2005年05月22日

●大相撲五月場所

1、大相撲五月場所が終わりました。
  結びの一番で、栃東が負けたのは悔しかったなぁ。
  立会いで呼吸があわずに、気が抜けちゃったのでしょうか。
  朝青龍、憎らしいくらい強いんだもん。
  懸賞を持って悠々と帰る姿がサマになってきましたね。

2、番付、ぐっと下。序二段では鳥羽の山が6勝1敗。
  全勝でなかったのは残念だけど、
  1年以上全休していたのだから、
  復活第一歩としては十分でしょう。おつかれさま。幕内復帰期待してます。

3、新鋭・琴奨菊は10勝5敗で堂々の勝ち越し。
  彼が初めて幕内にあがったのは、今年の初場所。
  実はこの初日のとき、僕は福岡県柳川市の彼の実家にいたのです。

4、「息子(孫)の幕内初取組を見つめる一家とコタツを囲む」
  というのは初体験でした。
  結果は黒星。誰も何も言葉を発しません。
  でも本当に悔しがっているのは手にとるように分かりました。

5、幕内下位力士の一番にだって、これだけ必死で応援している人がいる。
  当たり前なんですけどね。でも再確認した気がしました。
  琴奨菊関の祖父は、
  彼が相撲部屋に入門した日から、
  欠かさず毎朝神社にお参りをしているそうです。

6、この場所は負け越して十両に降格。
  今回は二度目の幕内昇進だったわけです。
  本人はもちろん、家族もきっとホッとしていることでしょう。
  おめでとうございます。

Posted by tekigi1969 at 2005年05月22日 19:12
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/422

コメント
コメントしてください




保存しますか?