2005年12月31日

●今年も一年ありがとうございました

1、大晦日も晴れ。
  ちらっと帰省できるメドもたったので、
  正月はお酒&魚三昧の
  日々を送ってこようと思います。

2、今年も
  想像だにしなかったような出来事が
  身近に起こる一年でした。
  どうなることやら、ちっとも想像がつかないけど、
  来年以降もこんな調子でいけたらいいなと思います。

3、BLOGでお付き合いくださったみなさまも
  一年間、ありがとうございました。
  そろそろ三年目に入るのですが、
  新年以降も、
  これまでどおり適宜、更新していく予定です。

4、では、よいお年をお迎え下さい!

Posted by tekigi1969 at 09:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月30日

●ホッ

1、先月収録してもらった映像が
  ついさっきテレビで流れました。
  ナウル共和国についてのクイズ問題だったのです。

2、それにしてもテレビってすごいですね。
  終わった瞬間、メール、電話。
  このBLOGのアクセス数も
  放映直後の10分で100くらい増えました。

3、ナウル共和国で検索して来られた方は
  「ナウル共和国カテゴリー」を
  下から順に読んでいただけると分かりやすいと思いますよ。 
  もし良かったら
  拙著「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」も
  宜しくお願いします。

3、何はともあれ
  無事に放送されたようで、
  ホッとしました。
  いや、もう、直前までホントに緊張したっすよ。

Posted by tekigi1969 at 20:54 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年12月29日

●池袋で、新宿で

1、年賀状書くのをすっかり忘れていた。
  今さら間に合わない。
  うーん。パソコンのある人にはメールでいいのかなぁ。
  毎年、これで悩むのです。みんなどうしているんだろう。

2、本日は80年代テクノなオフ会。
  こういう形の集まりは久しぶりなので、
  ちょっとわくわくしております。
  僕は秘蔵のサウンドストリート音源持って出かけよう。

3、場所は池袋エールハウス
  生ビールがホントにうまい店です。
  近郊の方は、別の機会にでも行ってみてください。
  あ、当日の飛び入りもOKなのです。
  詳細はmixi内の「テクノ出身☆乙女組」コミュを御参照下さい。

4、これとは別に新宿三丁目のbar plastic modelでも、
  知り合いさんがイベントをやっています。
  本日は「年忘れ In TROUBLEだよ~! In TROUBLE vol.5」。
  びっくりするような方もDJをやるみたいですよ。
  お近くの方は是非どうぞ。

5、てなわけで
  今夜はガッツリ飲み納めしてきます。押忍。

Posted by tekigi1969 at 11:55 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月28日

●途方のないもの

1、「カーセンサーエッジ」という雑誌の2月1日号に
  拙著「アスリートが育つ食卓」の紹介記事を
  載せて頂きました。ありがとうございます。

2、しっかーし、
  この本には、14897台もの膨大な車情報が載っている。
  ずっしり重くて、相当分厚い。
  一体どこにその記事があるのか見当もつかず、
  ただいま途方に暮れています。
  百科事典のどこかに遺言を書かれてしまった遺族のような気持ち。
  もし気づいた方がおられましたら、教えて下さい。

3、最近、将棋に関する取材をやっています。
  昨日手に入れた「将棋世界」最新号の付録がすごい。
  詰将棋最長手数「ミクロコスモス」の解説書なのです。

4、1986年に発表されたこの詰将棋は
  なんと1519手かかるというとんでもない代物。
 (現在では改良されて、1525手)

5、ちなみに
  この付録によれば、
  18世紀の7世名人伊藤宗看は
  2000手を超えると言われる作品を残しているそうです。
  ただし、これは駒数が92枚もある中将棋の詰将棋。
  しかも、解答書が残っていないので、
  正確な手順は不明とのこと。

6、小学生くらいのときに
  意味もなく頭のなかで
  自動車のナンバープレートを足したり引いたりしていたことがある。
  1+1は2、2+2は4、4+4は8と、ずっと脳内で繰り返したり。
  こういう人は、それを大人になっても追求できるんだろうなぁ。
  感動しました。

将棋世界2006年2月号
Posted by tekigi1969 at 14:14 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月27日

●パンダパワー

1、年末だけど仕事納めはまだ見えず。
  今日も取材であります。

2、こういう時はリフレッシュが肝心。
  ちょっと前に教えてもらったアメリカの動物園サイト。
  →こちら
  子パンダの動画がたまらんです。
  成長に合わせて
  定期的にアップロードされるので
  ヒマさえあれば観ております。

