2005年08月19日

●8月19日のあれやこれや

1、さっき書いた来客予定がキャンセルに。
  ちょっと寂しい。誰か呼んじゃおうかな。

2、こないだ「種なしスイカの種」というのを見た。
  そりゃ種はあるんだろうけど、やっぱり解せない。
  ユリ・ゲラーが「実はね」と
  突然トリックを明かし始めたような気持ちになりました。

3、小沢健二さんが小説を書くそうですね。
  口承文芸学者である、父・小澤俊夫さんが手がけている雑誌
 「子どもと昔話」で次号から掲載されると聞きました。
  読んでみたいなぁ。
  (「ミュージックマシーン」8月16日の記事によれば、
   発売は10月20日だそうです)

4、今、読んでみたい本。
  「色のない島へ―脳神経科医のミクロネシア探訪記
  12人に1人が先天性全色盲というピンゲラップ島にまつわるエッセイ。
  通常の色覚の人ではパターンが認識できない編物があるのだとか。
  うーん。おもしろそう。

色のない島へ
色のない島へ
posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.19
オリヴァー・サックス著 / 大庭 紀雄監訳 / 春日井 晶子訳
早川書房 (1999.5)
通常2??3日以内に発送します。


5、買おうかなと思いつつ迷っているCD。
  「Thunder,Lightning,strike」The Go! Team
  なんとなくbis(イギリスのバンドの方)に似た雰囲気。
  どうなのかなぁ。
  とりあえずPV(→ここで観られます)はいい感じ。
  もう少し悩んでからにします。

6、そういえばbisって今、どうしているんだろう。
  種なしスイカもあんまり売ってないですね。

Posted by tekigi1969 at 2005年08月19日 16:40
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/572

コメント

はいはいはーい!
遊びに行きたいでーす!(笑)

いつか行くぞー!
呼ばれてないけど(笑)

Posted by ちー at 2005年08月19日 18:59

銀座で旨いもの食べましょうか?小生の胃腸炎も全快したことですし...

Posted by アスペクトのDr.K at 2005年08月19日 20:34

オリバー・サックス、確かお医者さんなんですよね。学生の時に「妻を帽子と間違えた男」という本を読みました。
つい最近も、「火星の人類学者」が文庫本になっていたので衝動買いしてしまいました。(まだ半分くらいしか読んでませんが)
新しい本出たんですね。
知っている作者だったので、つい食いついてしましました。

Posted by みえこ at 2005年08月19日 23:51

>ちーちゃん
 ちゃんと呼ぶので、いつでもおいでませ。
 あ、ウニ持参でね。ぬはは。

>アスペクトのDr.Kさま
 いいですねー。
 是非、おともさせて下さい。

>みえこちゃん
 そうそう!
 「妻を帽子と間違えた男」と同じ作者です。
 僕も奥さんに言われて気づきました。
 新しいといっても、これ、数年前の本なんだけどね。
 食いついてくれてありがとでした。

Posted by 適宜更新 at 2005年08月20日 13:47

いしいしんじさんの小説『麦ふみクーツェ』の中で、色盲のおんなのこが
「色はわからなくても、濃淡や明暗はくっきりとわかる」(うろおぼえ)
と言っていたのを思い出しました。見つけたら読んでみよう。

マンダ・リン(bis)はソロで活動していたような気がします。

Posted by たじり at 2005年08月20日 13:50

>たじりさん
 あ、同じような話がこの本にも出ているようです<濃淡、明暗
 だから色がなくても
 熟れたバナナと若いモノは区別できるのだとか。
 『麦ふみクーツェ』も読んでみようと思います。
 マンダ・リン、ソロですか。
 サイ・ファイ・スティーヴン、ジョン・ディスコ兄弟はどうしたのかなぁ。
 と、今公式サイトを見てみました。
 http://www.bisnation.com/
 やや。大人になってる!
 

Posted by 適宜更新 at 2005年08月21日 13:30
コメントしてください




保存しますか?