2005年11月13日

●マシーンエイジテイストの新解釈

1、デザイン関係の本の記事。
  ある家庭用品の説明を
 「マシーンエイジテイストの新解釈のようだ」
  と書いた部分がダメ出しをされました。
  自分でも、何のことやら分からないから納得。

2、今読み返すと、他にもすごいことを書いている。
  「ニートな愛敬」
  「シンプルながらもストイックになり過ぎない」
  「手になじむエルゴノミックデザイン」
  うーん、勢いって恐いや。
  でも、このあたりは現在のところダメ出しはなし。
  大丈夫だったみたい。

3、自分の語彙の少なさを痛感
  といいたいところだけど、
  ホントはそんなことは思っておりません。

4、僕の理想としては、
  できるだけ少ない・カンタンな単語で
  たくさんのことを表現したい。
  新語・難しい言葉を使うのは、どうしても必要な場合。
  できるだけひかえたい。

5、そういえば
  「マネジメント」という概念を発明した
  ピーター・ドラッカーさんが亡くなったそうですね。(→記事
  僕もちょくちょく使ってます。
  とはいっても
  「腹の具合、トイレとの距離、相手の会話の流れなどから
  いつトイレに立つべきかをマネジメントする」
  とか、そんなデタラメっぽい使い方なんだけど。
  ともかく、便利な言葉をありがとうございました。
  ご冥福をお祈りします。

Posted by tekigi1969 at 2005年11月13日 19:05
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/685

コメント
コメントしてください




保存しますか?