2005年01月05日

●人夫と人妻、そのマヨネーズと蟹工船

1、「人妻」という単語は、
  ついつい、あんなことやこんなことを想像しちゃう魅惑ワードなのに、
  「人夫」の方はどうにも汗と涙なイメージになっちゃうのは何故なのだろう。
  頭に浮かぶ想像も、何やら蟹工船な映像になりがち。

2、「人妻〇〇の」というBLOGはたくさんあるけど、
  「人夫△□の」というサイトはほとんど見かけません。
  あったら読むだろうか。

3、amazonで検索してみると、
  人夫で出てくる商品は
 「人夫考―ある無名者たちへの挽歌」のみ。
  人妻は、もう、うへへな代物がどわーっとね。

4、「人妻」の検索結果を眺めていて何故か思い出したのですが、
  昨日の夜、東名高速道路にマヨネーズがぶち撒かれたらしいですね。
  新聞記事→ 「「マヨまみれ東名」未明までふき取り作業

5、意外にふき取りづらかったマヨネーズ。高速は数時間通行止めに。
  ハイテク社会の盲点ですな。
  違うっすか。

6、ちなみにマヨネーズ除去作業にあたったのは
  人夫ではなく、県警高速隊、道路公団職員だったみたいです。

7、今は「人夫」という言葉は使わないのかもしれません。
  個人的には「人妻が深夜、マヨネーズを除去する」ってのも
  捨て難い気がします。いや、あのよくわかんないけど。

蟹工船・党生活者 改版(新潮文庫)
小林多喜二著


Posted by tekigi1969 at 16:47 | Comments [7] | Trackbacks [1]

●小松菜を食べた犯人

1、正月休みから帰ってきたらベランダの小松菜が
  何者かの手によって食べられておりました。あ。口によって。

小松菜被害.jpg

2、冬野菜は、雪やら霜に2、3回遭わせると甘くなるそうです。
  美味しくなったところを狙うとは、なかなかやるな。

3、憎き犯人は足跡を残していました。 

犯人の足跡.jpg

4、足跡というより、糞跡ですか。
  たぶん鳥ではないでしょうか。

5、アホウドリだったら何だか縁起がいい気がしないでもないのだけど、きっと違う。
  カラスの糞は白いはずだから、ハトとかそんな鳥だと思います。

6、関係ないけど、
  真っ黒なカラスの糞は白くて、白系の色の鳥の糞が黒いのって不思議な気がします。
  たしか赤瀬川原平さんが何かのエッセイで
  「地味な色の鳥は、きっと七色の糞をする」とかそんなことを書いていたんじゃないかな。

7、身体の色素に使わなかった分を動物は排出する。
  ってことは、色白の女性は・・・・。
  あー。考えるの中止。


アホウドリの糞でできた国.jpg
文:古田靖 絵:寄藤文平
税抜本体価格1000円
アスペクト
ISBN 4-7572-1098-1
amazonさん→こちら
bk1さん→こちら
アスペクトさん→こちら


Posted by tekigi1969 at 11:12 | Comments [4] | Trackbacks [0]