2005年05月31日

●ミニトマトの時間差攻撃

1、トマトはとても生育力が強い。
  放っておくと主枝と側枝の間から次々とわき芽が出てきます。
  脇からもちゃんと花は咲くし、実もつくんだけど、
  実の数が多いと1つ1つが小さくなる。
  葉ばかり繁ると全体の成長は悪くなる。

2、というわけで大きめのトマトの場合は主枝1本、
  ミニトマトならば2,3本を残すのがセオリー。
  うちは2本にしております。だからV字型。

3、そんな話をしていたら、ある人が
  「わき芽を摘んで、そのまま土の上に放置したらそこからも根が出てきた」
  と困った顔して言い出した。
  わお。それ、いいじゃん。いただき。

4、てなわけで、こんな風にしてみました。

5、摘み取ったわき芽をポットに挿して、育成開始。

わき芽育成中.jpg

6、ちゃんと根づいたら鉢に植え替えてみよう。
  上手く行けば、3つめのミニトマト株になります。
  プランターの苗が枯れかけた頃に
  こちらに実がついたら嬉しいなぁ。時間差攻撃で食べられるぞ。

Posted by tekigi1969 at 14:46 | Comments [5] | Trackbacks [1]

2005年05月30日

●じゃんけんのプロ

じゃんけん世界大会、NY予選では」(yahoo!ニュース)
(リンク切れの場合はTBSニュースi
 5月30日の記事、国際カテゴリーから観られると思います)

じゃんけんの世界大会。ホントにこんなものがあるんですね。
これはNY地区予選で、世界大会は秋にカナダで行われるそうです。

ただの偶然だろうと思うんだけど、
今回、6回勝ち抜いて優勝したのは、かつての世界チャンピオン。
やっぱり「強いヤツ」が勝ってるみたいです。
そのコメントによると
「ストレッチや筋肉トレーニング、相手の試合のビデオを見て研究して、
 戦略本を読」んだのが良かったのだとか。

戦略本!!そんなものがあるんですか!
広すぎるぜ、世界。ヒマ過ぎないか、アメリカの人。
でも、その本欲しいです。出しましょう、出版社さん。
翻訳はできませんが、リライト・構成なら喜んでやります。

この大会を主催しているのは世界じゃんけん協会(world RPS)。
公式サイトがありました。→こちら
戦略本と言うのは、ここが出している
「The Official Rock Paper Scissors Strategy Guide」のことかもしれません。
何が書いてあるんだろう。

プロ・アマインビテーショナルなんて表記があるところをみると
「じゃんけんのプロ」もいるんですね。

き、厳しい世界っぽいなぁ。

Posted by tekigi1969 at 22:17 | Comments [17] | Trackbacks [1]

●ジュンパ・ラヒリ「停電の夜に」

1、本日の原稿、了。
  夕ごはんの前に終わると気分がいいなぁ。

2、今さらなのかもしれないけれど、
  ジュンパ・ラヒリの「停電の夜に」を読んでいます。
  奥さんに勧められて手にとりました。これはいい。
  「傷つく」ということのオーソリティーって感じ。翻訳も好き。
  著者は、ロンドン生まれのベンガル人。アメリカ育ち。
  色んな立場から、場所で、考えに基づいて、
  それぞれ無意識のうちに傷ついたり、傷つけたり、思いやったりしています。



3、この短編集を読んでいて
  10代の頃に読んだフィッツジェラルドを思い出しました。
  奥さんはカーヴァーを連想したらしい。

4、でも、著者紹介を見たら、この人、女性なんですね。
  ちょっとびっくり。何となく男性だと思っていたのです。
  男もつらいけど、女もつらいのだなぁ。

5、これは矢野顕子「ラーメン食べたい」のサビ。
  この心境が分かるおじさんになりたいと思いつつ、
  早36歳になりました。道はまだまだ遠そう。

  
Posted by tekigi1969 at 19:13 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●近頃のわたくし

1、横浜は雨。
  今日は某エロ雑誌で書いている無署名連載の〆切です。

2、時間ギリギリに連絡がついたので
  昨日は両国国技館に行ってきました。
  こちらは相撲雑誌の仕事。
  支度部屋にてある関取にご挨拶。椿油のいい香りがしました。
  名刺をやり取りすることのない世界なので、
  こうやって「顔つなぎ」をするのが一番確実なのです。

3、三冊目の単行本企画が密かに進行中。
  売れやすくするため、あれこれ作戦を考えています。
  ちなみに今回はナウルとは関係のないものになりそう。
  スワジランドとかハットリバー王国なんかの本もいつかつくりたいなぁ。

4、友達が続々と出産したり、妊娠したり、結婚したり、離婚したりしている。
  めでたい。
  あ、離婚は違うのかしらん。

5、平日昼間に「遊ぼうよ」
  と声をかけられる人が減っていくのは残念だなぁ。

Posted by tekigi1969 at 09:08 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月29日

●まいったなぁ

1、シソが1株だけ何とか発芽。
  去年収穫した種の保管状態が悪かったのかなぁ。
  他は全滅みたい。まいった。
 
ようやくシソが出てきた.jpg

2、ホントは2株ぐらい欲しいんだけど、
  苗を買うのは「負け」っぽいので、もう少し待ってみます。
  そのうちどっかからひょっこり芽が出るかもしれないし。

3、今日お会いしようと思っていた人と連絡がつかない。
  以前教えていただいたケータイは不通。
  別の方に聞いた番号にかけたら、違う人につながった。
  「自宅の番号」と言われたところにかけても誰も出ない。
  メールにも返信がない。まいったなぁ。
  挨拶だけの予定だったので大丈夫だとは思うんだけども。

4、ケータイのなかった時代なら
  こんな事態は日常茶飯事だったはず。
  あの頃はどういう風に対処してたんだっけ。思い出せない。
  「不便→便利」って不可逆みたい。怖いなぁ。

Posted by tekigi1969 at 09:35 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月28日

●最近気づきました

1、「年をとるとカレー臭がする」
  わりと最近まで、ずっとそう信じていました。
  恥ずかしい。
  「加齢臭」だなんて字に書いてもらわなくちゃ分からないです。

2、岐阜県美濃加茂市の広報誌に
  「アホウドリの糞でできた国」の紹介が載っていたと聞きました。
  ここは僕の父親の出身地なのです。親戚大騒ぎ。
  どういう記事だったのかは分かりませんが、
  ちょっとした親戚孝行ができました。ありがとうございます。

3、今度サッカー日本代表が対戦するバーレーンでは
  ガソリン1リットルが約20円なのだそうです。

4、「エターナル・サンシャイン」。
  もう日本公開始まっていたんですね。
  純愛ラブストーリーはイマイチ苦手なんだけど、
  脚本がチャーリー・カウフマンなので観たいのです。
  「アダプテーション」 「ヒューマンネイチュア」 「マルコヴィッチの穴」
  のストーリーは本当にすごいですよ。
  5分後の展開がまるっきり予想できない。
  これはどうかな。

Posted by tekigi1969 at 23:29 | Comments [3] | Trackbacks [0]

●あざーす

1、明日、社会福祉大相撲というイベントがあるのですが、
  仕事のためにちょっと顔を出すことになりました。
  両国国技館です。

2、両国には亀戸餃子の支店があって、
  安くて美味しいここの餃子が僕は好きです。
  でも取材で出かけるのはいつも昼間だから
  「ビールに餃子」はちょっと早い。よって素通り。
  昼間っから飲んでも良いんだけど、何となく気が引ける。

