2005年04月30日

●春の叙勲

春の叙勲受賞者発表、加賀乙彦さんら4057人」(サンスポの記事)

最近読んだ本によると、
毎年春・秋に行われる「叙勲」は文化勲章とは違って、
あまりお金的なメリットはないのだそうです。
(ちなみに文化勲章は、恩給と文化勲章年金というのが出る)

ではなにがあるのかといえば、
死んだときに「位」がつく。
「従三位」「正四位」とかそういうアレです。

「一位」は天皇皇后両陛下、
「二位」は皇族の方々なので、
それ以外の人は三位から。
勲〇等の、〇プラス2が「位」になるのが目安らしく、
だから勲一等で「正」か「従」の三位になる。

ちなみに、法律遵守は大前提。
過去3年間に一度でも駐車違反を犯していたらNGだそうです。
自分が経営している会社が事故を起こしていてもダメ。

狙っている方は今のうちから身辺をきれいにしておいた方が良さそうですね。

ネタ元はこちらの本です。




Posted by tekigi1969 at 18:51 | Comments [4] | Trackbacks [0]

●ミニトマトの花が咲きました

1、ミニトマトの花が咲きましたよ。

この第一花が重要らしいのです.jpg

2、ものの本によれば、この最初の花が大切らしい。
  これが実らないと
  全体的にツルボケ(葉ばかり繁って、実がつかない)になりやすいのだとか。
  がんばれーと、花を揺すって受粉の手助け。
  いくらおせっかいなお見合いばあさんも、ここまでは手伝わないだろう。

3、ジャガイモは相変わらずすくすく。
  花が咲いたら、土をもっと増やしてやろうと思います。
  少しでもデカいイモになって欲しい。

ベランダジャガもすくすく.jpg

4、この時期の野菜は、やることがいっぱいあって楽しいです。
  こないだは支柱を立てました。
  夏になると放っておいても勝手に育っちゃう。
  そうなれば手はかからないけど、つまんないのです。

5、そう思うと、子育てっぽいなぁ。
  娘が思春期になるのも似た感じなのかもしれません。
  でも、こっちは受粉の手助けができる分だけ介入の余地は多いと思います。
  はい。

Posted by tekigi1969 at 12:37 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年04月29日

●タンコブとともにH君からの連絡、来る

1、さっき戸棚のカドに頭をぶつけて、
  タンコブをつくりました。
  小学生のとき以来じゃないのかな。
  郷愁にふけりつつも、痛い。

2、知人のH君より電話あり。
  彼はいつも突然いなくなっては、1年ぐらいで戻ってくる人。

3、ある時我が家に泊まった彼はいきなり
  「ヒッチハイクで名古屋行ってきます」と宣言して出発。
  その後連絡が途絶えて、しばらくしたら
  「ダイバーショップで海底鍾乳洞探検してますよ」。
  うわ、それテレビで観た。沖縄なのね。

4、「自由人」「放浪の人」なんてカッコ良すぎるので、
  僕はこっそり彼を「寅さん」なのだと決め付けています。

5、今朝の寅さんは何でか下関にいました。
  携帯がつながらなかったのは「タイで落としたから」だとか。
  寅さんらしく各地で失恋してきたのかはまだ聞いていません。

6、近々顔を出してくれるみたい。
  前回は「父島」と大書されたペナントをお土産にもらいました。
  今度はどんな要らないモノを持ってくるのだろう。すごく楽しみ。

Posted by tekigi1969 at 19:08 | Comments [4] | Trackbacks [1]

●もう終電では寝ません

1、夕べも都内でお酒を飲んだけど、
  帰りの電車で寝過ごすことはありませんでした。
  ここ1ヶ月はタクシー帰宅ゼロ。←ほめて欲しい。
  「当たり前じゃん」なんて言わないで下さいね。

2、知り合いの編集者さんからのメールで
  現在発売中の「CUT」誌(5月号)に
  「アホウドリの糞でできた国」の書評が掲載されていることを知りました。

3、見てみたら、なんと1ページまるごとの紹介記事。
  しかも評者は山形浩生さん!わお。
  自分なりに気をつけていた部分を、
  ズバリ評価して頂いた気がして、とても嬉しかったです。
  ありがとうございました。



Posted by tekigi1969 at 10:47 | Comments [9] | Trackbacks [0]

2005年04月28日

●パンダに笑われる

パンダのぬいぐるみを抱えた女の子が、
レストランでサラダを食べ残そうとしていました。

お母さん曰く
「好き嫌いしちゃダメでしょ。
 パンダさんに笑われるよ」
「はーい」
しぶしぶ食べていました。

ちょっと待て、女の子さんよ。
パンダに「クスクス」笑われるイワレはないぞよ。

パンダは元来身体のつくりは雑食のクセに、笹しか食べない。
しかも動物園の小パンダは笹が食えないから、
ビスケットに笹エキスを混ぜて、慣れさせるらしいじゃないですか。

「パンダみたいに絶滅危惧種になっちゃうよ」

なら、わりと納得できる。
それは困るとモグモグ食べる気になりそう。

でも、偏食し続けて
小パンダになっちゃうのも可愛いかもしれない。困った。

Posted by tekigi1969 at 13:25 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年04月27日

●GW前の原稿、了

1、GW前の原稿終了。
  明日その他の作業を済ませてしまえば、休みです。
  やった。

2、とりあえず「終わった感」を満喫するため、
  ビールを買おうとスーパーへ。
  そしたらティアレンスが100円均一になっていました。
  これ、美味しいですよね。
  しかも洋梨が出てるじゃん。
  ついつい浮気をして、こっちを購入しちゃいました。

3、明日は「アホウドリの糞でできた国」の第2回作戦会議。

4、聞くところによれば
  単行本が書店さんにおかれているのは概ね1年程度とのこと。
  せっかく作った本なのだから、
  それまでに出来ることは全部やってみたいと思っています。
  まだ知らない人に、こんな本が存在することだけでも知ってもらえたらいいな。
  片思いを成就するための作戦会議。

5、「ナウルの動く島」とかに名前変えちゃダメなのかな。
  あ、いや。
  応援して下さっている方もいるかもしれませんので、
  マジメにがんばるつもりです。

     
Posted by tekigi1969 at 23:34 | Comments [4] | Trackbacks [1]

●ボタンヌ

ボタンヌのママさんが亡くなったそうです。

昨年暮れに入院なさったと聞いていたのですが、
その後お店に戻ることはなかったようです。
正確な年齢は知りません。80歳ぐらいと聞いた記憶があります。

ボタンヌというのは、
新宿二丁目にあった小さなバーで、
あの伝説の「新宿の帝王」「愚連隊の帝王」加納貢さんが
立ち寄るお店として有名でした。

ママさんや古くからのお客さんに聞いた話によれば
最初は神楽坂のあたりで営業する喫茶店だったそうです。
そのせいで、新潮社などの出版関係のお客さんが多かったのだとか。
加納さんのように戦後活躍した愚連隊の面々も当時からの常連。
「お酒を出した方が儲かるよ」という雑誌社の人のアドバイスで、
バーになりました。

有名になる前の阿佐田哲也さんも常連の一人で
ママさん曰く「私を勝手にモデルにした小説もあるのよ。それがねひどいの」
と笑いながら話してくださったこともあります。

「麻雀放浪記」がブレイクして、ジャズなどの評論を発表するようになると、
昔を知る常連さんから
「売れると聴く音楽もハイカラになるんか」
なんて冷やかされたりもしたそうです。

僕がボタンヌに最初に連れて行ってもらったのは1年ちょっと前。
だから5、6回行っただけで、最後の1年くらいしか知りません。

ビール1本が1000円で、席料はなし。
それでママさんに色んな裏話をねだったり、
運がよければ加納さんにもお会いして、
「安藤はね、ヤクザじゃないんだよ」なんて貴重な話まで聞ける。
僕にとってのボタンヌはそんなお店でした。

店をたった一人で切り盛りするママさんは
客がいると、絶対に椅子には座らない。
「ただずっとコトコト煮てるだけよ」と語る
お手製の煮物がすごく美味しかったです。

最後に顔を出したのは、昨年9月30日。
加納貢さんが新宿のホテルで死去なさった翌々日です。
壁には内外タイムスの訃報記事が貼られ、
ママさんは「信じられないね」と寂しそうでした。

帰り際、
いつも加納さんが座っていた席にどうしても座ろうとしない僕らに
「今度からはあそこも座っていいんだからね」
と言われたのが最後です。

040306_0909~001.jpg

「ボタンヌ」という不思議な名前は
実はマッチをつくった業者が
フランス風のつづりを間違えて読んでしまったために
ついたのだと聞きました。
だから古くからのお客さんは、今でも「ボタン」と呼んでいるそうです。

