2005年04月13日

●富山の薬売りの懸場帳

僕はクレジットカードで買物をするのが、いまだに苦手。
できればずっと持ちたくないなぁと思っております。

でもクレジットのシステムはおもしろい。
以前、日本のクレジットの歴史について記事を書いたことがあるので、
その一部(ずっと昔のクレジット)をご紹介。

1、江戸時代に伊予(現在の愛媛県)の商人が行っていた「碗舟」。
  彼らはまず九州で陶器を仕入れて、
  春の潮の流れを利用して中国・近畿地方に船で渡って商売をした。
  ところが、秋になると、風が変わる。
  だから今度は紀州で買っておいた漆器類を、九州に戻って売りさばく。
  この時に誕生したのが、「盆暮れ2回」の分割払い。

2、もうひとつの日本独自のクレジットシステムは、「富山の薬売り」。
  最初はお金を受け取らずに「置き薬」として各家庭に配布する。
  そうして1年ぐらいかけて全国を行脚し、
  再び戻ってくると、使った分を補充して、その金額のみを請求するという方法。
  これは「先用後利」と呼ばれる長期信用取引の一種。立派なクレジットです。

富山の薬商人がスゴイのは、
それぞれが懸場帳(かけばちょう)という顧客リストを持っていたこと。
このリストには全国各地の薬の需要、顧客の家族構成、健康状態などが記されていて、
地域のニーズに応じて商売をしていたようです。
エリアごとの情報交換も頻繁に行っていたのだとか。

近代に入るとこのデータの重要性にみんなが気づくようになって、
やがて懸場帳自体が取引の対象になっていったそうです。
これは完全に、現代のマーケティングビジネスと一緒。
まさに最先端。今で言えば、電通かな。

Posted by tekigi1969 at 2005年04月13日 09:24
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/350

コメント

 僕は「掛け売りお断り」が、いつから一般的になったのかに興味があります。「掛け売りお断り」がつまりはクレジット会社の誕生につながったわけですよね。リスクを一手に引き受けるという。

Posted by LSTY at 2005年04月14日 11:43

>LSTYさん
 確かに、順序としてはその通りですね。
 戦後まもなくはデパート等が掛売りをしていたようなので、
 その後に何かがあったのかもしれません。
 もしくは、
 百貨店等が個別に引き受けていたリスクを
 金融機関を通じて一手に引き受けるようになるまで、
 20年くらいかかったという筋道なのかも。
 はっきり答えられないので、おいおい調べておきます。
 

Posted by 適宜更新 at 2005年04月15日 09:14

私はプリペイドのデビットカードの給料日ローンを探しています

Posted by finance payday loans at 2013年11月08日 15:27

こんにちは!私の名前はシャオHanelと私はGraysvilleから、アメリカ出身。私は自動ポーンデルトに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにGaを自動ポーンについての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by car title loans at 2013年11月28日 10:30

こんにちは!私の名前はモーリーンカルヴァンと私はFordville 、アメリカ出身。私はCNA学校リンカーンネに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログへの長いCNAトレーニングニュージャージー州の私のブログからのリンクを配置します。

Posted by free cna classes at 2013年11月29日 15:49

こんにちは!私の名前はVertie Borretaと私はビッグベンド、アメリカ合衆国出身です。私はベクレルCNAコースに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにフロリダCNA認定についての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by cna class online at 2013年11月30日 10:12

Many years passed. Prince Valkovsky’s estate flourished. The relations between the owner of Vassilyevskoe and his steward continued without the slightest friction on either side, and did not extend beyond a purely business correspondence. Though the prince did not interfere with Nikolay Sergeyitch’s management, he sometimes gave him advice which astonished the latter by its extraordinary astuteness and practical ability. It was evident that he did not care to waste money, and was clever at getting it indeed. Five years after his visit to Vassilyevskoe the prince sent Nikolay Sergeyitch an authorization to purchase another splendid estate in the same province with a population of four hundred serfs. Nikolay Sergeyitch was delighted. The prince’s successes, the news of his advancement, his promotion, were as dear to his heart as if they had been those of his own brother. But his delight reached a climax when the prince on one occasion showed the extraordinary trust he put in him. This is how it happened. . . . But here I find it necessary to mention some details of the life of this Prince Valkovsky, who is in a way a leading figure in my story.
コーチ 財布 安い http://artcollection.in/coachbags1.php

Posted by コーチ 財布 安い at 2013年12月05日 12:17
コメントしてください




保存しますか?