3、そういえば日本相撲協会は現役力士の声をつかった
  「着ボイス」サービスをやっているそうです。
  例えば朝青龍ならば、
  (着信)「朝青龍から電話です」「非通知につっぱり」
  (メール)「朝青龍からメールです」「ちゃんこよりメール」
  (アラーム)「時間だ!稽古に遅れる」
  なんて声がダウンロードできるみたい。

4、僕はiモードユーザーじゃないから、最近まで知りませんでした。
  いいなぁ。
  できれば
  普天王の「あざーす」(ありがとうございます)が欲しいです。

5、ちなみに普天王関はBLOGをやっている模様。
  →こちらです「現役力士「普天王」どすこい大相撲日記

  
Posted by tekigi1969 at 17:53 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●南知多で見かけた建物

1、引越しを検討中なので空家があると視線が止まる。
  内海海岸のあたりは魅惑的な物件がたくさんありました。
  この家もずっと放置されているんだろうなぁ。

ラピュタ状態の家.jpg

2、でも、もしかしたら、誰か住んでいるのかもしれない。
  ワザとやっているのだとしたらすごいと思う。
  たぶん、違うんだろうけど。

3、内海から山海海岸へと歩いたら、古そうな木造の旅館がありました。
  十一家というらしい。(サイト発見→こちら
  師崎から移築した、昭和二年の建物。
  海辺でこれを維持するのは大変だったんじゃないでしょうか。
  「十一家弁当」ちょっと食べてみたかった。

4、近辺の空家は勝手に住んじゃっても大丈夫なんじゃないかという雰囲気でした。
  夏だけ使っているのかなぁ。うらやましいな。

たぶん空家.jpg

これも空いているみたい.jpg


Posted by tekigi1969 at 11:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月27日

●タコは干されてダシになる

1、旅行前にもらったメール。
 「〆切は来月初めでいいですよ」
  旅行中に同じ人から届いたメール。
 「原稿は今月中にお願いします」
  そして、さっきも来た。
 「5月30日までに送って下さい」
  徐々に早まっていく〆切。何が起こっているんだろう。恐ろしい。

2、それはさておき、今夜はタコ飯。
  南知多で干しタコを買ってきたのです。

豊浜漁港で買った干しタコ.jpg

3、タコもさておき、旅行中放置していたミニトマトは元気でした。

今日のミニトマト.jpg

4、毎日様子を観ている僕としては、
  三日間放っておいても平気なのは、何だか許せない気分。
  でも、結果的に美味しければ許します。
  タコもトマトも原稿も。

5、おっと、原稿は放っておいたらマズイのか。

    
Posted by tekigi1969 at 18:46 | Comments [4] | Trackbacks [0]

●ドカン土管ドカン

1、南知多→中部国際空港→常滑と巡ってきました。
  今回は両親とのぶらぶら旅行。
  2泊するとのんびりできていいですね。

2、ケータイからも写真をアップしたけど、
  日本の古六窯のひとつ、常滑の土管塀はカッコ良かったです。

常滑の土管塀.jpg

3、近付くとこんな風。
  街のインテリアというより、各家が勝手にやってしまった印象。
  土管と書くより「ドカン」の方がしっくり来る。
  ドカン土管ドカン土管ドカン。
  坂を登って角を曲がると、そこにもドカン。

近付くと.jpg

4、時々、ドカンじゃないものも混じっています。

ここでは茶碗までもが塀に.jpg

5、作家さんの作った器よりも、
  ドカンとレンガ、煙突ばっかり観ていた気がします。
  いつかドカン、買ってみたい。

Posted by tekigi1969 at 10:05 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年05月26日

●常滑の塀

このあたりの家は塀に土管やらツボを埋め込むんですね。流行った時期があったのかしらん
Posted by tekiteki at 15:46 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●常滑

常滑観光中。写真は登り窯の煙突です。こんな感じに十本並んでいました。
Posted by tekiteki at 15:42 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月25日

●天日の干物

漁港に干物が干してありました。うまそう。今日帰宅するなら買ったんだけどな
Posted by tekiteki at 17:13 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月24日

●海辺の戦利品

貝殻など。丸いのはタコノマクラだっけかな。
Posted by tekiteki at 22:13 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●南知多の夜

南知多町のホテルです。海に浮かぶ月がきれい。
Posted by tekiteki at 21:08 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月23日

●米朝、飛騨、知多、ペンギン

1、コメント欄の達人、LSTYさんの
 「「米朝会談」と聴くと、本気で一瞬、桂米朝師匠がらみかと思います。」
  というコメントを読んでから、
  ニュースのたびに変な想像をしてしまいます。

2、和服姿の米朝、吉朝、ざこば、米二といったすごい重鎮達がヒソヒソと。
  米朝事務所の公式サイト(→ここ)を見て、
  月亭可朝さんも米朝一門なのだと知りました。

3、米朝師匠とはまるっきり関係ありませんが、
  僕がアドバイザー(名前だけともいう)をやらせてもらっている
  岐阜県飛騨市の「飛騨アカデミー」2005年夏セミナーの
  受講生募集が始まったようです。(→こちら

4、普通の高校生に、最先端科学に触れてもらおうというこの企画。
  今年で2年目になります。
  今回は小柴教授の講義はありませんが、
  スーパーカミオカンデ・カムランド見学はやる予定だそうです。
  市が後援をして、地元の方々が手がけている事業なので、
  興味のある方は安心して検討してみて下さいませ。

5、明日から南知多に行きます。
  レジャー施設にも、温泉にも、南セントレアにも、それほど興味はありません。
  僕は、ただ、ウマイ魚がそばにいてくれればいい。
  貝もあればなお。プリン体強化週間でいこう。

6、知人が「ペンギンのいる居酒屋」に行ったらしい。
  うらやましい。
  トテトテ歩いていたら、酒も進むだろうなぁ。
  でも水槽に入っていたんだって。
  なーんだ。
  でも行きたい。

Posted by tekigi1969 at 19:22 | Comments [4] | Trackbacks [0]

●そこにイモがある安心感

探りイモ.jpg

「ホントにプランターでイモが育っているのか」
不安になった私は
原稿の〆切も忘れ、夢中で土を穿り返していた。

そしたら、OH!
ちゃんとあるある。イモがある。

まだ直径3センチほどだろう。
立派なジャガイモがそこには眠っていた。

安心した私は土を優しく上にかぶせ、
再び、原稿を書くため、キーボードの前へと戻ったのである。

              「私のベランダにはOH!イモがある」より抜粋

Posted by tekigi1969 at 15:35 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月22日

●大相撲五月場所

1、大相撲五月場所が終わりました。
  結びの一番で、栃東が負けたのは悔しかったなぁ。
  立会いで呼吸があわずに、気が抜けちゃったのでしょうか。
  朝青龍、憎らしいくらい強いんだもん。
  懸賞を持って悠々と帰る姿がサマになってきましたね。

2、番付、ぐっと下。序二段では鳥羽の山が6勝1敗。
  全勝でなかったのは残念だけど、
  1年以上全休していたのだから、
  復活第一歩としては十分でしょう。おつかれさま。幕内復帰期待してます。

3、新鋭・琴奨菊は10勝5敗で堂々の勝ち越し。
  彼が初めて幕内にあがったのは、今年の初場所。
  実はこの初日のとき、僕は福岡県柳川市の彼の実家にいたのです。

