2005年11月10日

●パパ帰る

このあいだ、
「『パパ帰る』って誰の小説だっけ?」
と彼女に聞かれて、
「菊池寛」
と即答しているカップルを見ました。

「相性」って
きっと、こういうことなんだろうなぁ、
と思いました。

でも、今こうして書いてみたら、
そうでもない気もしてきたぞ。うぬぬ。

Posted by tekigi1969 at 2005年11月10日 12:58
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/682

コメント

ごめん。その作品も作者も知らないんだけど、
その関係には常に憧れる。
憧れすぎてそればっか追っかけてるときがある。
でもやっぱりうらやましい。

Posted by けい at 2005年11月10日 21:05

>けいちゃん
 わはははは。
 恋人でなくても、そういう人っているとうれしいよね。
 ちなみに
 ホントの小説のタイトルは「父帰る」なのでした。

Posted by 適宜更新 at 2005年11月11日 10:24

うっわそうか、それか!!
それは知ってるよ!!
そういう会話か!!
さらに素敵だ!!

バカなの!?
ギャグなの!?

・・・そんな人、欲しい。

Posted by けい at 2005年11月11日 19:50

>けいちゃん
 そうそう。
 そういう会話だったのだ。
 分かりづらかったかもしんない。
 ギャグなのか不明だけど、
 こういう会話、したいよね。

Posted by 適宜更新 at 2005年11月12日 14:14
コメントしてください




保存しますか?