でも僕にとってはやっぱりボタンヌ。
そして、あの席はやっぱり加納さんの場所でした。

ホントにホントに残念だけど、御冥福をお祈りしたいと思います。

Posted by tekigi1969 at 12:41 | Comments [32] | Trackbacks [0]

2005年04月26日

●ビニールをはずすと、そこは

こないだビニールで覆ったプランター。

植物的にはきっと良好な環境のはず。
でも、
「どれどれ」と様子を見ようとビニールをはずすと
嫌な匂いがするんです。

プランターに、くるり.jpg

芽が出ていないかと顔をつっこむと、
ずっとお風呂に入っていない人のわきの下に潜り込んだような
そんな香ばしい香りがツーンと鼻を刺激する。

夏の暑い盛りに、
洗濯物用ハンガーをベランダに出しっぱなしになっていると、
同じような匂いがしますよね。

あれはどこから来るんだろう。
プラスチックと風雨が反応するんだろうか。

なんにせよ、人間的にはあんまり嗅ぎたくない香りです。
発芽したら、すぐにビニールは取り払おうと思います。
早く芽を出せ、種どもよ。

Posted by tekigi1969 at 18:48 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●GW前はニワトリだって忙しい

1、GW前の〆切原稿はついにあと1つを残すのみ。
  早めにやっつけちゃおう。

2、休日の予定はまだ何も決めていません。
  例年ならば、笠間・益子の陶器市に行ったりするのだけど、
  奥さんは「別にいいや」とのこと。
  たまっている未読本を読んで過ごすのもいいなぁ。

3、先週末、再び地元の養鶏場にタマゴを買いに行きました。
  残念ながらその日は売り切れ。
  「もうすぐイベントがあるから忙しいんですよ」とのこと。
  んんん?養鶏場のイベントってなんだろう。
  ニワトリが踊るのか。回るのか。

4、ニワトリが這いずりまわるイベントといえば、
  村上龍さんの小説「69」にそんなシーンが出てきます。
  映画はまだ観ていないけど、この小説は大好きでした。



5、きれいな女の子に
  「サイモン&ガーファンクルが好き」と言われる場面がありました。
  確か、主人公はストーンズとかヴェルヴェッツが好きなのだ。

6、僕にも似たような経験があって、
  高校卒業間際に好きだった女の子を映画に誘ったら
  「トトロが見たい」と返答された。

7、もちろん一緒に行きましたよ。
  卒業直後のGWでした。
  全然内容は覚えていないんだけど、楽しかったです。はい。

Posted by tekigi1969 at 11:17 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年04月25日

●「私は猫ストーカー」を読みました

私は猫ストーカー
という本を読みました。

そこらにいる猫をただ追いかけるエッセイ。
ものすごくおもしろかったです。

抑えた感じの文章もとっても好きなのだけど、
それ以上に、親切なのか不親切なのかイマイチ分からない
地図イラストがステキでした。
誰だか分からない近所の人が突然猫の説明をはじめて、
マイペースに去っていく。
この独特な感じが、きっと猫リズムなのでしょうね。
何だかうらやましいです。

僕は犬派なんだけど、猫を見るのも嫌いじゃない。
仲良くなる必要はあんまり感じないので、
猫に怪しまれない程度の距離を保とうという
この本のスタイルは是非、マネしたいと思いました。

野良猫にGPSをつけて、
その一生の行動をモニターし続けたら、
どんな軌跡を描くものなのだろう。
できれば3D化して見てみたい。
この本、お勧めです。



Posted by tekigi1969 at 22:45 | Comments [2] | Trackbacks [2]

●ローカルなモノ、コト、こだわり

1、東京都荒川区のPRキャラクター「あらじぃ」(→こちら
  「エンピツを削るのが好き」
  「草食動物と心が通じあう」
  「左右の靴が違う」
  狙いがよく分からない感じが良いなぁ、と思います。

2、「全国忍者サミット 忍者研究家が成果発表 伊賀市
  伊賀上野NINJAフェスタの一環として毎年行われているものだそうです。
  山口県在住の忍者研究家中島篤巳さんの講演では
  「『商品としての伊賀・甲賀、自立のための伊賀・甲賀』ということ考えたらどうか」
  なんて、意外に実践的な提言もされた模様。
  第二の山田風太郎誕生が待ち望まれるところです。 

3、「シブハナ、渋谷駅前・モヤイ像花壇の「里親」を募集
  モヤイ像に花壇なんてあったんですね。
  こんど意識して見てみようと思いました。

4、「Webアンケート「あなたはどう思いますか?、男性が座ってする小便」集計結果
  北海道のニュースサイトが行ったアンケートです。
  1位は「断固、立ってする」358票 41.4%
  2位は僅差で「大便スタイルで」354票 41.0%
  うーむ。
  僕は「断固」じゃないけど、1。状況に応じて2もあるという感じ。

5、このアンケートには女性25人も投票しているみたいなのだけど、
  彼女達はどう答えたのかな。それが何故だか気になります。

Posted by tekigi1969 at 13:15 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年04月24日

●チューリップ畑の35歳

1、煙草を買いに出かけたら、
  八重桜がボンボン咲いていました。

拾った八重桜.jpg

2、写真は道路に落ちていた桜。
  ソメイヨシノとは違って、
  まとまって落ちることもあるんですね。

3、公園まで足をのばしたら、
  チューリップ摘みをやっていました。
  10本までなら摘んでもOK。

4、去年は区政なんたら周年だったので、
  ここで「チューリップ祭」というのが開催されたのです。
  フォークダンス大会もあったみたい。
  今年は誰も踊ってはいなかったのだけど、
  チューリップ畑で佇むのは、やっぱり恥ずかしい。

5、「ロンパールーム」という懐かしい単語を思い出しました。
  あの「ロンパー」って、
  実はケロンパから来ているらしいですね。
  最近知りました。

    
Posted by tekigi1969 at 18:14 | Comments [13] | Trackbacks [0]

●急いでビニールで包め

1、今朝、午前10時、ベランダ。
  1ヶ月前に種をまいたのに、ちっとも芽が出ない「うまい菜」。
  ふと思いついて、ビニールでおおってみる。

2、午後1時に見てみたら、いきなり発芽してました。

うまい菜ついに発芽.jpg

  写真中央に小さな芽が2つあるんですけど、分かりますか。

3、それにしても、反応、早っ。
  たぶん、ほんのちょっとの温度アップが大きかったんでしょうね。

4、こりゃいいや、というわけで、
  あれこれビニールで包んでみました。

プランターに、くるり.jpg

シソの種をまいたプランター。

苗用ポットも、くるり.jpg

イタリアントマトの苗になるはずのポット。

5、生育のスピードアップになるでしょうか。

これで原稿も進むはず.jpg

6、ついでになかなか原稿の進まない僕の手もくるっとな。

Posted by tekigi1969 at 14:12 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2005年04月23日

●気になったヒトコト

最近見つけた印象的なヒトコト。

1、インタビュアー「テイさんは普段何してますか?」
  テイ・トウワ「mixiですね」

 (「D.A.A×デジスタ―Digital Artist Avenue ×デジスタ (Vol.2)」(宙出版)より)

2、「私ですか?1986年生まれですよ」

 (先日渋谷のミーティングに参加した某さんの発言。17歳も年下なのかぁ)

3、近頃、要らないモノを積極的に捨てられるようになりました。
  僕「最近、『捨てる』っていうコマンドが増えたみたい。レベルアップしたのかな」
  奥さん「私をパーティーに加えたからじゃない?」

(今さらだけど、うちの奥さんはドラクエ8をやりたがっています。誰か貸して下さい(本体ごと))

Posted by tekigi1969 at 19:03 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●GW前の〆切あと5つ

1、ちょっとだけお手伝いさせていただいた本が発売になったようです。
 「D.A.A×デジスタ―Digital Artist Avenue ×デジスタ (Vol.2)」(宙出版)
  関わった知人によれば、
  テイ・トウワvsAFRA対談は読みどころ満載とのこと。

  

2、今日の仕事は、〆切2本。
  あと5つ原稿を書けば、晴れてGWに突入できる。
  がんばらねば。

3、取材をやっていておもしろいのは、
  自分とは全く立場が違う人の話が聞けること。
  今朝もそんな方と、電話でお話ししました。
  冷静に聞いてみれば、なるほどと思う部分も結構多かったです。

4、十分気を付けているつもりでも、
  無意識にレッテルを貼ってしまっていることがある。
  そのことに自分で気づければ、少しぐらいは記事もおもしろくなるはず。

5、ごくまれに、
  事前に描いていた方向とは全く違う情報が手に入ることもあります。
  ある素材を「健康によい」と思って取材していたら、
  「そんなことないよ」と主張している専門家にぶつかっちゃったり。

6、でも、一番おもしろい記事ができるのは、きっと、そういう時のはず。
  どうせオヤジになるのなら、
  常識を覆される余地をできるだけ残しながら、ガンコになりたいなと思います。

Posted by tekigi1969 at 13:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年04月22日

●昨夜の相談

1、昨夜は渋谷BYGにてミーティング。
  次回以降のイベントについてなど諸々相談しました。
  BYG、明日は遠藤賢司さんのライヴをやるらしい。行きたい。

2、とりあえず次回の青い部屋イベントは5月14日(土)。
  7月からはちょっと雰囲気変わるかもしれません。

3、「『アホウドリの糞でできた国』のイベントをやろう」
  なんて話も出ました。
  実現したら僕はもちろん嬉しいんだけど、そんなのに人来るのかが不安。
  寂しかったらイヤだなぁ。グッズ配ったりしたらいいのかな。
  遊び半分でやっちゃう感じで、提案してみよう。夕方だったらどうですか?

