるしね。

モフ太さんは基本的に寝ている。
でも、眠りが浅い時にそばを通りかかると、軽くこっちに向かって吠えたりする。
これは「かまえ」という意味。
ホントは女の子だから
「かまって」
なのかもしれないけれど、
どう見ても「かまっていけ」という風にしか見えない。

犬が飼いたいけど、今は飼えないというトラウマを抱える
僕と奥さんはそれが嬉しいので、
あっちこっちを撫でまくる。
いや、かまわせていただく。

モフ太さんは満足げに力を抜く。
んで、でっぷりした腹を上にして身を任せる。
以前はそれだけだったのだけど、
近頃、心地良さげな表情のままで、後ろの左足をみょーんと上に伸ばすようになった。

これがすんごいかわいい。
腹とか頭とか足とかをさらに徹底的に撫でていると
ナナメにみょーんと伸びた足が時々くいっと反応したりする。
もう、ホントに平和な感じ。
イヤなことがあってもこれを見ると忘れます。

モフ太さんにとっては、
きっと僕らは「たまにチョッカイを出すだけの便利な通行人AとB」
ぐらいの存在なのだろうなぁ。

モフ太さんの足をみょーんとさせるために生まれて死ぬ。

そんな役回りの人生ってのも悪くないと思う。



Posted by tekigi1969 at 17:58 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月10日

●旅行券木刀

1、さっきTUTAYAから届いたメルマガを見ていたら
 「10万円分旅行券木刀当たる!!」
  と書いてあって驚いた。

2、よく見たら「10万円分旅行券ホカ当たる!!」でした。
  ちぇっ。旅行券木刀欲しかったな。

3、近頃こういう事が増えました。年齢的なものなのかもしれません。
  見間違い、記憶低下、つまんないダジャレ増加などの諸症状が出てきている。
  でも、これって何かに似ている。
  酔っ払った時みたい。

4、てことは、35歳の今はほろ酔い。
  これからますます酔っていくはず。
  ロレツだとかが回らなくなって、
  意味もなく落ち込んだり、突然ハイになったり、
  でもって記憶が飛んだりするのか。
  もしかしたら楽しいんじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

5、しかもこの酔いは醒めない。
  ずっと酔いっぱなし。あとで後悔することもないぞ。

6、今日は乃木坂で打ち合わせ。
  そのあと飲もうかななんて思っているので、夕方おヒマな方はご一報を。
  ともに老いようではありませんか。


Posted by tekigi1969 at 13:31 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月08日

●困ったにゃあ

1、さっき散歩をしていたら猫が寄ってきました。
  僕は犬派なのだけど、なついて来られると何だかうれしい。

2、語尾が「にゃあ」になる人ってたまにいます。
  ログでも日常会話でも。
  仲間うちというか、気を抜いてもいい場所でわりと使われる。

3、あれって、クセになる気がします。
  注意しないといけない。
  僕は言いませんけどね。

4、お酒に酔った時なんかに、
  35歳のいい大人がうっかり
 「酔っちゃったにゃあ」
  なんて言うのは相当ヤバイですよ。
  気をつけねば。

5、あ、いや、僕は使ってないです。

6、ただ、こういう用法は時代やら世相やらでどんどん変わる。
 「わんちゃん」「わんこ」「にゃんこ」
  なんて言葉は、かつては軟弱なイメージだったはずなのに、
  今ではごく普通に使っている人が多い。
  たぶん「犬」「猫」という言葉では表現できない心情が加わっているんでしょうね。
  ラングとパロールってやつです。
  僕の印象では、ファンシー方面への引力が近頃強いのではないかと思います。

7、こないだペットショップで犬を見ていたら、
  店員さんに
 「この種類のわんこは、うちでもまだ3頭しか卒業してないんですよ」
  と話し掛けられました。
 「わんこ」は慣れてるけど、「卒業」って何だ?