4、「息子(孫)の幕内初取組を見つめる一家とコタツを囲む」
  というのは初体験でした。
  結果は黒星。誰も何も言葉を発しません。
  でも本当に悔しがっているのは手にとるように分かりました。

5、幕内下位力士の一番にだって、これだけ必死で応援している人がいる。
  当たり前なんですけどね。でも再確認した気がしました。
  琴奨菊関の祖父は、
  彼が相撲部屋に入門した日から、
  欠かさず毎朝神社にお参りをしているそうです。

6、この場所は負け越して十両に降格。
  今回は二度目の幕内昇進だったわけです。
  本人はもちろん、家族もきっとホッとしていることでしょう。
  おめでとうございます。

Posted by tekigi1969 at 19:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●ローリエとミニトマト

ベランダのローリエの若葉が増えてきました。

ローリエの若葉.jpg

3年ぐらい前に苗で買ったモノです。
生のローリエは香りが強い気がします。
何もしなくても、毎年葉っぱをつける。
冬も枯れないから、ローリエを買う必要がなくなりました。

根切り虫にやられたときも、
根っこをさんざん齧られながらも生きていた。
強いっ。ベランダ最強伝説更新中。

ミニトマトの花ぞくぞく.jpg

ミニトマトの花も次々と咲き始めています。
これがみんな実になるはずなのだ。
想像するだけでうっとり。

「1パック198円で買ったとして、何個収穫できればプラスになるか」
なんてヤボなことは、
いや、もちろん、ちょっとは考えますけどね。

Posted by tekigi1969 at 13:25 | Comments [10] | Trackbacks [0]

2005年05月21日

●ハワイ経由でブルーノートを目指す

1、先日Tさんに頂いたハワイアンのmp3。
  聴いているうちに段々心地良くなってきました。
  ゆるいのってクセになるんだなぁ。

2、ジャズのCDもたくさん頂いているのだけど、
  こちらはピンと来るモノとイマイチ恥ずかしいモノとに分かれる感じ。
  ビル・エヴァンス、ルイ・アームストロングはすごく好き。

3、去年からハマっていたメキシコのスカの次は、
  ハワイにちょっと立ち寄ることになるのかも。
  NYへの道程はまだ遠いのか。

4、関係ないけど、今パンを焼いています。

5、うちでは発酵に電子レンジを使う。
  トースターボタンを何度か押すと「発酵」設定になる。
  うっかりすると発酵のつもりで生地を焼くことに。

6、実は、これを、さっきやっちゃいました。
  二次発酵のつもりで180度のオーブンに入れてしまった。
  すぐに気づいたから何とかなったんだけど、
  食パンは恐ろしく不恰好になってます。

7、よって写真はなし。
  味はこのあと確認します。あー、びっくりした。

Posted by tekigi1969 at 19:15 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●ナウルが台湾と国交回復(追加)

ナウル共和国が
再び台湾と国交を結んだニュース(→前回の記事)についての補足。
(「ナウルって何?」という方は「ナウル共和国カテゴリー
 または拙著「アホウドリの糞でできた国」をご参照下さい)

色々なニュース記事を総合すると、
2002年にナウルが台湾から中国へ乗り換えたのは、
アメリカGE社への借金返済のためだったようです。
この時中国政府は6000万米ドルの支援を申し出た。
当時の大統領レネ・ハリスはこれに乗ったようです。

中国としては「1つの中国」という大方針があるので、
台湾を「国家」だと認める国が少ない方がうれしい。
両者の利害が一致していたんですね。

ところが今回は
「1億3700万米ドルの経済支援をする」とも報じられていた中国を蹴って、
再び台湾と国交を回復しました。
金額は明らかではありませんが、
台湾はナウルに対し「教育、農業、漁業、観光、医療」等の分野で
支援をすることを明言しています。
たぶん、中国よりも良い条件なんでしょうね。
やるなぁ、スコッティ-大統領。

ちなみに台湾側のメリットなのですが、
これは国際機関への復帰のためだと思われます。
台湾は国連加盟を悲願にしています。

台湾は先日、WHO(世界保健機構)にオブザーバー加盟を申請しました。
これまで何度も拒否されているので、
今回はまず、
胡錦涛・中国国家主席と台湾の連戦・国民党主席が会談。
WHO加入を容認する発言を引き出したうえで、
ナウルやサントメ・プリンシペなどの国交のある国連加盟国を通じて
推薦してもらったのです。

結果は→こちら(朝日新聞の記事)

16日の一般委員会で
議事日程に入れることすら拒否されちゃいました。

加盟申請に協力したことで一応の約束は果たしたのだと思うけど、
援助のほうは大丈夫なのかなぁ。ちょっと心配です。

Posted by tekigi1969 at 10:49 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月20日

●Thanks Dosanko!

新発売のタバコ「ホープ・スーパーライト」

和物のタバコはあんまり好きじゃなかったんだけど、
これは結構気に入って、最近よく吸っています。

内箱パッケージの裏にイラストがあって
「雨」とか「くもりのち晴れ」
なんて書いてある。ちょっとかわいい。
何種類あるんだろう、と思っていたら
今日の箱には「Thanks Dosanko!」文字が。

ホープ・スーパーライトのなかの文字.jpg


なぜ、道産子?

ネットで検索してみたら、
どうやらこの銘柄は北海道限定発売だったみたい。
そこで好評だったから全国発売になった。
生まれ故郷への感謝の表明なのでしょうか。

ところで、
この文字とイラスト、
寄藤文平さんがデザインしたんじゃないだろうか。
違うのかな。似ている気がするんだけど。
機会があったら聞いてみよう。

Posted by tekigi1969 at 19:14 | Comments [8] | Trackbacks [0]

●映画化されたら

1、映画化されると本が売れる、らしい。
  「アホウドリの糞でできた国」には、
  残念ながら、まだそんな話はありません。
  来たら嬉しいけど、ムリでしょう。

2、実写でドラマ仕立てにするなら
  主人公は太っていなければいけない。
  石塚英彦さん、伊集院光さん、内山信二さん総出演。
  ヒロインも森三中・大島さんとかそんな感じになるのかな。
  あと、田口浩正さんは欠かせない。好きなんです。
  おっ、ちょっと見てみたいぞ。でもヒットはしないですね、きっと。

3、先日から映画の字幕翻訳についてちょっと調べています。
  依頼のあった原稿を書くため。
  字幕がこんなに普及している国って珍しいんですね。
  アメリカなんかは吹き替えが主流。

4、とはいえ、日本で公開される海外映画もそんなに数は多くない。
  需要が少ないのに、人気のある職業だからやりたい人はすごく多い。
  だからギャラはなかなか上がらない。
  単価が安いと、大物翻訳家でも数をこなす必要がある。
  そうすると、若手には仕事が回ってこない。うーむ。

5、若手の字幕翻訳家の方に率直なところを聞いてみたいなぁ。
  どなたかお知り合いでいませんか?