4、丸ビル地下の「ソトコトLOHASキッチン&バー」。
  ここにはものすごく良いスピーカーがある。
  お店で流す曲を提供させてもらえないかなぁ、という話もしました。
  DJ機材を持ち込むのはちょっと大変そうだもんなぁ。
  近いうちにみんなで遊びに行って、月本さんに相談してみよう。

5、あれこれやろうと思う春。
  どれが実現できるかは分からないけど、
  こうやって考えている時間はホント、楽しい。

Posted by tekigi1969 at 16:12 | Comments [9] | Trackbacks [0]

●ベランダ菜園、いよいよ本番

1、ゴーヤの苗を購入。
  さっそくプランターに定植しました。

ゴーヤの苗.jpg

2、去年、
  スーパーで買ったゴーヤの種から育てたモノと
  育苗店さんで見つけた苗を植えたモノとを
  僕なりに比較してみたのです。
  そしたら、味も収穫量も全く違った。
  やっぱりプロが育てた苗はすごいんだなぁと痛感。
  てなわけで、今年のゴーヤは苗で行きます。

3、一方、シシトウは種からです。
  発芽は意外に早かったんだけど、
  その後の成長がどうにも遅い。

シシトウ保温対策.jpg

4、こんな感じでビニールを貼って、保温対策をしてみました。
  夜は室内に入れて、しばらく様子を見てみるつもり。

Posted by tekigi1969 at 13:39 | Comments [3] | Trackbacks [1]

2005年04月21日

●Google―なぜグーグルは創業6年で世界企業になったのか

「Google―なぜグーグルは創業6年で世界企業になったのか」
という本を読みました。
仕事の資料としていただいたものです。

先日とある人から
「某検索エンジンをつかったマーケティング」について聞く機会があって、
今さらながら、なるほどぉと思ったのです。

検索エンジンに入力された単語の傾向を集計すれば、
色んな商品、モノ、コトについて分析ができる。
ついでにフリーメールやらプレゼントといった
アカウントを使うようなサービスもやっていれば、
そのワードを入力した人の性別とか年代もデータとして利用できる。
これは確かに有効そうです。利用したい人は多いでしょうね。

ポータルサイトだとか検索エンジンが儲かるってのは
そういうことだったのね、とようやく腑に落ちたのでした。

で、Google。
世界一急成長を遂げたといわれる検索エンジンの会社。
アメリカ本社の食堂では超有名シェフが腕をふるい(ちなみに全て無料)、
中庭ではセグウェイがビュンビュン走っている。
ウソみたいだけど、そんな会社が確かに実在するんです。

この本にはその成長の理由がいくつも載っていました。
ただ、
「3~5人のユニット単位で自発的に仕事を進めるシステム」
というのは最近ではあまり珍しいとは思えないし、
「勤務時間の20%は各自好きな研究をしなければいけないルール」
なんてのは3Mにもあるし、日本にもそういう企業はあったはず。
自由な企業風土というのも、個人的にはあんまりピンと来ませんでした。

この本を読んで、
僕が一番ビックリしたのは、
Googleの新規採用ルール。

Googleでは1人の技術者を雇うのに、
80人以上の技術者が面接に参画するのだそうです。
だから2ヶ月以上かかる。
1人が採用されるまでに費やす時間は、平均87時間。
しかも最終面接で参加者全員が賛成しないと不採用。

この「敷居の高さ」というか、
「同じ職場で働きたいとみんなが思う人だけが仲間になれる」というシステムが
Googleっぽさを形成している源なのじゃないかな、と思いました。

うーむ。もうちょっと考えてみます。



Posted by tekigi1969 at 16:07 | Comments [4] | Trackbacks [1]

●タケノコがやってきた

1、今年も来ましたよ。
  タケノコです。ダンボール1箱分!!
  せっかくなので、大きな画像(クリックすると見れます)で。
  写真はごく一部。まだまだあるのだ。

タケノコ!!.JPG

2、持つべきものは
  タケノコの獲れる山のある親戚ですね。

3、今日からしばらく我が家のバケツは総増員。
  もちろん、水煮にしたタケノコを保存するためです。
  ヌカをどかどかほ放りこんで、新鮮なうちにアクを抜いてもらわねば。
  奥さんよろしくです。

4、週末はタケノコ三昧ができるかな。
  人呼ばなくっちゃ。

Posted by tekigi1969 at 10:13 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年04月20日

●ムカカとか

1、「ムカカっておいしいね」
  「んん?」
  「乾燥ムカカ」
  「???」

2、無花果のことでした。
  でも「ムカカ」という名の外国の果物だと思っているその人には
  何だか悪くて本当のことがいえませんでした。

3、「ライブドアの堀江さんがものすごくカッコよかったら
   今の株価はずいぶん違ったんじゃないのかな」
  とは知人の弁。そうかも。

4、でも、以前はムチャクチャカッコよくみえていたapple社のジョブスさんが
  いつの間にやら南伸坊さん似になっていた。
  それでもappleのブランド力は衰えていない気がする。
  だから、CEOの顔と会社の評判は関係ないのかもしれない。
  あ、でも、何だか信用できそうな顔だと考えれば、やっぱりあるのかな。

5、僕は中学・高校時代、南伸坊さんの本が大好きでした。
  実は南さんって、すごく背が高いのです。

6、それを知ったのは10年以上前のこと。
  名古屋市美術館の前で南さんが雨宿りをしていたのです。
  大ファンだったので、思わず声をかけてしまいました。
  タクシーを拾えるところまで行きたいとのことだったので、
  傘をお貸ししたのです。
  ところが南さんは想像以上に背が高くて、びっくり。

7、僕は175センチなので、多分180以上はあったと思います。
  あれは意外だったなぁ。

  
Posted by tekigi1969 at 18:37 | Comments [7] | Trackbacks [0]

●野茂英雄のすごさ

野茂が今季2勝目 松井秀は3打数1安打」(スポーツナビの記事)

日米通算200勝まであと2つですね。期待してます。

1、今年はあまり依頼がないのだけど、
  以前はちょこちょこ野球についての記事を書くことがありました。

2、「奪三振」のデータをまとめていて驚いたことがあります。
  2003年末までのデータだったのですが、
  通算奪三振数2000以上の日本人投手は18人。
  一番多いのが金田正一さんの4490個。
  野茂さんはこの時点で3006個(日米通算)で歴代6位でした。

3、でも、三振数は長くやっていれば多くなる。
  というわけで、奪三振率を計算しました。
  計算式は、奪三振率=(奪三振数×9÷投球回数)
  単純に言えば、
  9イニング投げて平均何個の三振を奪うのか、という数字です。

4、結果はこう。

  1位 野茂英雄 9・53
  2位 江夏豊  8・41
  3位 川口和久 7.81
 (参考)
  金田正一 7・31

  おおおおっ。
 (これは03年終了時の数字。
  04年が終わった時点では9・42になっています)

5、ちなみに日本プロ野球在籍時代に限って計算すると、
  野茂英雄の奪三振率は10・31。
  ブッちぎり。

6、この記事を書いたあとの
  04年シーズンは不本意な成績で終わり、奪三振は54止まり。
  それでも04年までの
  MLB移籍後の奪三振率は8・93の高水準。

7、通常、メジャー公式記録と見なされるのは2000投球回。
  04年終了時の野茂投手はまだこのイニング数には達していないのですが、
  この数字だけ見れば、
  ランディー・ジョンソン、ペドロ・マルチネス、
  ノーラン・ライアン、サンディー・コーファックスに次いで、MLB歴代5位。

8、すごいぞ野茂英雄。
  やっぱりピッチャーの魅力は三振でしょう。

Posted by tekigi1969 at 15:23 | Comments [259] | Trackbacks [4]

●書きかけの記事が消える

1、横浜、雨。

2、さっき、
  30分かけて書いたBLOGの記事を誤って消去しちゃいました。
  久しぶりにやっちまった。

3、これって、パソコンで作業するうえでの最大の欠点だと思う。
  トラブルやら誤作動があれば全てが消える。
  原稿用紙が一瞬で消えることはほとんどありえない。
  頻度の高い天災みたいなもの。やりきれなさが残るのみ。