8、どうやら近頃のペットショップは
 「ワンワン学校」とか名乗っていることが多いみたい。
  だから「売れる」=「卒業」なのだ。

9、ぬう。どんな顔して聞いていればいいのか分かんないわん。

Posted by tekigi1969 at 17:07 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●冬はやっぱり「かんずり」

1、冬はやっぱり鍋。
  暖冬だろうが、12月に夏日があっても、鍋ですよ。
  鍋といえば薬味です。

かんずり.jpg
2、去年からハマっている薬味「かんずり」。
  新潟県新井市の特産品だそうです。
  唐辛子を雪にさらして、米こうじ、塩、柚子なんかを加えて
  3年間発酵させたもの。
  鍋、うどんにほんのちょっぴり加えるとメチャメチャ美味しいのです。
  もはや病み付き。鍋には欠かせない存在。

3、値段は500円くらいとちょっと高めなんだけど、
  そのくらいの価値はあると思います。
  大きめのスーパーに行くと売ってます。

4、ついでにお勧め調味料をもうひとつ。
  今年の1月から餃子の皮を自分で練るようになったのだけど、
  水餃子に欠かせないラー油。
  李錦記が去年くらいから出しているラー油がとても美味しいのです。
  あんなものに「ウマイ」「マズイ」があるとは思わなかっただけに、衝撃でした。

5、ちなみに、かんずりも李錦記ラー油もなかなか辛いです。
  辛いモノが苦手な方は避けた方がいいかもしれません。


Posted by tekigi1969 at 10:13 | Comments [4] | Trackbacks [1]

2004年12月07日

●驚いたニュース4つ

最近驚いたニュース4つ。

1、「人気ドラマ放映中にアラファト議長の死去報道、CBSが謝罪
  人気ドラマの合い間に緊急ニュースが入ったことで試聴者が激怒。
  テレビ局が謝ったそうです。1ヶ月くらい前の記事。アメリカ。
  それにしても、アラファト死去報道を
 「ローカル局で深夜に放映すべきレポートを、早とちりして流してしまった」
  とまで言ってしまうのはすごい。
  CBSってテレビ東京みたいですね。びっくり。

2、これはニュースじゃないけど名前に驚いた。
 「シウマイ年賀状
  でも、シューマイに直接切手を貼れるワケじゃなくて、
  年賀状に引換券がプリントされているだけでした。残念。

3、「こっそり枯れ葉剤?散布 アフガン麻薬産地で一部支援国
  記事では「一部支援国」「国籍不明の飛行機」になっているけど、
  カルザイ大統領が抗議したのは、英国の大使と米国の関係者だそうです。
  彼らは公式には認めていない。撒かれた薬剤の成分もまだ不明。
  でも被害は既に出ている。
  僕はこれはアカンと思うので、
  まだ「使ってもいい」と判断する国があることに驚きました。

4、「「原ドトール」開店
  1ヶ月くらい前の記事。
  ナビスコ杯決勝前に緊張するFC東京の選手達に対して
  原監督が「勝ったらドトールをおごる」と宣言したという話。
  結果は優勝。「価値あるドトール」をゲットしました。
  翌日ホントにオゴったのもイイですね。この監督、すごい人なんじゃないだろうか。



Posted by tekigi1969 at 16:53 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月04日

●メガネがないから

1、メガネを落としたのは日曜の朝だったから、
  今日で使い捨てコンタクト生活1週間。
  結局見つからなかったので、そろそろ新しいのを買おうと思います。

2、メガネ姿の自分に慣れていたので、毎朝鏡を見ると衝撃を受ける。
  自分の顔にものすごく違和感があるのです。
  深海魚がいきなり地上に引き上げられたみたいな剥き出し感というか
  実写版ブラックジャックをやっていた時の加山雄三の顔みたいというか。

3、鳥は目玉が大きいものには近寄らないと聞いたことがあるけど、
  きっとメガネのない僕は弱そうに見えていると思う。
  そうだ。
  僕にとっても「メガネ全体で目」というイメージなのかもしれない。

4、そういえば、以前自転車で暗闇を走っていた時、
  コウモリが顔面に激突してきたことがあった。
  あれ以来、僕は超音波を信じていない。
  ん?話がそれました。