3、そういえば
  中国が台湾の動物園にパンダを贈るという話があるらしいですね。
  現在、国際条約があって、パンダは輸出できない。
  でも
  「台湾は中国の一部だもん」
  というわけで、中国は贈る気MANMANとのこと。
  台湾政府は「一部じゃないし、それはちょっと」と難色気味。
  でも多くの国民や動物園サイドは
  「パンダ欲しい!」と過熱しちゃっているのだとか。

4、パンダパワー、恐るべし。
  彼らがもしずっと2,3か月ぐらいの大きさのままだったら
  さらにすんごいことになるんじゃないだろうか。

Posted by tekigi1969 at 08:53 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年12月26日

●蝶々と剣道

1、蝶々結びがあまり得意じゃない。
  ましてや他人がはいている靴の紐なんて
  全然結べない。

2、蝶々結びの上手い人がいて、
  「すごいですね」
  と言ったら、
  「昔、剣道部だったんですよ」と笑った。
  よく分からないけど、
  胴着の紐を結んだりするからってことだと思う。
  でも、あれって、蝶々なのだろうか。

3、ちょっと話がずれるけど
  「昔、剣道をやっていたんです」
  という女の子に
  僕は何故か好感を持ってしまう。
  萌えポイントらしい。

4、ポイントといえば、
  「何気なく口ずさむ鼻唄が上手い」
  というのも1つ。僕の弱点。

5、何でこんなことを書いているのかといえば、
  さっき
  「鼻唄をうたいながら靴紐を結ぶおばあさん」
  をみて、ちょっとだけ「いいな」と思ってしまったからです。
  26日だけど、「きよしこの夜」歌ってました。

  
Posted by tekigi1969 at 15:59 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年12月25日

●カウンタくるくる

1、昨日の夕方くらいから
  久しぶりにカウンタがクルクルまわっているようです。
  今朝も午前8時段階ですでに5000。わお。

2、どうしたのかしらんと思っていたら
  先日のナウル共和国、飛行機差し押さえのニュースが
  日本の新聞に掲載されたんですね。

3、毎日新聞の記事
  「島国ナウル:唯一の旅客機差し押さえ 財政危機で
  共同通信の記事
  「唯一の旅客機差し押さえ 財政危機の島国ナウル
  ちなみに僕が書いた一番新しいエントリーは
  「久々にナウル共和国情報です」です。

4、実は、つい先日、
  ナウル行きを計画している、とある方々に
  相談を受けたところだったのです。
  この状態が早く解消されるといいんだけどなぁ。

5、ナウルにとっても、
  財政再建を本当のモノにするための
  通過点になるはずだと信じたい。

アホウドリの糞でできた国
古田 靖文 / 寄藤 文平絵
アスペクト (2005.1)
通常2-3日以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 08:30 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年12月24日

●イブのわたし

1、クリスマスイブ。
  町へ買い出しにいきました。

2、途中で見かけた壁の落書き。
  B-BOYな感じの顔イラストが二つ。
  それぞれの横に
  こんな文章がついていました。
  A「好きな食べ物は?」
  Q「お寿司です」

3、奇遇ですね。
  僕もお寿司、大好きなんですよ。

4、帰路は遠回りして
  クリスマスイルミネーションがありそうな
  住宅街をうろちょろ。
  ものすごく派手にピカピカしている家もあったけど、
  以前よりも数は減った気がするなぁ。

5、自宅近くでは
  ヒマそうな猫にたくさん遭遇しました。
  パイとかトランクスを買ってきたので、
  今夜ははいたり食べたりしようと思います。

Posted by tekigi1969 at 17:38 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年12月23日

●耐震偽装問題と力士

1、耐震偽装問題で、こんな記事が。
 「春日山親方ビックリ、姉歯マンションが部屋の後ろに
  安心してけいこもできない、
  というコメントが載っています。

2、そばに住んでいる人もみんな大変なんですね。
  だけど、こんな時こそ「お相撲さん」の
  意地みたいなものを見せて欲しい気もするなぁ。
  「オレのシコで地盤を強化してみせる」
  みたいなことを言ったら、現代では不謹慎になるのかしらん。

4、前に書いたけど、
  大正時代の力士・明治野みたいな話が
  僕は、大好きなのです。
  (→こちら「地震と力士」)

5、こんな力士が今いたら、僕は絶対応援する。
  「どうしてこんなに人気があるのだと思いますか?」
  ときかれて
  「顔?」
  と笑顔で答える琴欧州も、かなり好きだけど。

Posted by tekigi1969 at 13:42 | Comments [0] | Trackbacks [2]