4、100%消えないことを保障するのはきっと無理だろうから、
  このストレスを引き受けるサービスを考えて欲しい。
  きっと儲かると思うなぁ。どうですか。

5、書きかけの原稿が一瞬で消えちゃったら、
  怒りのあまりディスプレイを殴っても
  すぐに無料で取り替えてくれるなんてサービスでもいいなぁ。

6、ずっと以前に遊びでビデオを作っていて、
  その撮影のために、
  テレビディスプレイをバットで叩き割ったことがあります。
  あれって、なかなか気持ちがいい。どっかーんという音がする。

7、でも、室内でやったらきっと大変なことになるでしょうね。
  片付ける手間を考えたら、もう一度書いた方が早そうだ。

8、以上、単なる愚痴でした。
  すいません。割りませんので、フリーズしないでね。

  
Posted by tekigi1969 at 12:15 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年04月19日

●セグウェイの軍事利用とドラえもん

2001年に鳴り物入りで登場したわりに
その後、ちっとも聞かない&見かけない「未来の乗り物」セグウェイ。
スクーターみたいな例のヤツです。

「やがては世界中に普及する」と言われていたはずが、
2003年9月に一度リコールされた時点でも
まだ6000台しか売れていませんでした。
日本ではいまだに公道で乗れるようにすらなっていないと思います。

1年位前にこの乗り物について
ちょっと取材をしたことがあります。

道路に関する事情に詳しい方に聞いたところ、
「新しい乗り物が出てくると、公道を走るための基準や許可が必要になる。
 そうすると国土交通省が出てきて、そのための団体をつくれといわれる。
 そこには専門家(ようするに天下り役人)やら
 偉い国会議員さんがいないとマズイよとアドバイスされる。
 そういう団体ができるまではきっと公道は走れないですよ」
なんて話を聞きました。

なるほど。そういう仕組みになっているのねと納得。
アホらしいけど、
儲かるならばそんなのをつくる人も出てくるのかもしれないですね。
ってことは、しばらくは無理なのかも。

とかなんとか思っていたら、
セグウェイ、意外な方向でビジネスチャンスを手にしつつあるようです。

『セグウェイ』がロボットになって戦場へ」(Wiredの記事)

 アメリカのロボット関連技術の開発・ライセンス会社「アプライド・パーセプション」が
 セグウェイをベースとする軍事用移動プラットフォームの開発で、
 米国防総省国防高等研究計画庁と契約した、という記事です。

荷物の運搬や兵士支援などの任務に使うのだとか。
セグウェイ社は儲かるんでしょうね、きっと。

そういえば、昨年暮れに米陸軍が発表した
自動操縦式殺傷兵器タロン(Talon)とかいうロボットも
近々、イラクに配備される予定だそうです。
(参考記事→「殺傷能力を備えた軍用ロボット車両、イラクに配備へ」)

ううむ。
これは少なくとも、ドラえもんで知った未来じゃない。
藤子先生でいえば、FというよりA。
あ、でも、F先生も結構ダークな作品書いているんでしたっけ。
いやいや。そういう問題じゃなくって、これは何だかおっかない。

ロボット同士で戦争を勝手にやるのならいいんだけど、
そんな「ロボコン」みたいな決着で終わるわけないと思う。

Posted by tekigi1969 at 14:58 | Comments [8] | Trackbacks [2]

●ジャガイモと居酒屋熱

育ってはいるけど、実がなるかは微妙.jpg

1.プランターで強引に育てているジャガイモ。
  4月19日朝の様子。
  あまりにも順調でちょっと拍子抜け。
  もしかしたらベランダでも十分育つものなのかもしれない。

2、花が咲いたら、追肥がてら土をさらに増やしてやろうと思います。
  新ジャガができたらホイル焼きにして食べよう。

3、「焼き」で思い出したのだけど、
  近頃ふたたび「居酒屋熱」が高まっています。
  とくに、ここ
  ものすごく行きたい。
  焼貝!!

4、先日連れて行っていただいたこちらも美味しかったです。
  ひもの!!

5、そろそろビールの季節。
  ゴクゴクの日まで待てないや。

Posted by tekigi1969 at 11:10 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年04月18日

●今年から5月9日はゴクゴクの日

BLOG「きき酒師ちえの料理と酒の相性研究」のちえさんが、
日本記念日協会に申請していた「ゴクゴクの日」が、
このたび正式に認定されたそうです。
(詳しくは、こちら参照→
5月9日はゴクゴクの日 トラバ&コメント企画します」)

個人でいきなり登録しちゃうパワーと行動力に感動したので、
僕も応援したいと思います。

今年から、5月9日はゴクゴクの日。

で、何をすればいいのかというと、

5月9日に何かをゴクゴクと飲む。
それだけ。

ついでに、
どんなシチュエーションで何を「ゴクゴク」したかをちえさんのBLOGに
コメント、もしくはトラックバックで報告すれば完璧です。

何を飲もうかな。やっぱり僕はアルコール。
「酒を飲む口実」をひとつ増やしてくださったちえさんに感謝!

Posted by tekigi1969 at 18:39 | Comments [0] | Trackbacks [1]

●地タマゴ買ってみました

1、うちから歩いていける距離に養鶏場があって、
  産みたてタマゴを売っていると聞いたので行ってきました。

なかなか味わい深い看板.jpg

2、ごく普通の養鶏場。雑種の飼い犬がかわいかったです。
  赤タマゴで1キロ460円。
  「500グラムでもいいですか」といったらOK。
  8個で230円。看板がカッコいい。(写真)

3、白身の味が濃いなぁというのが僕の感想です。
  黄身以外に旨味を感じたのは初めてかもしれない。
  あと「臭み」というのが全くない。当たり前なのかな。
  あんまりタマゴにはこだわりがなかったのだけど、
  これに慣れちゃったら、他のは食べられなくなるかもしれない。

4、美味しいモノを知るたび、戻れなくなる。ホントに痛し痒し。

5、関係ないけど、先日教えてもらった
  「チャイニーズクレスト(クレステッド?)ドッグ」の画像を見つけました。
  →こちら
  やっぱりディズニーアニメっぽいなぁ。
  突然、話しかけてきそうです。

Posted by tekigi1969 at 09:41 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年04月17日

●ナウル情報05年2、3、4月

b6.gif

ナウル共和国情報です。
(「ナウルって何?」という方は
 「ナウル共和国カテゴリー」からどうぞ)

近頃あまり書いていなかったので、
最近のナウル共和国に関するニュース記事をざっとご紹介。

<2月>
●マネーロンダリング(資金洗浄)のブラックリストに
 ナウルがまだ掲載されていることが判明

 違法な金融活動を監視している国際団体「金融問題対策委員会」が、
 ナウル、ビルマ、ナイジェリアがまだリストに掲載されたままであると発表。

<3月>
●かつて行っていたパスポート販売事業で不明金が

 ナウルが一時期やっていたパスポート販売。
 5年前の報告書では740万米ドルを受け取っていたはずなのに、
 そのうちの130万米ドル分の辻褄が合わないことが判明。
 さらに25万米ドル以上がまだ未払いになっていて、
 151人分のパスポートがどこに行ったのか分からないそうです。

●ナウル、ツバル、キリバスが会議

 ナウルに出稼ぎに出かけたまま、給料ももらえずに
 帰国できない状態になっているツバル、キリバスの労働者について
 話し合いが行われた模様。
 「帰りたいけど、その前に給料を」
 「帰っても良いけど、お金はないよ」
 というような感じだと思われます。結論の記事は見当たりませんでした。

<4月>
●メルボルンに残っていた資産を750万米ドルで正式に売却完了

 ナウルハウスとかだと思います。

●ナウルにまだ残っている難民は54人

 この難民のなかには6人のアフガニスタン人の子供が含まれており、
 彼らの人権回復のため、国連がついに正式な調査を開始するようです。

●太平洋諸島フォーラムが放射性物質の海上輸送に懸念を表明

 2月にフランスを出航した放射性物質を積んだ船が
 4月中にも、彼ら(太平洋諸島の各国)の排他的経済水域を通過する予定。
 一応、安全性の保障はしてもらっているのですが、
 「万が一の事態が起きた時の賠償責任がはっきりしない」と
 懸念を表明しているようです。
 ちなみに、この船の目的地は、日本の六ヶ所村です。

<ナウルの本、つくりました>
「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」文 古田靖/絵 寄藤文平

Posted by tekigi1969 at 18:18 | Comments [6] | Trackbacks [1]

●ライ麦食パンとミニトマト

1、奥さんがシチューを作ってくれたので、
  ライ麦食パンを焼いてみました。
  適当にやっちゃったので、レシピは憶えていません。

ちょいと不恰好.jpg

2、ライ麦粉・強力粉の割合は1対1。
  もうちょい上に膨らまないとダメですね。芋虫みたい。
  次回は粉を多めにしてみよう。
  100円ショップで買った型でも作れることが分かったので
  とりあえず満足。