Posted by tekigi1969 at 10:19 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年05月19日

●日中ソ

日本ハム-中日の試合結果を報じるスポーツ記事を見たら
「日-中」とかいてありました。

なんだか
首脳会談というか戦争みたいだなぁと思ったのは
僕だけじゃないはず。

「日-ソ」だとさらにその感は増します。

あ、でも、
今の若い人は「ソ」で「ソ連」なんて連想しないのか。
10年以上前ですもんね、崩壊したの。

「ソ連」という文字を見て、
「んれん」なんて読んでしまう世代は
もう、すぐそこまで来ているのかもしれません。

その時がきたら
オオゲサに嘆いてみせるような
偏屈じいさんになっていたいな、とちょっとだけ思います。
「青いイナヅマってどの選手か分かるかい」
なんて若いファンにイジワルを言うのだ。
実はそんなに詳しくないんだけど、いつかやってみたいなぁ。

Posted by tekigi1969 at 17:15 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●ナウルの失業率

台湾との国交回復のニュース記事を読んでいて
「あれ?」と思ったことがあります。
(「ナウルって何?」という方は「ナウル共和国カテゴリー
 または拙著「アホウドリの糞でできた国」をご参照下さい)

ナウル共和国は公表されているデータが少なく
しかも発表している機関によって数値のバラツキが大きい。
例えば最新の人口についても
8000~13000ぐらいまでの幅があります。

そんななかで、
わりあい充実していて、報道などでも引用される頻度が高いのが
アメリカCIAが毎年発表する「THE WORLD FACTBOOK」。

05年度のナウルのデータも、4月に更新されたようです。
その数値に、異変が。
昨年発表されたナウルの失業率は0%(02年の調査らしい)でした。

ところが今年の数字は
「90%」!!(04年の調査と書いてあります)

わお。
2年間で0→90。
ウソみたいですが、ホントにそう書いてあります。

御存知のように、失業率というのは
「働きたいのに働くことができない」という割合のはずなのですが、
もともと働くことがほとんどなかったナウルの場合は
ちょっと事情が違うのではないか、と予想されます。
いきなり「仕事がない」と嘆いている彼らはちょっと想像しづらいですよね。

もしかすると
「国民は働くべきだ」という政府の意志を表明するために
無職の人を、みんな失業者に入れてしまったのかもしれません。
だとしたら、これはある意味「前進」だと考えることもできそうです。
それにしても、いきなりだなぁ。

なお、
CIAの統計では、
失業率が公表されている196カ国中、ナウルは最悪となっています。
(195位はリベリア、194位ジンバブエ、193位キリバス)


Posted by tekigi1969 at 09:51 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年05月18日

●食パンと伝染病、少年文芸

1、とあるホテルのレストランで
  おいしいパンを売っていると聞いたので買いに行きました。
  数が限られているみたいなのだけど、食パン何とか購入。
  そしたらホテルの支配人みたいな人が
  「うちは手作りなのであんまりたくさん作れないんですよ」
  とエクスキューズ。

2、そのひとことは余計だぜ、ホテルマンさん。
  町のパン屋の息子だった僕としては
  「パン屋ってのは、ほとんどみんな手作りなんだよ」
  と反論したくなっちゃいます。
  でもパンはおいしかったので、ま、いいや。

3、某法定伝染病で入院中の知人よりメール。
  「強制隔離入院」だから大変だろうなぁと思っていたら、
  実は別の法律もあって、
  飯、風呂、入院費、薬は全部無料になるのだとか。
  その点だけは極楽らしいです。

4、ただ、なかなか出られないとか色んな苦労もあるみたい。
  本人は元気そうなので、
  この機会に色々教えてもらおうと思っております。
  お見舞いって行けるのかな。どうなんだろう。

5、気になっていた本を買って来ました。
  「少年文芸 (Vol.01)」。
  谷川俊太郎さんの詩に西原理恵子さんがイラストつけてたり、
  田口犬男さんと吉田戦車さんのコラボがあったり、
  なかなかおもしろげな試みが満載です。
  まだパラパラ見ただけなのだけど、結構読みでがありそう。

  こういう作りは好き嫌いが分かれるのかなぁ。
  でも、ワクワクするような妖しい雑誌を最近あんまり見ていない気がするので、
  個人的にはとても応援しています。
  公式サイトは→こちら




Posted by tekigi1969 at 16:10 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●ジャガイモの地下組織

1、ジャガイモの花が咲きました。

 ジャガイモの花.jpg

2、悪巧みをしそうな雰囲気の色。
  こっそり根っこを太らせてくれているといいんだけど。
  とりあえず腐葉土と配合肥料を混ぜて、土を増やしておきました。
  地下組織の支援活動。

3、来週、私用で南知多へでかけます。
  南セントレア未遂の地。久しぶりなので楽しみ。
  来週〆切の仕事、前倒しでやっつけねば。

4、「南セントレア革命」をねらう地下組織はないのかな。
  ちょっとだけ期待。
  ジャガイモマークのTシャツを着ていて欲しいと思います。

Posted by tekigi1969 at 10:08 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月17日

●相撲、将棋、ノズルで直撃

1、ケガのため、幕内から序二段にまで落ちてしまった鳥羽の山。
  先月お会いした時には、
  ヒザはまだ万全ではなかった。(階段の昇り降りも辛そうだった)
  ところが、今場所再び強行出場中。
  本日までの結果は4勝1敗。がんばってください。

2、相撲の世界は根性が大きいけども、
  将棋はどうやら才能の占める割合が高いみたい。
  まだ小学生だった頃の渡辺明少年の将棋を見て
  「彼が10年後に羽生くんを倒すんだね」と語ったのは、
  確か中原誠・現将棋連盟会長だったと思う。

3、彼は今年、21歳にして竜王になりました。すげえ。
  渡辺さんもすごいけど、
  奨励会員の段階でそれを見抜く先輩の眼力に感動。
  ちょっと不思議な感じです。
  棋譜とか全然分からないながらも、プロ棋士の本を読むのが好きなのです。
  しかも弱いです。駒動かせる程度なのだ。

4、KINCHOの新しいCM。(水性コックローチ)
  輪島功一さんの横にいる人が誰なのか思い出せない。
  絶対に知ってるはずの顔なのに!

5、悔しいなぁと思いながらも検索したらありました。
  そうだ、そうだ。
  坂田明さんですね。
  ジャズ・サキソフォニスト兼ミジンコ研究家と書いてあります。

6、いつの間に、ミジンコ?

  
Posted by tekigi1969 at 18:52 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●本日のベランダ野菜

1、横浜、晴れ。
  二日続けて日が照るのは久しぶりだと思います。
  明日からはまた曇っちゃうらしいので、
  ベランダに出て、液肥やり。

ジャガイモのつぼみ.jpg

2、やっぱり太陽はすごい。
  ジャガイモのつぼみが一気に膨らみました。
  ほんのり紫。開くとどんな色になるんだろう。

3、ミニトマトもだいぶ大きくなった気がします。
  大玉のものと違って
  プランターでもたくさんできるのがうれしい。

5月17日のミニトマト.jpg

4、ゴーヤは気温が低かったせいか伸び悩み中。

5、種から育てているものはバラツキあり。
  シシトウは若干遅れながらも素焼きの鉢で2株成長中。
  シソは1つだけ発芽。
  バジルは未だ反応なし。(1つ芽が出たんだけど、枯れちゃいました)

6、5月後半、日照時間の長からんことを!