2005年12月22日

●近況あれっこれ

1、12月は積雪が多くて
  小松菜が高くなっているらしい。
  ふっふっふ。
  ベランダで育てているから我が家は大丈夫なのだ。

2、昨日発売の映画秘宝に記事を書きました。久しぶり。
  ホテル・ルワンダ特集。
  この映画を奇跡の劇場公開に導いた
  「日本公開を求める会(現在は、応援する会に改称)」 
  の方々へのインタビューをやらせてもらいました。
  詳しくは記事を読んで下さいね。

3、ちなみに「ホテル・ルワンダ」は
  1月14日東京シアターNを皮切りに、
  全国18館での上映が決まったそうです。
  「ホテル・ルワンダ」公式サイト→こちら
  「ホテル・ルワンダ」日本公開を応援する会→こちら
  せっかく劇場でやるんだもの。僕も観に行きますぜ。

4、あ、あと、
  12月30日(金)放送のテレビ朝日系
  「芸人雑学王最強NO1決定戦スペシャル」に
  どうやら僕がちらっと出た部分が使われたようです。

5、テレビ朝日のサイトの情報(→こちら
  によれば、
  放送時間は18時30分~20時54分だそうです。
  う、うれしいんだけど、やっぱり恥ずかしいものですね。
  自宅でこっそり観ることにします。

6、風邪はだいぶん回復しました。
  代わりに歯が痛くなってきたけど、
  こんなのは忘年会とクリスマスで吹き飛ばすのだ。

Posted by tekigi1969 at 18:08 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年12月21日

●ピアスをはずして

1、清原選手がオリックス入りを表明したそうですね。
  記事をあれこれ読んでいると、
  記者会見で彼がピアスをつけていなかったことを
  「やる気の表れ」だと見ている人が多いようです。

2、でも、
  「ピアスをはずして、さあ、やるぞ!」
  って僕にはあんまりピンと来ない。
  無理に想像すると、
  ユニフォームの下に勝負下着を着ているような錯覚に陥る。

3、でも、来年の清原選手の活躍如何によっては
  「ピアスをはずす」=「心機一転してがんばる」
  という意味になるのかもしれない。
  そうなったら、すごいぞ、番長。

4、風邪っぴきで
  年末仕事をズルズル鼻水みたいに
  引き延ばしている僕も、
  ピアスをはずしたつもりで頑張ろう。
  き、気合はいるなぁ。

Posted by tekigi1969 at 14:45 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年12月20日

●風邪、治りつつ

1、うちの近所にあったおいしいケーキ屋さんが
  いつのまにか閉店していた。
  店員さんがわりと無愛想な以外はカンペキだったのに。
  「コロディアル」というお店。移転だったらいいんだけど。
  今年のクリスマスケーキはどうしようか。
  青葉台周辺とか、おいしいお店ありそうですね。どうなんだろ。

2、友だちのふるたさん(血のつながりはないです、たぶん)が
  イベントをやるそうです。
  4つ打ちハウス・テクノ中心のクラブイベント「furutime」。
  遊びに行くといいんじゃないでしょうか。
  (詳細)
  12月22日(木) 22:00から05:00まで
  Door:\1,500 with 1drink
  Club Rim(横浜 元町)

3、12月29日(木)には、
  mixi内のコミュ「テクノ出身☆乙女組」の忘年会(池袋)もあります。
  YMOで音楽に目覚め、青春時代をテクノポップとともにすごした人々の集い。

4、正直にいうと、
  僕はあの頃の音楽を聞き返すのが
  ずっと恥ずかしい気がしていた。
  ところが、ここ半年ぐらいは何でか平気になっちゃった。
  たまにはYMOでビールを飲む夜があっても、いいじゃない。
  というわけで僕、参加します。司会もするかも。
  ご興味のある方は、mixiからどうぞ。

5、僕が主宰するイベントは、来年1月21日(土)です。
  詳しくは後日、改めて。

Posted by tekigi1969 at 13:52 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年12月19日

●久々にナウル共和国情報です

ひさしぶりにナウル情報を更新します。
主だったものだけ、ざっと箇条書き。

(「ナウルって何?」という方は
 このBLOGの「ナウル共和国カテゴリー」の過去記事
 または拙著「アホウドリの糞でできた国」をご参照下さい)

●6月に韓国で行われた国際捕鯨委員会で、
 ナウルは捕鯨に賛成票を投じた。
 →ナウルは新規加盟したばかりで、初参加。
  ちなみにオーストラリアは日本をはじめとする捕鯨推進に反対の立場。
  「日本の援助に目がくらんだ」という批判も受けたようです。

