2005年03月13日

●ハオリムシに似ている

何をやっているのかよく分からないんだけど
実はとても大きい会社というのがあるんですよね。
しかも儲かっているらしい。

平日の昼間に外車で買物してるおじさんと同じくらい謎です。
あれは、もしかしたら、ハオリムシなのかなと思いました。

ハオリムシは、深海に住んでいます。
これは口もないし、消化器官も、肛門もないというとてつもない生き物。
チューブのような姿で袋状になっているのだけど、全体が閉じている。
でもオケラや人やパンダと同じように立派に生きています。

どうやって栄養を得ているのかというと、
エラから硫化水素、炭素、窒素なんていう無機物を取り入れて、
体内のバクテリアに化学反応を起こさせる。
そうすると硫黄とか硫酸ができて、
ついでにエネルギーも取り出せちゃうという仕組みなのだそうです。

効率悪そうに見えるけど、
大きなハオリムシは直径5センチ、長さ3メートルとかにもなるらしく、
深海には群れになってゆらゆら揺れるこの生物の小山があちこちにあるらしい。

とくに何も生産しないんだけど、深海では巨大勢力を築いている。
ただし、猛毒の硫化水素のそばじゃないと生きていけない。
かなりのリスクテイカー。

ハオリムシが何を考えているのかはよく分かんないのだけど、
きっと何がしたいってわけではないんじゃないかな。

地上で生きていけるかどうかは微妙っぽい。
でも、上手く適応したらすごい生物になるのかもしれません。

以上、変な生物の話でした。

Posted by tekigi1969 at 2005年03月13日 11:46
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/289

コメント

>平日の昼間に外車で買物してるおじさん
おおっ、私は「謎」だったのか。しかも、全然儲かっていない。それどころか、とても貧乏。
嗚呼。

Posted by 多摩のいずみ at 2005年03月13日 18:02

あ、僕も結構平日昼間にウロウロしてるので
「何の仕事している人なんだろう」
と思われているんじゃないかと思います。

Posted by 適宜更新 at 2005年03月14日 10:28
コメントしてください




保存しますか?