ミニトマトをプランターに定植.jpg

3、今日の横浜は晴れ。
  先日買ってきたミニトマトの苗をプランターに移しました。

4、去年まで試みていた「肥料控えめで甘くするぞ作戦」は
  収穫量が少なすぎて寂しいだけだったので、中止。
  今年はどっさりたっぷりやるつもりです。
  ただでさえ、狭いプランターですしね。

5、夏には
  もっと大きく膨らんだライ麦パンに、成長したミニトマトを山ほどはさみたい。
  それをツマミにビールぐびぐびいけるといいなぁ。

Posted by tekigi1969 at 13:50 | Comments [1] | Trackbacks [0]

●週末あれこれ

1、金曜日はヨミスポという小冊子の取材。
  埼玉北部も、さすがに桜の満開期は過ぎていました。
  美味しいそばをいただいてから、四谷へ。
  イラク戦争などを取材されているカメラマンさんの飲み会。
  色々話を聞いてみたい方がたくさんいたのだけど、
  例によってお酒をグビグビ飲んでしまったので、あんまり聞けず。

2、土曜日は動物病院の取材。
  西新井駅前の風月堂のコーヒーがうまかった。
  色んな飼主さん、ペットがいました。でも、やっぱり僕は柴犬。
  次に引越すときは、ペット可のところにしよう。
  できれば外で飼いたいなぁ。無理かなぁ。

3、一緒に取材していたカメラマンさんに
  チャイニーズクレストドッグという珍しい犬のことを教えてもらいました。
  ツルツルの肌なのに、頭部にだけ長い毛が生えている。
  何だかアニメっぽい感じ。見てみたいけど、飼いたい感じはあんまりしない。

4、中国のデモ映像を見ていた某スポーツ誌編集さんの感想。
  「投石している若者のフォームを見る限り、
   野球はまだまだ浸透していないようですね」
  おおっ、なるほど。
  同じニュースでも、立場によって色んなことが見えて来るんだなぁ。

5、ってことは、
  日本人が石を蹴る姿を見たら、ブラジルの人はきっと苦笑する。
  気をつけなくちゃいけない。

Posted by tekigi1969 at 09:18 | Comments [2] | Trackbacks [2]

2005年04月16日

●美味しいそば

うまかったです.jpg

1、昨日は埼玉県吹上町に行きました。
 「麺の食卓 どんまいじゃん」のそば、美味しかったです。
  北海道の地粉を使っているのだとか。写真は鴨南蛮。
  ノドごしも良いんだけど、それ以上に歯ごたえがたまらない。

2、麺は手打ち。切るのも手作業。
  店主さん曰く
 「夫婦ゲンカの直後に来ていただければ、一番コシの強いのが食べられますよ」
  とのこと。わはは。

3、実は、このお店、某Jリーガーのご実家なのです。
  今回はその取材でお伺いしたのでした。

4、機会があったらそばの方でも取材したいなぁ。
  東京からは遠いけど、オススメです。
  ちょっとした野菜にまでこだわっているようで、ホントうまかったっす。

Posted by tekigi1969 at 16:55 | Comments [6] | Trackbacks [2]

2005年04月15日

●寄藤さんのPOPがDLできます

ミニトマトの苗.jpg

1、ミニトマトの苗、2つ購入。
  品種が違って、1つは248円、1つは78円。
  味と収量はどうなるのかな。楽しみです。

2、アスペクトさんHPから「アホウドリの糞でできた国」の
  販売促進用POPがダウンロードできるようになりました。(→こちら
  寄藤文平さんデザインのかわいいアホウドリPOPです。
  本屋さんはもちろん、ご自宅の本棚インテリアなどにも是非どうぞです。

3、ナウル共和国国旗のネクタイピンがつくりたい。
  個人的に勝手につくっちゃおうかな。
  いくらぐらいかかるものなのか知らないけど、他にも欲しい人いますか?

4、今日はこれから埼玉県の吹上町というところに出かけます。
  結構北の方みたいなので、もしかしたら、また満開の桜が見れるかな。
  どうかな。

5、そうそう。チューリップが咲きました。

チューリップ咲きました.jpg

Posted by tekigi1969 at 09:00 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年04月14日

●お世話になっている本屋さん

1、ついさっき、駅前の「青葉書店」さんにご挨拶をしてきました。

2、こんなような経緯(過去記事参照→こちら)があって、
  僕が初めて出した単行本「アホウドリの糞でできた国」を
  とても良い場所に並べて下さっている本屋さんなのです。
  ありがとうございます。
  さっき見てきた時には2冊ありました。知り合いへの贈呈用に1冊購入。
 
3、雑誌に掲載された書評をコピーしたPOPまで付けて下さっていました。
 「ご迷惑になっていませんか?」と聞いてみたら、
  大丈夫とのこと。
  良かった。ホッとしました。

5、驚いたのは、「BLOGも見ましたよ」と言われたこと。
  あわわ。
  ネットというのはどこでどなたが読んでいるのか分からないもんですね。
  もっと早くにお礼に参上するべきでした。すみません。

6、東急田園都市線藤が丘駅近辺在住の方へ
  青葉書店さんに行きましょう。ブックカバーがシックでカッコイイです。
  ついでに僕の本も買って下さったらなお嬉しいです。
  あと1冊だけど、もし足りなくなったら僕が届ける所存です。

7、聞いた話では、
  大阪の方にあるブックファーストのどこかの店舗さんでも
  ずいぶん大々的に並べてくださっているのだとか。
  棚差しになる前に、お礼に行かねば。

Posted by tekigi1969 at 19:17 | Comments [4]

●今さら気づいたスーパーカー解散

1、今頃になってスーパーカーが解散していたことに気づきました。
  残念だなぁと誰かに連絡するタイミングも
  すでに失しているっぽいので、BLOGで。

2、何年か前までインタビュー記事をやらせてもらっていた音楽雑誌で
  「スーパーカーのインタビューやりたい」と
  編集さんに話したことがあります。
  「なかなか話をしてくれないから大変ですよ」
  と言われました。

3、ミュージシャンの中には、
  「音楽をやっているとき以外はほとんど廃人のようなタイプ」がたまにいる。
  スーパーカーの某さんもその一人だと思う、とはその編集さんの評。
  僕はそういう方に巡りあったことはまだないのだけど、
  一度ぐらいは会ってみたいなぁと思います。絶対自分には無理だもの。
  その時は胸を張って、「アーティスト」という単語が使えそうな気がします。

4、ちょっと話がそれるけど、
  「イザベル・アジャーニが好き」だと話した時には、
  別の編集さんから
  「あの人と付き合うのは止めた方が良いっすよ、めちゃめちゃエキセントリックでしたから」
  と言われました。
  せっかくの忠告なのだけど、多分付き合うチャンスそのものがないから大丈夫。

5、1stシングルを聴いて胸が高鳴ったというバンドは
  僕の場合は2つだけ。
  RIDEとスーパーカーでした。
  解散はとっても残念だけど、今後の活動に期待したいと思います。

  

Posted by tekigi1969 at 14:40 | Comments [7] | Trackbacks [0]

2005年04月13日

●男は自分独りの一日

1、今日は午後から某ラジオ局の取材を受けました。
  パーソナリティーさん、スタッフさん、全て女性。
  同席してくれた出版社の編集者さんも女性。

2、そのあと移動して某雑誌の取材。
  これは話を聞く側でした。
  お相手は女性。同行したカメラマンさんも女性。

3、みんなキレイな人ばかりだったせいか、
  それともプロらしい仕事をなさる方々ばかりだったからなのか、
  何故だかちっとも疲れませんでした。
  たぶん、両方ですね。

4、帰宅。
  奥さんがいました。もちろん女性。
  おおっ、今日は男性とまったく会話してないや。

5、女性誌とかで仕事をすればずっとこんな生活なのかな。
  エロ本、実話誌出身の僕としては、なかなか貴重な一日でした。

Posted by tekigi1969 at 23:11 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●富山の薬売りの懸場帳

僕はクレジットカードで買物をするのが、いまだに苦手。
できればずっと持ちたくないなぁと思っております。

でもクレジットのシステムはおもしろい。
以前、日本のクレジットの歴史について記事を書いたことがあるので、
その一部(ずっと昔のクレジット)をご紹介。

1、江戸時代に伊予(現在の愛媛県)の商人が行っていた「碗舟」。
  彼らはまず九州で陶器を仕入れて、
  春の潮の流れを利用して中国・近畿地方に船で渡って商売をした。
  ところが、秋になると、風が変わる。
  だから今度は紀州で買っておいた漆器類を、九州に戻って売りさばく。
  この時に誕生したのが、「盆暮れ2回」の分割払い。