●11月30日に国連、アジア開発銀行、援助各国を招いて
 ナウルを支援するための会議が開催された。
 →ちなみに、ナウルはリン鉱石の採掘のため国土の80%は利用できない状態。
  農業などを行える状態に再生するためには、
  2億1000万米ドルかかるという試算が出ているそうです。
 →ナウルの平均寿命は現在49歳になっているという発表も。
  かつてはオーストラリアの病院まで無料で送迎していたけど、
  今は無理なので、その辺の整備も急務となっている模様。

●ナウルへの唯一のルートである航空会社エア・ナウルが運行停止?
 →12月16日にでたオーストラリア最高裁の決定により、
  累積債務(リース料金の未払い分)返還のため、
  エア・ナウルが唯一持っていた飛行機B737-400型1機が
  米国輸出入銀行に差し押さえられた。(関連記事→こちら
 →それにともなって、エア・ナウルの運行は停止する可能性が高い。
  チャーター便の運行なども協議中だが、見通しはまだ立っていない模様。
  (関連記事→こちら

だ、だいじょうぶなのだろうか。
がんばれ、ナウル。

アホウドリの糞でできた国
古田 靖文 / 寄藤 文平絵
アスペクト (2005.1)
通常2-3日以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 16:47 | Comments [2] | Trackbacks [2]

●風邪をひいたらしい

1、僕がお手伝いさせてもらった本が出ました。
  「奇門遁甲ビジネス開運方位術 2006年度版」安藤成龍著
  amazonはまだ在庫なしみたいだけど、
  bk1なら、もう注文できるようです。
  ご興味のある方は是非!(内容紹介→こちら

奇門遁甲ビジネス開運方位術 2006年度版
安藤 成龍著
アスペクト (2006.1)
通常1-3週間以内に発送します。

  
2、年末押し迫ったこの時期に
  ちょっと風邪をひいてしまったようです。
  早寝&厚着&全ての食事にニンニク
  ってな具合で養生中。
  臭いです、きっと、僕はいま。

3、ここのところ、
  ナウル情報の更新をサボっていたのですが、
  どうやらあれこれ動きがあったみたい。
  あとでまとめてアップします。たぶん。

4、そういえば、
  トヨタカップの決勝は「横浜国際総合競技場」でしたね。
  アレって、今年から日産スタジアムに名称変わってたはず。
  やっぱり「トヨタ」だからマズかったのだろうか。
  大人の事情ってやつなのだろうけど、
  そのぐらい別にいいじゃんと思うなぁ。

       
Posted by tekigi1969 at 10:26 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年12月18日

●ポチ袋、テレビ、聖書

1、甥っ子が幼稚園にはいったので、
  そろそろお年玉が必要なのかもしれない。
  奥さんが色和紙をつかってポチ袋をつくってくれた。
  でも、なんでか大量につくっている。
  勢いがついてしまったみたい。

2、どうせだから、
  100円札でも入れて、
  年明けは会う人ごとにお年玉を配ってみようかな。
  年下だけでなく、年上にも構わず渡す。
  うーん。
  30代でやるのは、ちょっと様にならないかもしれない。

3、先月、テレビ番組のためのビデオ撮影をしました。
  収録したのはトータルで数十秒。僕が話してます。
  「カットされたらごめんなさい」
  と言われているので、
  放映されるかはまだ分かりません。
  一応、この番組(→これ)のようなので、
  もしお暇でしたら、チェックしてみて下さい。
  チャンネルはテレビ朝日系列ですよ。

4、今朝、新聞を見ていて、欲しくなった本。
  「聖書 (旧約篇1)」ジョージ秋山
  わお。
  ジョージ秋山先生の
  あの、みもふたもない表現で描かれる聖書かぁ。
  本屋さんでチェックしてみよう。
  クリスマスプレゼントに最適かもしれない。
  かなり相手を選びそうだけど。

聖書 旧約篇1
ジョージ秋山著
幻冬舎 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 09:59 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2005年12月17日

●餌付け、犬、しおり、カズノコ

1、Yahoo!ニュースで見つけた記事。
 「<埼玉県知事>「菊川怜さんを餌付け」と発言、撤回
  わはは。
  そこはかとなく、いやらしい感じがするのはどうしてだろう。
  新品種米「彩のかがやき」、ちょっと食べてみたくなりました。

