2005年01月14日

●おわりそう

このネーミングはちょっとどうかと思いました。

養護老人ホーム 尾張荘

誰も何も言わなかったのかしらん。
意外に気にしないものなのかもしれませんね。

Posted by tekigi1969 at 22:28 | Comments [13] | Trackbacks [0]

●ウンウンウニウムと高速道路

1、こんな記事を読みました。
 「実は用なし? 謎の元素ウンウンウニウム
 「まだ見つかっていないけど、きっとあるはず」という元素には
  とりあえずの仮名がつけられている。
  その一つが原子番号111のウンウンウニウム。
  リビドーというか日本人の魂の奥底を揺さぶるような名前ですが、
 「うん、うん、うにゅーむ」とは関係なく、「un=1」から来ているのだとか。
  実はこの元素はもう発見されていて、
  昨年「roentgenium(Rg)レントゲニウム」と命名されたそうです。

2、ウンコのレントゲン写真を撮っても、きっと何も写らないと思うのだけど、
  鳥の糞には植物の種がいっぱい入っている。
  何でこんなことを思ったのかというと、さっき高速道路の脇を歩いていたからです。
  わー、話の筋道が分かりづらい。
  写真をどうぞ。

東名高速の防音壁.jpg

3、こういうことです。
  高速道路の防音壁の上から伸びる植物。
  たぶん、これは鳥の糞から発芽したのだと思うのです。

4、植物の生命力のすごさにも乾杯!なのですが、
 「種は消化できない」という鳥の内臓もなかなかやるもんです。
  とはいえ僕が種だったら「ちょっと待て」と言いたくなると思う。
  発芽するなり土がなく、地上に向かって落ちていく一生はちょっとなぁ。

5、鳥のdropping(ブリッ)が生んだ空中庭園の下の地面では、
  きれいに並んだチューリップが芽を出していました。
  きっとこれはどこかのおばさん(おじさん?)が勝手に植えたものなのでしょう。

6、おばさんがdroppingしたわけじゃないと思う。
  そう信じたい。

    
Posted by tekigi1969 at 16:04 | Comments [49] | Trackbacks [1]

●野菜祭その1

1、家庭菜園で収穫をしてきました。
  チンゲンサイは順調そのもの。
  6株ほど抜いて鍋に入れちゃいました。

チンゲンサイはイイ感じ.jpg

2、カブは小さめ。10個収穫。
  いくつかを酒粕に漬けることにして、2つはまるごと鍋に投入。
  口の中で溶けちゃうくらい柔らかくて甘かった。

カブは小さめ.jpg

3、台風で生き残った唯一の白菜も随分大きくなりました。
  これは誰かが遊びに来るまで取っておきます。

白菜はもう少し待ちます.jpg

4、その他、小松菜、春菊、下仁田ネギを収穫して、
  奥さんとプチ野菜祭をやりました。
  酒粕と白味噌を溶かした鍋で、野菜しゃぶしゃぶみたいな感じ。

5、どれもこれも味が濃い。とくに下仁田ネギはめちゃめちゃ甘かったです。
  白菜を食べる日が待ち遠しい。

Posted by tekigi1969 at 09:37 | Comments [4] | Trackbacks [0]