2、もうひとつの日本独自のクレジットシステムは、「富山の薬売り」。
  最初はお金を受け取らずに「置き薬」として各家庭に配布する。
  そうして1年ぐらいかけて全国を行脚し、
  再び戻ってくると、使った分を補充して、その金額のみを請求するという方法。
  これは「先用後利」と呼ばれる長期信用取引の一種。立派なクレジットです。

富山の薬商人がスゴイのは、
それぞれが懸場帳(かけばちょう)という顧客リストを持っていたこと。
このリストには全国各地の薬の需要、顧客の家族構成、健康状態などが記されていて、
地域のニーズに応じて商売をしていたようです。
エリアごとの情報交換も頻繁に行っていたのだとか。

近代に入るとこのデータの重要性にみんなが気づくようになって、
やがて懸場帳自体が取引の対象になっていったそうです。
これは完全に、現代のマーケティングビジネスと一緒。
まさに最先端。今で言えば、電通かな。

Posted by tekigi1969 at 09:24 | Comments [7] | Trackbacks [0]

2005年04月12日

●タレは肉に20グラム含まれている

資料を整理していたら
10年位前に吉野家さんからもらった資料が出てきました。

牛丼の分量マニュアル。
たぶん、これを基にしてGON!に記事を書いたはず。

懐かしいなぁ、吉野家の牛丼。
何の役に立つのかはよく分かりませんが、
せっかくなので一部ご紹介しようと思います。

(古いモノなので、もしかしたらその後変更があったかもしれません。
 その辺はご容赦下さい)

<並盛>
 肉 85グラム
 タレ55グラム
 (注)肉の誤差はプラスマイナス5グラム
    タレは肉に20グラム含まれているので、御飯にかけるのは35グラム

 ネギ抜き
  タマネギを0または1にする
 ネギだく
  タマネギを4または5切れ追加する
 ツユ抜き
  御飯にかけるタレの量を10グラム以下にする
 ツユだく
  御飯にかけるタレを10グラム追加する

ちなみに、
マニュアルには「カシラ大盛(肉大盛)」だとか「トロ抜き(脂抜き)」といった
ツウ好みのマニアックオーダーは載っていませんでした。
多分、個別に店員さんが対応するんでしょうね。

以上。何かのご参考になれば幸いです。

   
Posted by tekigi1969 at 16:00 | Comments [2] | Trackbacks [1]

●4月12日も上半期終了

1、今朝は公認会計士さんのインタビュー記事構成。
  最近やっぱりビジネスとか金融関係の仕事依頼が多い気がします。
  時代なのかしら。単純に自分がそういう年齢になったせいかな。

2、今日の横浜は曇。
  桜の色があせてきたなぁと思ったら、
  ベランダのチューリップが咲きました。
  ジャガイモ、シシトウの苗は順調に生育中。
  昨日、うまい菜とシソの種をまきました。

3、明日はFMラジオの収録。
  ペンネームで書いた本についての取材なので詳しくはナイショ。
  3月に出演させてもらった文化放送の時とは違って
  今回は事前収録とのこと。良かったぁ。

4、今、テレビに女優の岸恵子さんが出ています。
  「コクトーさんにお願いされて」
  「川端(康成)先生にお見せしようと」
  会話に登場する名前がすごいすごい。
  思い出話がそのまま文学史になっちゃうんだなぁ。

5、「日本の好きなところは?」と聞かれた岸さんの答え。
  「四季があって、店屋物もとれる」
  何だか分かんないけど、妙に感動しました。

Posted by tekigi1969 at 13:46 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年04月11日

●ビッグエッグ

巨大タマゴ.jpg

こないだスーパーで買ったタマゴ。
何ドリなのかというと、


実は普通のニワトリです。

真ん中のはマッチ箱です.jpg

真ん中はマッチ箱。
それだけです。おやすみなさい。

Posted by tekigi1969 at 23:31 | Comments [1] | Trackbacks [0]

●ラッシュ、ケーキ、地震、散り際

1、横浜、雨。取材で八重洲へ。
  久しぶりに朝のラッシュ電車に乗りました。
  やっぱり関東は通勤の本場ですね。たった1時間でもぐったり。
  毎日乗っている方は大変だと思いました。

2、帰ってきたら、奥さんがパウンドケーキを焼いていました。
  初挑戦だったみたいだけど、とても美味しかった。
  でも1本焼くのに、バターを100グラムも使うらしい。
  ってことは、売ってる塊の半分なのか。
  食べすぎないよう、注意しないとマズイなぁ。もぐもぐ。

3、今朝関東で地震があった瞬間、
  僕はトイレに居ました。
  あの揺れで桜は何枚ぐらい散ったのだろう。
  写真はプールに浮かんでいた花びら。

プールに浮かぶ桜の花びら.jpg

4、桜にとっては、散り際も、腕の見せどころだと思います。

5、とか書いていたら、また地震だ。わお。

Posted by tekigi1969 at 15:35 | Comments [2] | Trackbacks [1]

2005年04月10日

●桜終盤戦

散った桜.jpg

1、横浜は今日も晴れ。
  今年の桜もそろそろ見納めですね。
  「山桜もいいじゃん」とか毎年思うのだけど、
  やっぱり散り際を見ると、ソメイヨシノだなぁ。

若枝伸びてます.jpg

2、根元には新芽というか若い枝が結構伸びてます。
  桜の枝を折るとそこから木が傷むからダメだと聞くけれど、
  これもマズイのかな。
  育てられたら嬉しいんだけどなぁ。

一輪だけ咲いていた.jpg

3、原っぱに、一輪だけタンポポが咲いていました。
  他の花はみんな誰かが摘んでいったみたい。
  秀吉が来るのか。
  利休はどこだ。



Posted by tekigi1969 at 09:23 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年04月09日

●つくしを採るつもりじゃなかった

1、原稿を半分書いたところで外出。
  桜を見に出かけた、はずだったのだけど、
  途中から趣旨が変わってしまいました。

目が慣れるといっぱい見えてきます.jpg

2、つくしっす。
  時期がちょっと遅いせいか、ほとんどトウがたっていました。
  奥さんの表現によれば「ホケている」モノが多い。
  でも、じっくり探してみると結構食べられそうなのもあります。
  というわけで、木を見上げるのは止めにして、地面をじーっと小1時間。

今晩のおかずにします.jpg

3、これだけ収穫できました。つくしは大好物なのです。
  先日もらった日本酒のお供にしよう。

4、つくし採りに夢中になっていたら、
  すぐそばで犬を連れた外国人も同じことをしていました。
  どうやら、奥さんがつくし好きらしい。
  「ホケてないつくし」をうちの奥さんから少しおすそわけ。
  そういえば去年も似たようなことがあったなぁ。

5、ついでにこんなものも見つけましたよ。

思わぬ副産物.jpg

  でも、コイツは食えない。
  美味しいんだったら、もっと真剣に探すんだけどな。

6、さて仕事します。つくしは夕食までガマンだ。

Posted by tekigi1969 at 17:51 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●あざみ野の本屋さん

1、今日も晴れ。
  桜を見に行きたいけれど、今日はさすがに仕事です。
  月曜〆切の原稿にメドにつくまではガマン。

2、昨日は、あざみ野を久しぶりにウロウロしました。
  KaBoSという大きな本屋さんで「デザインの現場4月号」をチェック。
  114Pに「アホウドリの糞でできた国」が紹介されていました。
  ありがとうございます。

3、KaBoSあざみ野店さん、嬉しいことに「アホウドリ」平積みでした。
  しかも新刊コーナー。
  ペンネームで出した別の本も6冊ほど発見。
  なんていい本屋さんなんだ!