2、上野動物園に来ている川上犬三姉妹。
  かわいいです。
  この写真でとりこになりました。
 (→朝日新聞のフォトギャラリー
  大きな写真は→こちら
  スタジオ撮影だと、さらにアイドルっぽい。
  風俗店に貼ってあったら、思わず御指名しちゃいそう。

3、仕事場にも年末年始気分を呼び込もう。
  急に思い立ったので、
  本のしおりにカズノコを使ってみました。

正月用しおり.jpg

4、予想よりも馴染んでしまいました。
  イマイチ。
  カマボコ1本丸ごとが良かったか。

Posted by tekigi1969 at 12:55 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年12月16日

●ぬらりひょんなことから

1、ひょんなことがあって、
  年明け早々までに本を一冊書くことになりそうです。
  がんばらなくちゃいけない。

2、ちなみに「ひょん」の語源は「凶」らしい。
  イマイチ、ピンと来ないなぁ。
  どうしても妖怪ぬらりひょんが頭に浮かぶ。
  どこからともかく、ふらりとやってくるイメージ。

3、それはともかく、年の瀬気分は吹き飛んだ。
  忙しくなかったら
  この年末は、味噌、どぶろくを
  自分で作ってみようと思っていたのです。
  ネットで見ていると、どっちも、わりあいカンタンみたい。
  どぶろくはアルコール度数を高くすると
  違法になるそうだけど、まぁその辺はいいんでないかと。

4、この手の食品は、
  空気中に存在する菌を利用してできている。
  条件を整えて、有効に働く菌だけを呼び込む技術。
  おおっ、召喚魔法じゃん。
  お酒を作るときに、
  ツバを入れたりするのも魔法っぽい。
  いや、僕はたぶん入れないと思うけど。

5、まとめ。
  今年の年末年始は、
  召喚魔法を覚えようと目論んでいたら、
  ぬらりひょんがやってきたので、
  来年春に(たぶん)本が出ます。宜しくお願いします。

     
Posted by tekigi1969 at 11:24 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年12月15日

●頭突きライター

1、頭脳労働という文字を見ると、
  「道路工事をする頭脳警察」
  または
  「頭突きでキーボード入力をする小説家」
  を想像してしまう。
  疲れているのだろうか。

2、でも、全編、頭突きで書かれた恋愛小説は
  是非、読んでみたい。

3、「ライターをやっています」
  と話すと、
  「どんなものを書くんですか?
  と必ず聞かれる。
  これがなかなか答えづらい。
  
4、今年、関わらせてもらった単行本・ムックのジャンルは
  ナウル共和国、ホラー映画、金融、ビジネス
  トイレのデザイン、スポーツ選手の食べた料理、奇門遁甲など。
  来年はひとまず
  宗教、就職、将棋についての本のお手伝いをすることになりそう。

5、仕事のエントロピーは増大する一方。
  飽きっぽい性格なので、僕としてはとても楽しい。
  とはいえ、人への説明はますます難しくなる。

6、だから
  「頭突きで書いているんですよ」
  ってのは、使えるなぁ、と思うのです。
  どんなジャンルを手がけていても、
  なんとなく、
  一本、筋が通っている感じがするじゃないですか。
  しないかな。

Posted by tekigi1969 at 09:55 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月14日

●大人の食卓

1、夕べは忘年会第一弾。
  お寿司屋さんに連れていってもらいました。
  神保町の鶴八。
  握りがすごくきれい。「仕事してるぜっ」という感じ。
  穴子とミル貝がとくにうまかったです。
  ごちそうさまでした。

2、おとついの夕食も至福だったのです。
  とある方のご好意により頂いた、某S酒蔵の限定モノ新酒。
  口に近づけるたびに漂う吟醸香がたまらない。
  すっきりした味なんだけど、
  ノドを通過したあとから、もう一度ふわーっと風味が戻ってくる。
  辛口とか甘口とか、こうなるともう判断つかないです。
  ただ、うまい。
  
3、基本的には、以前飲んだ
  蓬莱泉の原酒(→こちらの記事)に似ています。
  吟醸香は蓬莱泉の方が華やかだけど、
  旨味はこっちの方が上なのかもしれない。
  さすがは平行複発酵を駆使する日本酒の世界。
  奥が深いのだなぁ。 

4、子供のころ、
  僕の実家の夕食には
  「父親だけが食べてもいい一品」
  が毎回、必ず置いてあった。
  お刺身だったり、砂肝だったり。

5、それは絶対に子供は食べちゃいけない。
  一番エライお父さんが独占する。
  そういう教育だったんだろうと思う。
  それがものすごく美味しそうで、憧れていた。

