2005年07月11日

●歩きながら食べる罪悪感

歩きながらモノを食べるのが好きで
行儀悪いかなと思いながらも
ときどき、ついついやってしまう。

そういうとき、無意識に上空を見まわすクセがある。

小学生だったころに、
近所にとてもきれいな女の子がいて
バラなんかがからまっちゃうような洋風の家に住んでいた。
3階の窓から、ピアノの音まで漏れてきたりする。

僕は、お好み焼きを食いながらその家の前を歩いていた。
友達も一緒。
スーパーの前で売っている
銀紙にくるまれたタマゴもやきそばも入っていないやつ。

何気なく顔をあげたら、
女の子がいた。3階から見下ろしていた。

友だちに教えようかと思ったけど、できなかった。
その子が怒っているような顔をしていたから。
理由は分かんなかった。今でも分からない。
ただ何となく、
僕らがお好み焼きを食べながら歩いていたことで、
ひどく傷ついているように見えた。

そういうことってあるのかもしれないなぁとだけ思った。

それから
外でモノを食べると、ふとそのことを思い出す。
マンションやビルを見上げてみるけど、
とりあえず誰も怒っていないようでホッとする。

Posted by tekigi1969 at 2005年07月11日 17:47
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/518

コメント
コメントしてください




保存しますか?