2005年06月23日

●浅草中南米

1、「オレ、今、浅草でサルサ習ってるんだよ」
  ソトコトバーで久しぶりに会った知人の発言。

2、そういえば別の女の子も
  その辺りでスティールパンを習っていたはず。
  8月に江ノ島で演奏するんだって。

3、思い出した。
  カポエイラの団体を主宰している友だちも
  浅草のサンバカーニバルに
  呼ばれたりすると言っていた。

4、浅草と中南米って親和性が高いのでしょうか。
  イマイチよく分からないのだけど、
  夏はもう、すぐなのは確かなのだと思います。
  台東区の暑い風が横浜にやってくる。

5、てなわけで、
  今日はエロ本用の原稿書きながら
  ハワイアンを聞いてますの。

6、はっ。
  ハワイってば、中南米じゃないじゃない。

Posted by tekigi1969 at 2005年06月23日 16:20
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/487

トラックバック

» 『祝祭と暴力 〜スティールパンとカーニヴァルの文化政治〜』 from スティールパン・ブログ
祝祭と暴力 ―スティールパンとカーニヴァルの文化政治― 冨田 晃(著)カリブ海のトリニダード島で生まれた国民文化を紹介するとともに... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月23日 17:56
コメント

 スティールパンって、実は作るの大変らしいですね。最近、画期的な新技術が開発された、という記事を読んだような、、、

 スティールつながりで、ハワイアンと言えばスティールギターですが、あの音は低いレイトでサンプリングすると、かなり魅力的なロウファイ・サウンドになります。

Posted by LSTY at 2005年06月23日 16:51

おとといはどうも。キャンドルナイト楽しかったです。
今や、トリニダードではスチールパン用にドラム缶を作っているようです。
私はというと、只今、かなり切羽詰まって8月に向けて猛特訓中です。
ライブの詳細が決まったらまたお知らせします。

Posted by みえこ at 2005年06月23日 22:45

>LSTYさん
 画期的な新技術ってのは初耳です。
 廃物利用のスティールパンは
 大量生産は難しそうだけど、
 その辺をクリアする方法ができたのかな。
 ハワイアンのチューニングは
 きっちり合わせちゃうとダメらしいですね。
 心地良いズレを理解するのは難しそうです。

>みえこちゃん
 どもども、その節はありがとでした。
 スティールパン用のドラム缶!!
 最初からベコベコにするために
 ドラム缶をきれいに作っているのかぁ。
 なかなか味わい深い作業になりそうだねぇ。
 ライブの詳細、待ってますね。

Posted by 適宜更新 at 2005年06月25日 19:21
コメントしてください




保存しますか?