2005年04月30日

●春の叙勲

春の叙勲受賞者発表、加賀乙彦さんら4057人」(サンスポの記事)

最近読んだ本によると、
毎年春・秋に行われる「叙勲」は文化勲章とは違って、
あまりお金的なメリットはないのだそうです。
(ちなみに文化勲章は、恩給と文化勲章年金というのが出る)

ではなにがあるのかといえば、
死んだときに「位」がつく。
「従三位」「正四位」とかそういうアレです。

「一位」は天皇皇后両陛下、
「二位」は皇族の方々なので、
それ以外の人は三位から。
勲〇等の、〇プラス2が「位」になるのが目安らしく、
だから勲一等で「正」か「従」の三位になる。

ちなみに、法律遵守は大前提。
過去3年間に一度でも駐車違反を犯していたらNGだそうです。
自分が経営している会社が事故を起こしていてもダメ。

狙っている方は今のうちから身辺をきれいにしておいた方が良さそうですね。

ネタ元はこちらの本です。




Posted by tekigi1969 at 2005年04月30日 18:51
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/384

コメント

そうなんです。
父が亡くなったときに、生前の仕事の関係で
「位」と「勲章」をいただいたのですが、
お金はいただけませんでした。(いらないけど。)
しかも、どこから聞きつけるのか、「叙勲グッズ」の営業電話が
ジャカスカかかってきて、四十九日も終わらぬ身には、
結構こたえました。
褒めるなら、本人が生きてるうちにしてくれよ、
というのが、正直な家族の感想でした。

Posted by はるきち at 2005年05月01日 01:20

>はるきちさん
 なるほど、「叙勲グッズ」産業ってのが
 あるのかもしれないですね。
 めでたいものだから、みんな断らないし。
 でも亡くなられる前に知りたいですよね。うん。

Posted by 適宜更新 at 2005年05月01日 22:25

She faltered, broke off, and turned to me with a look of alarm, as though begging for help and support. The old man was irritated and was ready to take offence at anything; it was impossible to contradict him.
コーチ メンズ トート オークション http://kuroisi.com/coachbags2.php

Posted by コーチ メンズ トート オークション at 2013年12月04日 22:58

How vexed and grieved I was that I could not read it to them before from the manuscript, which was in the printer’s hands! Natasha positively cried with vexation, she quarrelled and reproached me with letting other people read it before she had. . . . But now at last we were sitting round the table. The old man assumed a particularly serious and critical expression. He wanted to judge it very, very strictly “to make sure for himself.” Anna Andreyevna, too, looked particularly solemn; I almost believe she had put on a new cap for the reading. She had long noticed that I looked with boundless love at her precious Natasha; that I was breathless and my eyes were dim when I addressed her, and that Natasha, too, looked at me as it were more kindly than before. Yes! At last the time had come, had come at the moment of success, of golden hopes and perfect happiness, all, all had come, at once. The old lady had noticed, too, that her husband had begun to praise me excessively, and seemed to look at his daughter and me in a peculiar way. . . . And all at once she took fright; after all, I was not a count, nor a lord, nor a reigning prince, nor even a privy councillor, young and handsome with an order on his breast. Anna Andreyevna did not stop halfway in her wishes.
コーチ ショルダーバッグ オークション http://artcollection.in/coachbags1.php

Posted by コーチ ショルダーバッグ オークション at 2013年12月05日 12:17
コメントしてください




保存しますか?