6、お寿司とか日本酒とかが食卓に出てくると、
  「大人になったんだなぁ」とうれしくなるのは
  きっと、その影響なのだと思う。

Posted by tekigi1969 at 11:13 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2005年12月13日

●2年前の予測

1、2年くらい前に
  gooがやっていた「日本語自然文検索実験」に
  はまったことがある。
 (→ここ。ちなみに現在は終了しています)

2、あれこれ質問するとエンジンが回答してくれる。
  おもしろかった結果を
  当時livedoorでやっていたBLOGにも書いていました。
 (一部は、このBLOGにも転載済。これ、とか、これです)
  そのうちの1つを昨日読み返してびっくり。
 (→これ
  牛肉輸入再開の日時だと思えば、だいたい当たってる。
  僕は04年だと思って読んでいたけど、
  05年のことだったんですね。すごいぞ、goo。
  まぁ、その日に牛丼が間に合うかは微妙だけども。

3、ってことは、
  ビンラディンは日本にいるとかいう回答も当たっているのだろうか。
  まさか。いや、でも。うむむ。

4、今日は、
  来年出す予定の単行本の打ち合わせを兼ねての、
  忘年会に行ってきます。
  「日本語自然文検索実験」がまだあったなら
  「来年はどんな本が売れますか」と聞いてみたかったなぁ。

Posted by tekigi1969 at 09:56 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月12日

●カセットで聴きたい

1、年末の在庫一掃大掃除に向け、
  プレ片付けをやっております。
  本日はカセットテープを処分しました。

2、作業していて気づいたんだけど、
  僕が音楽をテープに録音していたのは、
  90年代はじめまでだったみたい。
  レコードがCDになり、
  ついにはCDRも出て、そゆことはしなくなった。

3、しまってあったのは200本くらいの音楽テープ。
  ほとんど聴くこともないので、
  99%は捨てた。
  でも、CDが手元にない、いくつかは残した。

4、それを、今、聴いてます。
  音はもちろん悪いけど、
 「ラジカセから流れてくる」感がすごく心地いい。

5、「カセットで聴きたい音楽リスト」
  なんて作ったらおもしろいかもしれない。
  もちろん、ちょっと古くさいのが相応しいんだと思う。
  ちなみに
  今のところ、調子が良かったのは
  ルー・リード「トランスフォーマー
  と
  フリッパーズ・ギター「オン・プレジャー・ベント
  の2つでした。

6、CDよりカセット向きな音楽って
  まだまだあるんじゃないだろうか。
  ライブ版なんて、きっと向いている。

Posted by tekigi1969 at 17:06 | Comments [4] | Trackbacks [0]

●初雪だよね

1、夕べ、初雪が降りました。
  ちらっと舞っている程度だったから、
  一瞬、ホコリかと思ったぐらい。

2、「東京都心で初雪観測」
  というニュースを聞いて、確認。
  あれは、やっぱり雪だったのだ。

3、身近で
  火事や事故が起こった時によく思うんだけど、
  「これは本当なのか」
  「大きな出来事なのか」
  をテレビで確認している自分がいる。

4、場合によっては、
  目で観たことよりも、こっちの情報の方がパワーがあったりする。
  マクルーハンじゃないけど、やっぱりこれは不思議だ。
  「出来事」が「事件」「事実」に昇格する。変換機。
  逆に伝える側にいる人たちは
  大変だったりするんだろうなぁ。

5、とある優しい方の御配慮により、
  本日、我が家に某酒蔵の新酒が届くとの知らせ。
  これはどこのメディアも取り上げてはいないけど、
  なかなかの大ニュースですわよ。

  
Posted by tekigi1969 at 11:22 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月11日

●今朝の飛行機雲

1、酔って寝ると早くに覚める。
  今朝は6時前には起きてしまった。
  窓を開けたら、
  朝焼けでした。

右から左に飛んでます.jpg
(クリックすると少しだけ大きくなります)

2、飛行機雲がまっすぐ、一直線に。
  右から左。
  ゴー、という音が聞こえそう。
  ぴゅーっ、だと違う。
  ベー、だと長新太さん風だ。

3、民間機なのか軍用機なのか分からないけど
  これにもきっと人が乗っている。
  人間ってのは
  大変なことをするものなのだなぁと感心しました。

4、東の雲から太陽が昇ってくると、
  飛行機の輝線は消えて、
  どこへ行ったのか分からなくなりました。

Posted by tekigi1969 at 08:52 | Comments [3] | Trackbacks [1]