Posted by tekigi1969 at 13:48 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年05月16日

●虹をみました

1、昨日は昼から二度寝。
  そしたらバラバラッとすごい音がした。
  窓を開けると雹が降っていました。

2、おわーっと呆けて見ていたら10分ぐらいで終了。
  ベランダに落ちていた氷の塊に興奮。空には虹。
  寝ぼけたままカメラを持ち出して撮影。
  うっすら出ているの、分かりますか。

昨日の虹.JPG

   クリックすると大きい画像が出てきます。

3、虹が消えたあと、そのまま三度寝。
  気づいたら夜でした。
  出かける予定だった某集まりには行けず。ごめんなさい。
  でも、心地良い誕生日の一日でした。

Posted by tekigi1969 at 11:36 | Comments [8] | Trackbacks [0]

2005年05月15日

●ナウルが台湾と国交回復

昨日の夕方くらいからアクセスがちょっと増えています。
どうしたのかなぁ、と思っていたら、
どうやら、このニュースの影響みたい。

なんと、ナウル共和国が台湾との国交を回復したのです。

「なんと」と書いたのは、
今年3月にナウル共和国大統領Ludwig Scotty氏は
中華人民共和国を訪問して「中国と仲良くしたい」と発言、
反国家分裂法を支持するようなことまで言っていたから。
(→「二つの中国とナウル共和国」参照)

ナウルと台湾はもともと仲がよく、
1980年に国交を樹立。行き来も盛んでした。

ところが02年に中国がナウルに急接近。
経済的に危機的状況にあったナウルに対して
多額の援助を持ちかけたおかげもあって
ナウルは台湾と断交して中国と国交を結んだのです。
今年の春の発言はそんな流れの中で出てきたものでした。

そしたら今度はいきなり台湾についちゃったみたい。
うーん。
「援助金釣り上げ合戦でもあったんじゃないの」
なんて勘繰る声がまた聞こえてきそうです。

ラジオ台湾のニュースサイトの記事(→こちら)によれば
「スコッティ大統領は、かねてから中華民国との断交に反対の立場で、
 大統領就任後、関係回復に取り組んできた」
と書いてあります。

もしこれが本当ならば自然な流れなのかもしれないけど、
だとしたら3月の「中国はきっと統一する」なんて発言はなんだったんだろう。

どうしたいのかイマイチ僕には分かりません。
両方にイイ顔をしたつもりで、どっちからも嫌われたりしないといいなぁ。
とにかくこの決断が目先の損得ではなく、
長期的な目論見があってのことだと信じたいです。
ホント、大丈夫なのかな。

Posted by tekigi1969 at 21:51 | Comments [268] | Trackbacks [0]

●36歳になりました

今日36回目の誕生日をむかえました。

0時ちょうどに「おめでとう」と
青い部屋のNちゃんにビールをおごってもらって、
イベントに来てくれた人誰彼となく乾杯、
Hくんからは「大人の科学 ベルリナー式円盤蓄音機」、
Mさんからはジャズの名盤CD4枚、
SちゃんとYくんからはローソク立てたケーキをもらいました。

ありがとうございます。
ニコニコ飲みすぎて頭が痛いです。
ナウルの本を持ってきてくれた友達にサインなんかもしちゃいました。

36歳というと、
「高校卒業まで」と「卒業後」がちょうど同じになったわけなのだけど、
18歳までを2回やったり
したいとはあんまり思わないです。
30代が一番楽しい気がする。今のところだけど。

あ、でも、12歳までを3回やるのはいいかも。

夕方から、
5月15日生まれの人達の集まりがあるのだけど、
ちょっと出かけるのはムリっぽいなぁ。頭痛い。ごめんなさい。
とりあえず二度寝して体力回復に努めてみようと思います。


Posted by tekigi1969 at 12:33 | Comments [19] | Trackbacks [0]

2005年05月14日

●土曜日の夜

1、今夜はあちこちのクラブで
  友だちが参加するイベントが行われるようです。
  渋谷だけでも、ここ、とか、ここ、とか。
  自分のイベント行く前に、顔出せるようにせねば。

2、このBLOGのアクセスカウンターが
  すごい勢いでクルクル回っているみたい。
  どこかの大手サイトさんがリンクしてくださったのかな。
  事情はよく分かりませんが、ありがたや。なんまんなんまん。

3、ちなみに今までの最高は、
  1日で1万5000のユニークアクセスがあったとき。
  これは「R25」というフリーペーパーに
  ナウル共和国の記事が掲載された影響だったのだと思います。
  現在はだいたい毎日400~500くらい。
  1年前からずっと読んで下さっている方もおられるのでしょうか。
  ありがとうございます。

4、今夜僕が主催するイベントat青い部屋。(→参照記事
  拙著「アホウドリの糞でできた国」を持って来て下されば、
  お礼に、もれなくテキーラ一杯オゴります。


Posted by tekigi1969 at 18:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●イベント、香菜、JB、ミトン

1、今夜はイベントです。「FRAME HOUSE」。
  5月14日(土)深夜24時スタート。(15日(日)午前0時の意)
  場所は青い部屋。料金2000円(ドリンク付)。
  <タイムテーブル>
   0:00~0:50 ゆうすけくん
   0:50~1:50 安田くん
   1:50~2:50 タイチくん
   2:50~3:40 ちゃんマン
   3:40~4:20 はるぴょん
   4:20~close sunoちゃん
  たくさんの人に来て欲しいので、よろしくお願いしますです。

2、「料理用に売っているコリアンダーの種は発芽する」
  とある人に聞いたので、さっそく実行。
  コリアンダーってパクチー、香菜、シャンツァイですね。
  苦手な人も多いけど、僕はアレ大好きなのです。
  「種の殻をむいて、2つに割って水でふやかしてから植える」
  のだそうです。上手く行くかなぁ。

3、このあいだDVDで「アンダーカバーブラザー」を観ました。
  映画としてはどうしようもないくらいダメダメなんだけど、
  時々、無性に「好きだなぁ」と思わせるシーンがある。
  きっとごく一部の人に長く深く愛される作品。僕も好き。
  そういえば、その手の映画には
  なんでか必ずジェイムス・ブラウンが出ている気がする。気のせい?

4、あと、「ミトン」も観ちゃいました。
  ロシアの人形アニメ。チェブラーシカと同じカチャーノフ監督の短編。
  「きゅん」ってなります。これは、うん。
  手袋をなでる仕草がヤバイんです。泣いちゃいましたよ。くそう。




Posted by tekigi1969 at 12:08 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月13日

●今朝のしおり

調べものをしていたら、
適当なしおりが見当たらない。
手近にあったニボシを付箋代わりにはさんでみました。

ニボしおり.jpg

思いのほかかわいかったので記念にパチリ。

作業がおわってから
ポリポリ食べられるのがいいですね。

ダシもとれるし。


Posted by tekigi1969 at 13:52 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月12日

●引越しを考え始めました

そろそろ引越しをしようかな。

今住んでいるところはとても気に入っているのだけど、
犬が飼えない。
柴犬がいたらいいなぁと思うのです。
あと、一度くらいは都内に住んでみたいと思い始めました。

というわけで奥さんとぼんやりと話しつつ、
何となく出てきた条件はこんな感じ。

1、中央区、江東区、墨田区、台東区、文京区あたり。

2、犬が飼えること。

3、古い建物がいい。広ければ、僕よりも年上でも全然OKよ。

奥さんいわく、
東京R不動産」に出ていた
こんな物件(→こちら)が、
間取りというか雰囲気的には最高とのこと。
ちなみに、ここはすでに契約済みたい。
「改装可」OKで、確かにものすごく魅力的だなぁ。

こんな感じで
家賃10万前後の物件はないものですかね。
1年ぐらいかけてゆっくり探そうかなと思っているので、
何か情報やご提案などありましたら教えて頂ければ幸いです。


Posted by tekigi1969 at 18:50 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●ミニトマト、クロネコ、シャープペンシル

