2005年04月14日

●お世話になっている本屋さん

1、ついさっき、駅前の「青葉書店」さんにご挨拶をしてきました。

2、こんなような経緯(過去記事参照→こちら)があって、
  僕が初めて出した単行本「アホウドリの糞でできた国」を
  とても良い場所に並べて下さっている本屋さんなのです。
  ありがとうございます。
  さっき見てきた時には2冊ありました。知り合いへの贈呈用に1冊購入。
 
3、雑誌に掲載された書評をコピーしたPOPまで付けて下さっていました。
 「ご迷惑になっていませんか?」と聞いてみたら、
  大丈夫とのこと。
  良かった。ホッとしました。

5、驚いたのは、「BLOGも見ましたよ」と言われたこと。
  あわわ。
  ネットというのはどこでどなたが読んでいるのか分からないもんですね。
  もっと早くにお礼に参上するべきでした。すみません。

6、東急田園都市線藤が丘駅近辺在住の方へ
  青葉書店さんに行きましょう。ブックカバーがシックでカッコイイです。
  ついでに僕の本も買って下さったらなお嬉しいです。
  あと1冊だけど、もし足りなくなったら僕が届ける所存です。

7、聞いた話では、
  大阪の方にあるブックファーストのどこかの店舗さんでも
  ずいぶん大々的に並べてくださっているのだとか。
  棚差しになる前に、お礼に行かねば。

Posted by tekigi1969 at 2005年04月14日 19:17
コメント

 ちょっと遅くなりましたが、本日よりアスペクトONLINEで『アホウドリの糞でできた国』のPOPをダウンロードしていただけるようにしました。寄藤さんの素晴らしい作品を出来るだけ多くの人にと思い、ご用意しました。詳しくはこちらのURLからどうぞ。http://www.aspect.co.jp/bookstore/pop/index.html

Posted by 小関達哉 at 2005年04月14日 22:23

>棚差しになる前に、お礼に行かねば。

いつも思いますが、ふるさんはマメですよねぇ。
そのマメさを楽しんでるところが、ナマケンボウの僕にはとても魅力的です(笑)

きっと、ふるさんにはいろんな時間の色があるんでしょうねぇ。
僕は薄い半透明のブルー1色です・・・

Posted by hal at 2005年04月14日 23:50

以前、日記に「アホウドリの糞でできた国」の感想を載せて、古田さんからメッセージをいただいた朔といいます。
あんなへなちょこ日記にわざわざコメントくださって、ありがとうございました。

↑の5の『あわわ…』はまさにその時の私の状態でした。
ネットってすごいなぁ~。まさかご本人に見られるとはっっ。でした。

Posted by at 2005年04月15日 00:08

>小関さん
 ありがとうございます。
 BLOGの本文でも紹介させて頂きました。
 面白い利用法があったらいいですね。

>halさん
 マメなのかどうかは分かりませんけど、
 「仕事を頼みやすいキャラ」
 ではありたいと常々思っております。
 そうじゃないと生活が・・・ぬはは。

>朔さん
 その節はありがとうございました。
 嬉しかったので、ついついコメントしてしまったのですよ。
 「あわわ」仲間ということで、
 今後とも宜しくお願い致します。はい。

Posted by 適宜更新 at 2005年04月15日 09:21