2005年12月10日

●そわそわ年末

1、横浜、快晴。
  日増しに冬っぽくなっています。
  今日は友だちの結婚式。
  オータニに行くから、
  マカロンを買ってこよう。
  (参照→前に食べた時の記事

2、年末年始になると
  上野に買い出しに行きたくなる。
  ついつい、あれこれ買っちゃうから、
  決して得ではないのかもしれないけど、
  あの「お祭り」感がいいんだよなぁ。
  マグロ、甘えび、カニで冷凍庫を埋め尽くしたい。

3、師走といえば、
  雑誌の値段が高くなっていた。12月1日かららしい。
  渋谷とかの駅そばで、拾ったのを売っているやつです。
  ずっと100円だったのに、120円になった。
  「上がったんですね」と聞いたら
  「仕入れが高くなったんですよ」との答え。
  ううむ。景気回復の影響なのか?
  それとも雑誌拾いの地見屋業界に何かが起こっているのか。

3、年末に、
  80年代テクノ(YMOとかですね)が好きだった人たちの
  集まりをやることになりました。
  mixiにある某コミュのオフ会。楽しみです。
  元OMY(知ってます?)メンバーの友だちも来てくれそう。
  ご興味のある方はmixi内を探してみて下さいね。
  ちなみに開催場所のお店は、生ギネスがうまいっす。

4、12月にやろうと思っていた
  「何かけてもいいよ&初心者DJ大歓迎」イベントは延期。
  来年改めて実行しようと思います。
  たぶん1月。青い部屋でやらせてもらおうかなぁ。
  年内にはある程度、詳細、決めます。

Posted by tekigi1969 at 10:35 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年12月09日

●厄年

1、平成17年ももうすぐ終わり。
  ここに来て、
  今年の僕は「小厄」だったことに気づきました。

2、厄年というものに、僕はどうも疎い。
  以前「中厄」だったときは、
  翌年になってから気づいた。

3、たぶん、これは、同じ年齢の人と
  会話をする機会がほとんどないからなのだろう。

4、終わってから知る厄年って、
  「さっき君が食べてたカレーはうんこだったんだよ」
  と告白されたような気分。
  ん、ちょっと違うかな。

5、なにはともあれ、
  僕の小厄はあと3週間みたい。
  何をすればいいのか分かりませんが、
  あれこれ気を付けてみようと思います。
  とりあえず、カレーはひかえてみよう。

Posted by tekigi1969 at 11:22 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月08日

●今日知ったこと

1、今朝タバコを買いに出かけたら
  近所の大きな白猫が
  のそのそと民家の庭に入っていった。
  そこには「後家さん」(仕草が色っぽいから)と
  僕が勝手に名づけている柴犬の小屋がある。

2、猫は当然のように犬小屋を覗き込んで、
  後家さんにもたれかかって遊び始めた。
  仲いいみたい。知らなかったなぁ。
  何でか、ちょっと嫉妬を感じちゃいました。

3、「カボチャ買ってきたよ」
  とさっき言われて、
  見てみたらトンガ産と書いてあった。
  ナウル共和国にも近い、太平洋の島国。

4、ネットで検索してみたら
  トンガにとってのカボチャ輸出は
  外貨獲得のエース的存在のようです。
  カボチャの語源はカンボジアらしい。
  どっちも知りませんでした。

5、カンボジア→カンボジャ→カボジャ→カボチャ
  ってな感じなのかな。
  実際に口に出して繰り返しながら変化させていくと
  肩の力がいい具合に抜けていきます。
  何かのおまじないみたい。

Posted by tekigi1969 at 16:36 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月07日

●日本一怖い!ブック・オブ・ザ・イヤー 2006

1、12月3日発売の
  別冊SIGHT「日本一怖い!ブック・オブ・ザ・イヤー 2006」。
  山形浩生さんの選ぶ5冊のなかに
  拙著「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」が、
  入っているそうです!
  ありがとうございます。

日本一怖い!ブック・オブ・ザ・イヤー 2006
SIGHT編集部編
ロッキング・オン (2005.12)
通常24時間以内に発送します。


2、こういうのって、
  ものすごくうれしいものなんですね。
  知らなかったなぁ。
  いや、もう、フォークダンス踊っちゃいますよ、僕。

3、この本には、
  ジョン・アーヴィングのインタビューも収録されているみたい。
  買わねば。一生の思い出にします。

4、賞とかもらう人は、もっとすごい喜びを感じるのかしらん。
  あ、そうだ。
  ずっと前に誰かが
 「芥川賞を受賞した作家は1年間芥川龍之介を名乗れることにしよう」
  と言っていた。
  これ、ものすごくいいアイデアだと思うんだけど、
  実現しないのかな。