1、ベランダのミニトマトに実がつきました。

実がつきました.jpg

  去年までは
 「肥料をしぼって甘くせねば」と張り切りすぎて失敗したのです。
  今年は、遠慮することなく、液体肥料を追加。
  ここまでは順調そのものです。
  たくさん収穫できるといいなぁ。

2、「クロネコヤマトのブックサービス」さんが出している
  「こんげつの栞」という冊子のインタビューに答えました。
  「アホウドリの糞でできた国」について話しております。
  来月か再来月には出るのだと思います。
  もし機会がありましたら、ご笑覧くださいませ。

3、ちなみにこのインタビュー記事には、写真も載るかもしれないとのこと。
  うーむ。
  一年前に友だちカメラマンさんに撮ってもらったものを使おうか。
  売上に響かなきゃ良いけどなぁ。
  誰かカッコよく撮って下さい。ムリですか。そうですね。

4、あ、そうそう。
  NTTデータさんがやっている「先見日記」。
  5月から書き手が変わって、
  水曜日担当が赤瀬川原平さんになったそうです。

5、他の曜日も、ものすごくゴージャスなのだけど、
  シャープペンシルで原稿を書かれる赤瀬川さんの文章を
  毎週ネットで読めるというのは、なんだか不思議で、楽しみです。


Posted by tekigi1969 at 11:27 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月11日

●「天然」酵母って紛らわしい

1、「天然酵母」ってまぎらわしい言葉だと思う。

2、パン用酵母を英語で表現すればイースト。
  市販のドライイーストにせよ
  業務用のイーストにせよ
  「パンを発酵させるのに都合の良い微生物の優良株」
  を死なないように製品化したものなので、
  もともとは全て野生の菌です。だから天然。生き物だし。

3、ただ、パン屋でつかう生イーストは日持ちが悪い。
  だから家庭では
  賞味期限が長くて冷蔵庫でも保管できるドライタイプのものが使われる。
  乾燥・低温にすれば休眠状態になってくれる酵母ってことです。

4、だから、
  ドライイーストを「天然酵母」と呼んで全然差し支えないし、
  乾燥状態で長期間保存できる天然酵母を
  「ドライイースト」と称しても、たぶん問題ないと思います。

5、でも「天然」だとか書いてあると、
  ついつい誤解しちゃいますよ。
  確かにウソじゃないんだけど、イーストはみんな天然なのだ。
  僕は、つい先日までカン違いしていました。
  パン屋の息子なのに。

6、これは、
  「アンコ入りタイヤキ」と看板を出すのと似た感じなのかも。
  うっかりしていると
  その他のタイヤキ屋さんはみんなアンコ抜きだと思われちゃう。
  あ、いや、思わないか。
  でも、たこ焼きはたまにタコ抜きのやつありますよね。
  ん?話それてますか。

7、膨らみ方や保存方法に大差がなければ、
  その酵母に含まれている微生物の香り・風味が違うだけ。
  「天然」だとか「自然」だとかに惑わされずに、
  自分の好きな風味の出るヤツを見つければいいってことみたい。
  よっしゃ。
  安くて美味しいドライイーストを探す方向で行きまーす。


Posted by tekigi1969 at 16:01 | Comments [5] | Trackbacks [0]

●今週末は青い部屋でイベントです

1、去年からやっているイベント「FRAME HOUSE」。
  次回は5月14日(土)深夜24時から。
  (15日(日)の午前0時という意味ですよ。ちなみに僕の誕生日)
  場所は渋谷の青い部屋
  料金は2000円(ドリンク付)。
  事前にtekigi@hb.hiho.jpにメールいただければ、
  ゲスト割引(1000円)に致します。

2、テクノなタイチくん、スノボなちゃんマンくん、変態ロックなはるぴょん他がDJ参加。
  yasudaくん、sunoちゃん、ゆうすけくんも元気です。
  「踊ってもらうためにフロアのテーブル減らしましょう」案が出ていたり、
  なかなかみんな本気です。楽しみ。
  ターンテーブルとかは若い衆に任せて、僕は飲むぜ。
  ぼやぼやさせていただくぜ。

3、てなわけで、
  みなさんどうぞ気軽に遊びに来てください。
  「はじめまして」のあいさつ代わりに、テキーラ一杯おごります。
  ナウルの今後について語るのもヤブサカではありません。


  
Posted by tekigi1969 at 10:39 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月10日

●パンを焼きながら仕事をする

1、さっきから雨が降っています。
  横浜の降水確率はゼロ%。
  夕立でしょうか。

2、今日は原稿の〆切。
  でもパンも焼きたい。そんな午前。
  発酵のあいまにキーボードをたたいて、
  記事の段落が変わるとパンを練る。
  てな感じでお昼になりました。

3、午後1時。パン焼ける。

ライ麦入りレーズンパン黒ビール風味.jpg

  昨日余らせておいた黒ビールをつかった
  ライ麦入りレーズンパンです。
  見かけは悪いが、味はなかなか。ずっしり重い。大満足。

4、午後3時。原稿できる。
  メールで送信。
  買物にでも出かけようと話していたら、
  いきなりの雨。

5、というわけでBLOG更新中。
  書いているうちに、雨はやんだ模様。
  今、気付いたのだけど、
  今日はずっとエプロンをつけたままでした。
  着替えねば。

  
Posted by tekigi1969 at 15:50 | Comments [8] | Trackbacks [0]

2005年05月09日

●僕の「ゴクゴクの日」はこれ

「5月9日はゴクゴクの日!」(詳しくは→こちらを参照下さい)
というわけで、
本日午後4時、僕はこんなモノをゴクゴクしました。

カフェオレじゃないよビールだよ.jpg

エビスの黒。
350mlの缶をさっき買ってきて、
奥さんと100mlずつ分けてごくごく。
残りはタッパーにいれて常温保存しました。

どうしてそんなみみっちいことをしているのかと言いますと、
明日、この黒ビールでライ麦パンを焼くつもりだから。

ようするに、
今日のゴクゴクは、
実はパン焼き材料をつくるためだったのであります。

とはいえ、昼間のビールはまた格別。
ほんのちょっとで済ますのがミソですね。
さて一服も済んだので、仕事に戻ります。


Posted by tekigi1969 at 16:31 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●気になるニュース2つ

1、HIS再結成。(→ヤフーの記事「伝説ユニット「HIS」14年ぶり復活」)
  メンバーは坂本冬美、忌野清志郎、細野晴臣で変わらず。
  佐野史郎が口上で参加しているとのこと。聴きたいなぁ。
  NHKラジオつけっぱなしにしていれば流れるかな。

2、鳥羽の山、五月場所出場中。(「とわのやま」と読みます)
  平成十四年三月場所で幕内力士になったときには、
  体重215キロで、日本人最重量幕内力士として話題になりました。
  その後ヒザをケガして、1年間はずっと出ず、現在の番付は何と序二段。
  先月インタビューをしたのです。(現在発売中の「大相撲」に載ってます)

3、いくら実力は幕内でも、
  番付が十両以下に落ちてしまえば、
  相撲界では一人前とは認めてもらえません。
  その中で1年間じっとガマンするのは相当つらかったはず。
  「焦って出てしまった」という先場所。
  土俵に上がる階段の昇り降りすら難しかったそうです。

4、ケガはまだ完全には治っていないように見えましたが、
  今場所も彼は登場しました。
  「強行」なのかもしれませんが、
  出場を決めたのならば、頑張って欲しいと思います。
  とりあえず初日は白星。よっしゃっ。