4、「アホウドリの糞でできた国」の続編。
  もし出せるのならば、色々なやり方がありそうです。

5、このスタイルを踏襲して、後日談や他の物語を作るのも1つ。
  もっとガッツリとした分厚いナウル共和国全ガイドをつくるのも1つ。
  今回頂いた感想を参考にしつつ、
  「これなら売れる」と出版社さんに納得してもらえて、
  なおかつ「欲しい」と思ってもらえるようなモノを考えたいと思います。

6、とはいえ、
  何でできるのかは、この本の今後の評価次第なのかもしれません。
  うーん。ぬはは。 




Posted by tekigi1969 at 10:40 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年04月08日

●桜とお酒

本日は桜を探す一日でした。
月曜日〆切の原稿なんて土日に書けばいいけれど、
満開になった桜は待ってはくれない。
桜オニギリを握りしめ、奥さんとともに電車で出動。

まずはたまプラーザ駅前。

たまプラーザ駅前東急屋上から.jpg

てくてく歩いてあざみ野。

あざみ野の桜並木.jpg

みんな満開。
平日昼間だけどビール片手は基本です。

色々近辺の名所を見たのだけれど、
やっぱりそこらの公園の桜には敵わない。
新聞敷いて、オニギリ片手に見上げられるのが一番ですね。

そこらへんの桜.jpg

帰りにお酒を買い込んで、
昼からずっと、今に至るまで飲み続けています。
ビール→チューハイ→ワイン→泡盛
なんだこりゃ。でもうめー。
今夜はこのままタモリ倶楽部観て寝よう。至福。

Posted by tekigi1969 at 23:20 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●平均寿命ランキング最下位

昨日WHOから発表された05年版の世界保健報告によれば、
平均寿命が世界で一番長い国は日本で、82歳だったそうです。

ちなみに最下位は
スワジランド王国の35歳。

スワジランドについては1年ほど前に
このBLOGにこんな記事を書きました。
→「スワジランドのヘンテコ禁止令

ナウル共和国以外にも、不思議な国ってたくさんあるんですね。

この機会に「ふしぎな国」というカテゴリーを独立させてみました。
適宜、更新していきたいと思います。

Posted by tekigi1969 at 10:42 | Comments [2] | Trackbacks [1]

2005年04月07日

●不意にがっかり、わくわく

何だかわかんないけど、ガッカリしたこと2つ。

1、美容院では有線放送(またはオリジナル選曲)が流れているけど、
  床屋にはAMラジオがかかっている。
  これは鉄則だと勝手に思い込んでいたのに、
  今日初めて入った床屋さんではFMが。

2、マスターズが行われているオーガスタGC。
  この名門クラブの「格式」を表現するとき、
  「あのビル・ゲイツですらメンバーになれなかった」
  という逸話がよく使われていました。
  「お金じゃないのよ、格っす」ってことでしょうか。
  でも、聞いた話によると、
  どうやらゲイツ氏もメンバーになれちゃったみたい。
  03年ごろらしいので、財政面でピンチが報じられた時期ですね。

最後に1つ、ちょっとワクワクしているニュース。
元祖・山拓危うし!?福岡補選、同姓同名“刺客”

件の人物は、福岡県在住の自営業者、山崎拓氏(63)=無所属。
やまさき・ひらき、と読むそうです。
この人が選挙に出れば
「山崎拓」とだけ書かれた票の何%かは自動的にこっちにも割り振られてしまう。

本気で出馬するのかどうかは分かりませんが、
ヤマタクさんは相当いやでしょうね。
見てるだけの僕は、わはは、なんですけど。

Posted by tekigi1969 at 23:17 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●桜、携帯、ナウル、タモリ、GPS

1、今週はわりあい仕事がヒマなので
  理由をつけては外に出て、
  桜探しの散歩をしまくっています。
  いよいよソメイヨシノも来ましたね。携帯カメラ活躍中。

2、友達から携帯にメール。
  先月末に出た「デザインの現場」に
  「アホウドリの糞でできた国」が紹介されているそうです。
  寄藤文平さんの装丁のおかげですね。あとでチェックして来ます。

3、ナウルといえば、
  「タモリと赤塚不二夫がかつてナウルに行ったことがあるらしい」
  というコメントを先日頂きました。
  どうやら鹿児島からエアナウルの直行便が出ていた時代に
  ナウル経由でサモアに行かれたようです。
  ということは旅行そのものは30年近く前ですね。

4、「赤塚不二夫とタモリの西サモアに行ってこれでいいのだ」という
  本があるのだけど、これがその旅行記なのかなとニラんでおります。
  恐らくもう絶版でしょうね。読んでみたいんだけどなぁ。

5、タモリさんといえば、
  このあいだのタモリ倶楽部でやっていた
  「bs@GPS:地上の星プロジェクト」(GPSで絵を描く) の石川さんは
  僕の友達Xくんの知り合いなのだとか。
  サイトはこちら→bs@web
  これは、すごい。おもしろいっ。

6、ちなみにXくんのBLOGはこちら→「日常の奇」です。

 
Posted by tekigi1969 at 11:05 | Comments [5] | Trackbacks [2]

2005年04月06日

●甲子園の土情報

甲子園の土を再現する方法。

もはや球児として持ち帰るのは不可能な年齢になってしまったので、
どうにか「同じモノ」が手に入らないかとネットで調べてみました。

どうやらあの土は「白砂」と「黒土」を混ぜているらしい。
あるメルマガでは、
白砂は「須磨の浦の砂浜」
黒土は「鹿児島県大隈半島の鹿屋」
と書いてありました。
これをブレンドすれば甲子園の土になるみたい。

ところが、甲子園の公式サイトを見ると、
この砂と土の産地は何度も変わっているらしく、
「現在は、国内の黒土と中国福建省の白砂をブレンド」
となっています。

ということは、
「中国福建省の白砂」(詳しい場所は不明)
「鹿児島県大隈半島の鹿屋の黒土」
を混ぜるのが「最新の甲子園土」のようのかな。
たぶん、だけど。

なお、ブレンド比率は
季節の雨量と陽射しを考慮して
「春は砂を多く、夏は黒土を多く」しているそうです。
一説によると4対6、6対4だとか。

なんの役に立つのかはよく分かりませんが、
以上、何かの参考にでもなれば幸いです。

Posted by tekigi1969 at 22:40 | Comments [300] | Trackbacks [0]

●ジャガイモ、出生の秘密

プランターで生まれました.jpg

1、種イモを買うお金を惜しんで、
  キッチンにあったジャガイモを四等分。
  家庭菜園が閉園になったので、狭いプランターに植えられた。
  なかなか不遇な生い立ちを抱える我が家のジャガイモですが、
  とりあえず順調です。

2、収穫する時になって
  「僕たちはどうして小さめなの?」
  と聞かれたらどうしよう。
  なんてことは考えません。育てばただ食らうのみ。
  「それはね、手間をかけずにお前たちを食っちまうためなんだよ」

ここはもう満開.jpg

3、うちの近くで今一番きれいに桜が咲いている場所の写真。
  他人の家の庭でなければ、下で寝ころびたい。

4、そういえば、先日書いた「桜の花びらの塩漬け」。
  ネットでも買えるようです。
  商品によって色々漬け方が違うみたいだけど、
  とりあえず楽天にあったのを1つだけ紹介。
  興味のある方は参考にして下さいませ。

  桜花漬け
  桜花漬け

Posted by tekigi1969 at 10:59 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年04月05日

●普通の一日

1、今日は暖かかったですね。
  朝、発芽したばかりのシシトウの苗を思い切って外に出しました。
  巣立ち(プランターに植える)の準備ですばい。どすこい。

2、午後は両国で取材。
  ケガのため1年近く休場している某力士さんにお会いしてきました。
  相撲の世界は、休めばリアルに番付が落ちる。
  十両よりも下になれば給料はいきなりゼロになっちゃう。
  「頑張って下さい」と言うのは簡単だけど、やる方はホントに大変。
  でも「気力は切れてないですよ」という言葉が聞けてうれしかったです。

3、帰宅途中の本屋さんで、
  何となく、吉行淳之介「恋愛論」を購入。
  「ものすごくモテた」というウワサには事欠かない方なので、
  勉強すべき点があるのではないかと、思っちゃった次第です。

4、帰宅したら、日本酒が届いていました。
  先日お会いしたばかりのFさんから。ごっちゃんです。
  「酒蔵から日本酒の生酒が届くんですよ」というお話に
  「うらやましい。ください。」
  なんて無遠慮に言ってしまったのを憶えていてくださったようです。
  さっそく味わわせて頂きます。ありがとうございました。

5、日本酒とともにジャズのCDも入っていました。
  来月あたりになって、
  僕が「やっぱジャズだな。ジャズだぜ」なんて
  いきなり言い出していたら、この影響だと思って下さい。

6、お礼をしようと考え中。
  せっかくだからお酒だけじゃなく、CDも。何が良いかなぁ。
  こういうことをアレコレ考えるのは楽しいです。

7、久しぶりに目がかゆくなった以外は順調な一日でした。
  ここ1週間ぐらい平気だったので、気のせいだったのかと思ったのになぁ。
  「か」の字の付く「症」なんて、嫌いだ。

Posted by tekigi1969 at 22:21 | Comments [5] | Trackbacks [0]

●「落語現在派宣言」(81年)(東芝EMI)

電子音楽に関するレコード1600枚以上を集めた驚異のレビュー集
電子音楽 In The (Lost)World」を読んでいます。

ちゃんとした感想は後日書くとして、
この本で見つけた気になる作品をまず1枚だけご紹介。

「落語現在派宣言」(81年)(東芝EMI)
 朝日放送制作のラジオ番組のレコード化。
 桂文珍のシンセサイザー落語(!)が収録されている。
 語り部分はハーモナイザーで加工。出囃子はレジデンツ風。
 制作は東祥高(五つの赤い風船)、松浦雅也(PSY・S)。
 バッハ・リヴォリューション、平沢進が協力。すごい。すご過ぎる。