5、それたついでに鳥避けCDの話。
  あれって何のデータが入っているか気になります。
  地方別に収拾したら、違いが出そう。音楽が多いのかな。
  それとも不要になったエロデータだろうか。

6、田舎に出かけると、一面に広がる田園風景の中に
  CDやらペットボトル、謎の風船がちらちら光っている。
  あれを見ると
 「呪術ってこうやって始まるんじゃないだろうか」と何となく思う。
  違いますかね。

7、今日はどんどん話がそれちゃうみたいです。
  この辺でまとめてみると、
  ベランダにCD-ROMを吊るしておくと、不思議な超音波で落とし物のメガネがクリーニングされて戻ってくる。
  そんな呪術があったらいいね。


Posted by tekigi1969 at 13:25 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月03日

●牛番号

1、牛肉の履歴表示が1日から義務になったというニュースを見ました。
 「国産牛肉の履歴表示、1日から義務づけ 偽装なら罰金も

2、「個体識別番号(10桁)」とか「生産履歴確認番号(13桁)」が書いてあって、
  パソコンに入力すれば、
  生年月日・性別・品種・飼養地・異動内容・飼養者の検索ができるそうです。
  例えば、
  「独立行政法人 家畜改良センター」といったデータベースが利用できる。

3、おもしろそうなので、
 「今度牛肉買ったら履歴検索してみよう」と奥さんに言ってみた。

4、でもなんだか乗り気でないみたい。
  リアルに履歴が分かると食べにくくなるからかな、と思ったんだけど、違った。

5、「国産牛肉なんて滅多に買わないよ」

6、あ、そっか。失礼しました。

7、まずは頑張って働こう。
  牛番号で遊ぶのはもうちょっと先になりそうです。


Posted by tekigi1969 at 10:42 | Comments [0] | Trackbacks [5]

2004年12月01日

●ナウル単行本の発売日発表!

このBLOGで書いてきました
「ナウル共和国」の記事を基にした単行本が12月22日に発売されます。

タイトルは
「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」
糞は「ふん」と読んで下さい。

文章はもちろん僕ですが、
イラスト・装丁はなんと!!!

「大人たばこ養成講座」などで大活躍中のあの、寄藤文平さんです!

定価は1000円+税。
アスペクト社さんより出ます。

現在最後の最後のツメの作業が進んでおりますが、
担当さんが「22日で行きます。覚悟決めました」と
ついさっき電話をくださいました。

寄藤さんのイラストはホントカッコいいです。
これだけで1000円、元取れますよ。

また新たな情報がありましたら告知しますね。
とにかく、早く言いたかったんだもん。わーい。

<12月11日追記>
全国の書店に届くのは12月24日あたりだと思います。


Posted by tekigi1969 at 18:08 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●カプセル内視鏡のコントローラーはPS似

1、カプセル型内視鏡をオリンパスが開発したというニュースを見ました。
  カプセルに内蔵されているカメラの映像を見ながら
  遠隔操作ができるらしい。
  でも、テレビのニュースで見ていたら、
  操作部分がプレイステーションのコントローラーにそっくり。
  何だか遊んでるみたいでした。(画像探したけど見つからず)

2、でも、もしかしたら開発した人にとって
 「最も扱いやすいコントローラー」ってアレなのかもしれない。
  実際に使うお医者さんにとっても同じなのかも。

3、プレステで内視鏡手術の練習をする時代になるのかな。
  名うてのゲーマーに依頼が来たり。

4、だったらいっそのこと患部のグラフィック表示を
  鳥山明さんにデザインしてもらったらいい。
  何がいいのかよく分かんないけど。

5、「白い巨搭」次回作のBGMはすぎやまこういち。
  パーパパパーのファンファーレとともに教授回診。

6、僕は、ただドラクエ新作をやりたいだけなのかもしれません。
  PS2持ってないからどうしようかなぁとまだ悩んでる。

Posted by tekigi1969 at 09:50 | Comments [97] | Trackbacks [0]