Posted by tekigi1969 at 11:14 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年05月08日

●コツラふらふら

1、園芸店で変な植物を見つけました。
  奥さん即購入。コツラというそうです。

わやーっと咲くコツラ.jpg

2、鉢を持って揺らすと、マヌケな感じでゆらーっとたなびく。
  南アフリカ原産のクセに、夏の暑さに弱いらしい。
  でも日当たりのよい場所を好む。冬には強い。
  見かけだけじゃなくて、生態も不思議。枯らさないようにがんばります。

3、ちょっと前になるのだけど、
  とあるカメラマンさんの誕生日会に出かけて、
  普段はなかなか会うチャンスのないような方々とお会いしました。

4、「何だかニコニコしている人がいるなぁ」
  と思いつつ、話をしていたのが、増谷さんという人。
  あとでメールをもらったのですが、
  実はタイ津波ボランティアなどで活躍なさっている人でした。
  サイトは→こちら
  BLOGで「アホウドリの糞でできた国」も御紹介して下さって感謝感激。
  今度お会いしたら、たくさん話を聞かせてもらおう。

5、色んな職業、世代、立場の方とお会いできるのは嬉しい限り。
  一期一会で終わったらもったいないオバケが出ちゃいます。
  「またの機会」をきちんと作らねば。
  名刺ばかり増えたって、意味ないですもんね。


Posted by tekigi1969 at 19:10 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●触れ太鼓

1、今日から大相撲五月場所です。
  土曜日は、興行開始を告げる「触れ太鼓」が各部屋を回っていました。

触れ太鼓.jpg

2、昨日は老舗づくしの一日。
  相撲部屋→帝国ホテル→そば屋→バー
  居心地の良いお店を教えてもらえるのは幸せ。
  気負うことなくこういうお店を使いこなせる大人にならねば。

3、両国駅前のマクドナルドでは、
  「その日、白星だった力士には、お好きなセットメニュー進呈」
  というサービスをやっているようです。
  足りるのかな。
  どうせなら山盛りあげちゃったらいいのに。見物客増えると思う。

4、そば処「よし田」さん。
  色々美味しいのだけど、ゴマ汁がとくにうまかった。
  練りゴマにしては妙に爽やかでなんだか不思議なタレ。
  マヨネーズっぽい風味もあった気がする。
  何だろうと帰宅後奥さんに聞いてみたら
 「練りゴマに黄身酢を加えてあるのかも」とのこと。どうなんだろう。
  アレはクセになりそう。自宅で再現できないものかなぁ。


  
Posted by tekigi1969 at 10:14 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月07日

●まだ出先です

ただいま東京メトロ銀座線車中。 更新する間がないのでとりあえずケータイからおわび投稿。
Posted by tekiteki at 23:03 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月06日

●さようなら、ゴールデンなウィーク

1、マイGWは今日をもって一応終了。
  明日は朝イチで、相撲雑誌の取材に出かけます。
  午後は某インペリアルなホテルに移動してお仕事。
  念のため、スーツを着ていく予定です。
  ネクタイなんてほとんど締めない生活なので、
  一気に仕事モードになれそう。

2、でもって、次回イベントは5月14日(土)深夜24時からです。
  (実質的には15日(日)の午前0時スタートという意味です)
  場所はいつものように青い部屋
  料金は2000円(ドリンク付)。
  テクノなモテ男、タイチくんが急遽DJをやってくれることになりました。

3、なお、僕は今回、ホストに徹します。
  何か(テキーラならおごります)飲みながらお話しましょう。
  初めて来る人、大歓迎。遊んでやって下さい。
  tekigi@hb.hiho.jpにメールいただければ、ゲスト割引応じます。

4、ちなみに5月15日は僕の誕生日。
  いよいよ36歳になりますよ。

5、30歳を過ぎてから、
  どこかで「僕」を卒業しようと思っているのだけど、
  なかなかタイミングがつかめない。
  「わし」「小生」なんて、夢のまた夢だなぁ。


Posted by tekigi1969 at 18:01 | Comments [4] | Trackbacks [0]

●食パンの匂い

食パン.jpg

1、食パン焼いてみました。
  まずまずうまく出来たつもり。
  特別な器具がなくても何とかなるものですね。
  100円ショップで買った型で十分。

2、でも味だけは、やっぱりドライイーストだと物足りない。
  業務用のイースト菌か天然酵母で再挑戦してみます。
  今さらながら、パンも菌の威力が大きいんだなと思いました。

3、実家がパン屋だった僕は、
  学生服に小麦粉がつくのを結構気にして、いつもはらっていた。
  でも、あの匂いは、イーストの匂いだったのかもしれない。

4、体操服を忘れて友人に借りて、洗って返した。
  「パンの匂いがする」
  と言われました。
  その友達の自宅は病院で、
  彼に貸した体操服は、消毒液の匂い付きで戻ってきた。

5、ライターとして暮らしている僕の服からは
  今、どんな「家の匂い」がしているのかなぁ。


  
Posted by tekigi1969 at 09:50 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月05日

●クロテッドクリーム

<お知らせ>
  N君が朝からネットラジオをやっているようです。
  メディアプレーヤーお持ちの方は、
  こちらをクリックすれば聴けるはず。
  上手く行かない場合は、直接、mms://219.178.58.55:8080/を開いて下さい。
  夕方くらいまでやる予定だとか。

1、1年くらい前から毎朝スコーンを食べています。
  週に一度奥さんがまとめてつくってくれて、
  ある程度生焼けの状態で冷凍庫に保存。
  起きたらトースターでチンすれば、焼きたてが食べられるのです。

2、イギリスではスコーンに「クロテッド」というのモノを塗るらしい。
  生クリームを煮詰めてつくるクリームなのだとか。
  中沢というメーカーさんが出しているのを見つけたので、
  買ってみました。

  《中沢乳業》クロテッドクリーム【130g】
  《中沢乳業》クロテッドクリーム【130g】

3、これがですね、すんごいうまいっ。
  クロテッドそのものを舐めてもそんなに美味しくないんだけど、
  スコーンに乗せると奇跡のように激ウマなのです。びっくり。
  やるじゃん、イギリスの方々。

4、すっかりハマリそうなんだけど、
  「あんまり日持ちしない」
  「結構高い(130gで400円ぐらい)」
  「たぶん食べまくると脂肪分のとりすぎになる」
  てな感じがするので、
  「お客さんが来た時だけのお楽しみ」という位置付けにするつもり。

5、スコーン好きの方は、一度試してみる価値はあると思いますよ。


Posted by tekigi1969 at 11:31 | Comments [3] | Trackbacks [0]

●GWも半分を過ぎました

1、ボタンヌのママさんの告別式は昨日行われたそうです。
  僕は行くことができませんでした。
  自宅で、式の時刻に手を合わせました。
  こちらの記事(→「ボタンヌ」)のコメント欄に
  当日出席された方が、その様子を記して下さっています。
  コメントいただき、ありがとうございます。
  御興味のある方は読んでみて下さい。

2、DVDを借りて
  「過去のない男」を観ました。
  カウリスマキ映画のなかでは、一番ストーリーが分かりやすい気がします。
  でもやっぱり、アキ・カウリスマキはアキ・カウリスマキ。皮肉屋は止まらない。
  彼はまだ40代なんですね。
  「レニングラードカウボーイズ」1作目の頃は
  まだ30代だったと知って今さらながら驚きました。まだまだたくさん撮って欲しい。