ネットで検索したら、
ジャケット写真がありました。(→こちら

キワモノといったらそうなのかもしれないけれど、
こういうことが自由にやれちゃった時代の雰囲気って大好きです。

間違いなく廃盤になっているんだろうなぁ。
でも、いつか、聴いてみたい。



Posted by tekigi1969 at 09:49 | Comments [251] | Trackbacks [0]

2005年04月04日

●桜の咲くなか、本屋に行こう

今日のご近所桜.jpg

散歩がてら近所の桜を見て回りました。
ソメイヨシノはまだっぽいけど、
山桜とかそんな感じのモノは結構きれいに咲いていましたよ。

1、駅前に本屋さんがあるんです。
  あんまり大きくはないんだけど、感じの良いお店。
  よく雑誌なんかを買いに行っています。
  「ここに自分の本があったらうれしいなぁ」と思っていたら、
  ある時奥さんがお店の方に話してくれました。

2、そしたらさっそく入荷してくれたんです。
  手作りPOPまで掲げて何冊も並べて下さっているそうです。

3、「そうです」と書いたのは、実は僕はまだ見ていないから。
  入口の前を通過すると、遠目にPOPが見えるのですよ。
  自分から希望しておいて恥ずかしいも何もあったもんじゃないんだけど、
  どんな顔して入ればいいのか迷ってしまう。

4、とはいえ、やっぱりお礼は言わなくちゃいけない。
  雑誌も買いたいし。やっぱり見たいし。
  近いうちにご挨拶しようと思っております。

5、東急田園都市線藤が丘駅そばの東急ストア上にある「青葉書店」さん。
  ありがとうございます。
  とても良い本屋さんだと、僕は思います。
  お近くの方、「アホウドリの糞でできた国」のご購入は是非こちらで。

Posted by tekigi1969 at 18:43 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●ホントなのかな

1、土曜日夜9時。名古屋に住む親戚から
 「今、『NHKのデジタル放送でナウルのことをやってるよ』と
  近所の人から電話があったんだけど、見られる?」
  と電話がありました。見れません。

2、一応、ネットで番組表をチェックしてみたんだけど、
  それらしき番組は見つからず。
  名古屋ローカルで以前の番組を再放送でもしたのでしょうか。
  それとも何かのカン違いなのかな。ううむ。見たかった。
  もし何かご存知の方がおられましたら、教えて頂ければ幸いです。

3、近頃前後の脈絡なく
  突然「地震こわいっすよね」と話を振られることが多い気がします。
  どう答えたら良いのかイマイチ分かりません。
  「そうだね」ってのも芸がない。
  「地震って何?」と真顔で返答する練習をしておこうかと思っています。

4、でも、その相手が
  「地震というのは、地面がグラグラと揺れる現象で・・・」
  と丁寧に説明を始めたら、どうしよう。
  「へえ。そんなことがあるんですか。興味深いですね」
  平静を装って付き合わなければ、何だか「負け」っぽい。

5、ファミレスとかで、
  隣の人が普通にそんな会話を展開していたら不思議でしょうね。

6、そういえば、この間、埼玉県の某書店でOL風の二人組が
  「ほら、『人生だもの』とか筆で書く人いるじゃん」
  「あー、なんか知ってる。アイカワなんとかだよね」
  「哀川翔じゃなくって、なんだっけ」
  「分かんない。でもさ、ゴリラーマンは良かったよ」
  「そうなんだ。まだ見てないなぁ」
  という魅力的な会話をしていました。
  かなりの強敵。手強いなぁ。

Posted by tekigi1969 at 11:20 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年04月03日

●35歳の顔文字日記

1、近所の公園で花見。
  桜はまだ少なかったけど、とても快適でした( ̄∇+ ̄)v

満腹ですよ.jpg

  お弁当もほとんど全部平らげちゃいました。
  味はもちろんo(* ̄ー ̄)〇”ぐっ。

2、今日は夕方から友達がDJをやるイベントがあって、
  それから創作ダンスをやっている知り合いの自主公演もあったのだけど、
  どちらも結局行けませんでした(ノ_・。) ごめんなさい。次回は是非!

3、ふう。
  久しぶりに顔文字を使うとやっぱり違和感があるなぁ。
  何だか恥ずかしいというか、居たたまれないというか。
  20代の頃はわりと平気だったんですけどね。

4、( ´_ゝ`)y-.。o○ これも年齢なんですかねぇ。
  単純に「慣れ」の問題かもしれないけど。

5、今見てみたら、
  パソコン内にはずっと以前に登録した顔文字がまだ残っていました。
  (*`◇)<炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎       ←こんなのとか
  【警察署】  ヽ(~-~(・_・ )ゝ 連行します♪  ←こんなのとか。

6、この文字を、僕は一体何に使おうと思っていたんだろう。
  20代の頃の自分なんて、もはや他人なのだな。

  
Posted by tekigi1969 at 21:19 | Comments [3] | Trackbacks [0]

●桜オニギリを持って花見に行こう

1、天気予報は雨。でも、晴れてます。ここは横浜。
  満開前だけど、花見をしよう。

咲いてますがな.jpg

2、お招きしたのは
  以前よくネットラジオをやっていたN君とその奥さん。
  彼らは先週、入籍したばかり。ホヤホヤ。
  今日は4人で近所の公園にでも行こうと思います。

3、うちの奥さんは朝から準備でフル回転。
  重箱をどんどん詰めていってくれています。
  のほほんと花見ができるのは、そのおかげ。
  ツマミ食いはグッと我慢して手伝いをせねば。でも美味しそう。

4、桜オニギリも準備完了。(参考→「桜の花の塩漬け」)
  写真ではあんまり分からないかもしれないけど、
  桜の花びらの部分は薄くピンクになってて、良い香りがするんです。

桜の花びら入りオニギリ.jpg

5、早く食べたい。お昼ごはんが楽しみです。

  
Posted by tekigi1969 at 11:59 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年04月02日

●イチローと僕

1、「イチローを追いかける僕はもういない。イチローは僕の一部になっている」
  これはキャンプイン前のイチローの発言。(参考→ZAKZAKの記事
  すごいこと言いますね。オープン戦も大活躍。カッコ良すぎです。

2、「このままだと、いつか大失敗をしでかす気がするので、
   お酒はひかえめに飲むクセをつけようと思います」
  これは2月6日の僕の発言。(参考→適宜更新の過去記事
  ところが、昨日もまたタクシーで帰るハメになりました。
  しかも自宅のそばでコケて、ヒザを擦りむいた。カッコ悪すぎ。

3、比較しても仕方ないんだけど、
  イチローへの道は果てしなく険しいなぁと思いました。

4、ひとまず
  「4割の確率で終電を乗り過ごさない」
  というあたりからイチロー越えを目指します。

Posted by tekigi1969 at 18:16 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●「アホウドリの糞でできた国」韓国版が出ます

うれしいお知らせ。

アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語
の韓国語版が出ることが決まりました。

発売日等はまだ未定ですが、
手に入ったらここでも紹介しますね。

と、紹介してみたものの、
よほどのマニアな方でなければ、さすがに買わないでしょうね。

英語、中国語、イタリア語とかまで出せれば、
フルコンプを目指してもらえるかな。
がんばりまーす。

Posted by tekigi1969 at 12:18 | Comments [9] | Trackbacks [1]

2005年04月01日

●新年度初日のわたくし

1、エイプリルフール用のネタを考えていたら、疲れました
  挫折。やっぱり、いつものように書きます。

2、花屋さんにハーブやら野菜の苗が並び始めました。
  でも、うちの自家製ビニール袋苗はまだシシトウが発芽したのみ。
  やっぱり間に合わないのかな。
  ガスレンジの側に置けば少しは成長が早まるかもしれない。
  でもキッチンに苗並べたら、たぶん邪魔だ。
  PC横でがんばるんだぞ、種諸君。

3、今日はエイプリル・フール。
  ということは、僕が奥さんと籍を入れてちょうど3年です。
  あえてこの日を選んだ記憶があるのだけど、何でだっけかなぁ。
  
4、ネットにも4月1日ならではの記事が色々あるみたい。
  「日本インターネットエイプリル・フール協会」(BLOG別館は→こちら)にも、
  色んなウソ記事が集まっているようです。
  お時間のある方はどうぞ。

5、昨年12月末に出版した拙著「アホウドリの糞でできた国」。
  さっき数えてみたら、
  いつの間にか40以上の個人BLOG・サイトで取り上げてもらっていたようです。
  mixiのおすすめレビューも14件。感激です。
  全てをチェックできるわけではないので、
  この場を借りて改めてお礼をさせて下さい。ありがとうございます。

6、さらなるヒットを目指すため、今日は出版社さんと一緒に作戦会議をします。
  初めて出した本が実際はどうなっているのか知りたい。怖いけども。
  ともかく、少ない経験と知恵、絞ってこようと思います。

  
Posted by tekigi1969 at 10:59 | Comments [4] | Trackbacks [1]