3、今朝は外で、ウグイスがしきりに鳴いている。
  時期はずれのようだけど、
  近所のウグイスは、夏でもわりとホーホケキョというのです。
  気の早いセミとホケキョの合唱。今年も聞けるかな。


Posted by tekigi1969 at 09:52 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2005年05月04日

●ターマゴ、ターマゴ2

タマゴ写真、何だか気に入ってしまいました。
他のものも何点かアップします。

ターマゴ.jpg

何だか速そうに見えるのが不思議でうれしい。

タマゴエクスプレス.jpg

タマゴン.jpg

もしかしたら、この高揚感は
ある種の「テクノ魂」なのかもしれない。
さっき届いた義兄からのメールで気づきました。

タマタマーゴ.jpg


Posted by tekigi1969 at 14:56 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年05月03日

●ターマゴ、ターマゴ

これ、何だか分かりますか。

未来建築風.jpg

そうです。
タマゴです。

タマゴなんです.jpg

来客さんへのお土産を兼ねて、
近所の養鶏場で2キロ購入。
せっかくなので、並べてみました。

上から見た図。

上から.jpg

こんな調子でずらずらっと。

こうやって並べました.jpg

なかなか壮観。

ずらずらーっと.jpg

遊んでいる間に2つほど割れそうになったので、
慌てて目玉焼きにしてみんなで食べました。
さすが産みたて。美味しかったです。


Posted by tekigi1969 at 22:36 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月02日

●ハワイアンのリズムに乗って来客万来

1、Tさんからお勧めのハワイアン曲を送ってもらいました。
  ボサノバっぽいものから、ネオアコみたいなものまで、
  ホントに幅が広い。
  でも、どれも確かにハワイアンなのだ。
  ただいま、聴きこんでおります。

2、今日は奥さんの友達がやってくる。
  「水餃子にしよう」と決定。
  来客用の布団も干した。あとは僕が皮を練る。
  そしたら、先日BLOGに書いた「放浪の人」H君からも連絡あり。
  どちらも「友達を一緒に連れていくかも」とのこと。
  ってことは、最大で4名か。

3、急遽、タケノコご飯を炊くことにしました。
  幸いなことに、今朝届いていたのです。
  昨日掘ったばかりのモノらしい。
  これでどうだっ。
  って、奮闘してくれているのは奥さんなんだけど。

4、僕はボヤボヤとお酒の心配。
  足りるかな。
  追加しておきたいけど、飲み過ぎそうでヤバイ。

5、ただいまのBGMはこれ↓




Posted by tekigi1969 at 16:29 | Comments [2] | Trackbacks [0]

●しっかりつかんで放さない

しっか、と絡まる.jpg

1、ゴーヤの苗が伸びて、
  つるが絡まり始めました。

2、いよいよですね。
  いよいよですよ。
  しっかり麻ひもをつかんで、大きな実を支えてください。

3、このあいだ、もうすぐ4歳になる甥っ子と手をつなぎました。
  こっちが手を緩めると、
  不安になるのか、彼は、しっかりと握り直してくる。
  あれって、ものすごくときめきますね。


Posted by tekigi1969 at 11:00 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年05月01日

●モーグがまだムーグだった頃

電子音楽 In The 〔Lost〕 World
ヒマさえあれば、適当なページを開いて、読んでいます。
この本は飽きません。

例えば、ドイツの音響学者オスカー・サラの
トラウトニウム(ネオン管を使った初期の電子楽器)だとか、
ピエール・アンリ、カールハイツ・シュトックハウゼンなんて
「名前だけは知っている」電子音楽界の偉人たちのアルバムレビューを読んでいると、
猛烈にあの、ピーという発信音が聴きたくなってきます。

思えば69年生れの僕は、
ミッキー吉野さんが日本のテレビ、映画における電子音楽の先駆者の一人である
なんてことは知らないままにゴダイゴのドーナツ盤を聴いていた。
YMOを経由してYENレーベルがはじまった中学時代には、
無理矢理買ってもらったPOLY-800とシーケンサーを前に
「曲ってどうやって作るんだろう」と
ようやく気づいて、途方に暮れたりしていたのでした。

あの頃はまだmoogを「ムーグ」と読む人が多くて、
「モーグ博士が作ったんだから、本当はモーグ」
なんてウンチクを知ったときには興奮したものです。
最近はみんな「モーグ」になったんですね。

ピーという、あの無機質な発信音を聴いて
「なんだか気持ち良いじゃん」
と最初に気づいた人は本当にエライ。
僕がダイナマイトを発明したら、ノーベル賞を差し上げたい。

関係ないけど、
「8 1/2」(久保田真吾、上野耕路などがいたバンド)から発展した
2つのバンド「ハルメンズ」と「プライス」。
その「プライス」のメンバー宮田繁男が仲間と始めた多重録音の勉強会が
「ピチカートV」の原型になったという経緯は、この本で、初めて知りました。
サウンドールやポップインズを読んでいた高校時代のような気分。

膨大な歴史を一冊にまとめてくださった田中雄二さんに感謝。
でも、聴きたくなってしまう作品がたくさんありすぎて、
どれから聴こうか正直、迷ってます。また途方に暮れそう。

「電子音楽 In The 〔Lost〕 World」の詳細紹介ページ(アスペクト)は→こちら


Posted by tekigi1969 at 22:17 | Comments [6] | Trackbacks [1]

●口に出して言われない言葉

さっきから「ゆらゆら帝国」聴いてます。

大きな事故、事件、災害などが起こったとき、
テレビに登場する人はあまり「死」という単語を発しない気がします。
亡くなった、とか、被害者という言い方をすることが多い。
とくに犠牲になった人の家族や親しい人は
「ああいうことになって」「ひどいこと」といった抽象的な表現になる。

たぶん、遠ざけておきたいモノ、受け入れたくないモノを
直接的に表す単語は無意識のうちに避けるのでしょうね。

でもこれが「文字」という書き言葉になると、
とたんに「死者〇人」「死亡」という単語が普通に使われる。
テレビでも、アナウンサーが「犠牲者」と読み上げる一方で、
画面に現れるテロップの文字は「死亡」になっていたりする。

「口に出す」ことと「文字にすること」の心理的な意味合いは
やっぱり違うものなのだなぁ、と改めて思いました。

山田風太郎「戦中派不戦日記」を読んでいたら、
柳家三亀松が「かの憎むべきB公が」と語るシーンが出てきました。

当時、関東に度々来襲していたB29のこと。
山田風太郎さんの周囲では
「ポー助」
「プーちゃん」
なんて呼び方もあった。

こういう言い換えは日本人特有のものではないみたい。
もっと書けば、被害者だけでなく、加害者も同じことをするようです。

戦争における『人殺し』の心理学」(デーヴ・グロスマン 安原和見訳)
という本によると、
現場の米軍兵士は「殺す」という言葉を使っていない。

敵であるクラウト(ドイツ兵)、ディンク(ベトナム兵)、スラント(東洋人)などに
ピース(武器)を使ってラウンド(弾)をぶちこみ、
「倒し」たり、「やっつけ」たりして、
「粉砕」するのだそうです。

「言葉を発しない」ことで、
表現されている何かというのは、なかなか重い気がします。

聴いているアルバムはこちら。久しぶりに聴いたけど、いいです。




Posted by tekigi1969 at 14:16 | Comments [0] | Trackbacks [0]