Posted by tekigi1969 at 18:53 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●ルービックキューブ

1、ルービックキューブがまた流行っているという噂。
  25年ぶりに特技を発揮できるチャンスなのだろうか。
  かくし芸ネタのため、こっそり練習しておこう。

2、でも、本当に流行しているのかよく分からない。
  忘年会に念のため、隠し持っていく
  →披露するチャンスを見失って、すごすご帰る。
  →または、「へー、すごい」で終わる。
  なんてパターンに陥る可能性が高そう。

3、これはこれで、
  思い出深いエピソードになるのかもしれない。
  でも、こんな切なさに身を任せるには、
  僕はまだ未熟だ。

4、小学6年生のとき、
  ルービックキューブの小さな大会に出た。
  当時はかなり早かったので、
  1分ぐらいで解いて、優勝した。

5、大会終了後、観客の親子が話し掛けてきた。
  母「これ、うちのなんですけど、解けますか?」
  子「壊れてるんだよ、これ」
  僕「いいですよ(がちゃがちゃ)はいっ」
  母「わあ。ありがとうございます」
  子「・・・」

6、小学2,3年生ぐらいのその子は
  どういうわけかずっと怒ったような顔。
  得意満面の僕は、何でだろうと思っていた。
  帰り際、二人の会話が聞こえてきた。

7、母「ほら、解けたじゃない」
  子「・・・知らない」
  母「壊れてなかったのよ」
  子「うるさいなぁ」
  何だか困った気分になったのを覚えている。

8、大人になった今、同じような状況になったら
  僕はどうするだろう。
  解けない振りをしてあげることができるだろうか。
  うーん。やっぱり得意げにやってしまうのかなぁ。



Posted by tekigi1969 at 15:03 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年12月06日

●トウキビ、大掃除、ブックバトン

1、先日届いた冬野菜の箱のなかに
  何故かサトウキビが1本入っていた。
  生。そのまま。
  「かじってね」ということだろうか。
  これを片手に満員電車で出社とかしてみたい。
  でも、おいしい。ありがとうございました。

2、大掃除に向け、
  本を200冊ほど処分することにしました。
  ブックオフに売り飛ばす前に
  ある程度は友だちにあげちゃおうと目論んでおります。
  どれがいいのかなぁと悩んでいると
  捨てられないものがまた増えてくる。いかんっ。

3、以前も書いたのだけど
  ちょっと質問の違うブックバトンがあったので書いてみます。
  (前のは→こちら

4、(持っている本の冊数)
  たぶん2000とかじゃないのかなぁ。
  数えたことありません。

  (今読みかけの本)
  「ユリシーズの涙」ロジェ・グルニエ
  「日日雑記」武田百合子

  (今読もうと思っている本)
  「その名にちなんで 」ジュンパ・ラヒリ
  「エリザベス・コステロ」J・M・クッツェー
  「国家の自縛」佐藤優
  「「三島由紀夫」とはなにものだったのか」橋本治

  (最後に買った本)
  雑誌ならば先週号の「モーニング」。
  書籍は「アースダイバー」中沢新一

  (特別な思い入れのある本、心に残っている本)
  前回書かなかった本で、
  人にもオススメしたいものを思いつつまま5つ。
  「戦争における「人殺し」の心理学」デーヴ・グロスマン
  戦争はやるほうもタイヘンなのだと、よく分かりました。
  「ノラや」内田百聞
  いなくなった猫を探す日々。失恋したときに読むといいと思う。
  「ドサ健ばくち地獄(上)(下)」阿佐田哲也
  阿佐田さん、色川さんは全部思い入れがあるけど、今1つ選ぶなら、これ。
  「犬が星見た―ロシア旅行」武田百合子
  「やられた」という感じ。少し影響、受けてるかもしれない。
  「夫婦善哉」織田作之助
  わりと最近読みました。文体に衝撃。カッコイイです。

  (次にまわす人)
  とくになし。ご自由にどうぞ。

Posted by tekigi1969 at 10:21 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年12月05日

●缶入りピースみたいな空

1、横浜快晴。
  雲ひとつない、ピーカンでありんす。

2、そういえば、
  ピーカンって何だろう。
  元々は、映画業界の言葉だったはず。
  JTのサイトによれば、
  タバコの缶入りピースのパッケージが語源なのだとか。
  そういえば、青でしたね。

3、改めて空を見上げて
  缶入りピースみたいな青空
  だと思うと、ちょっとおもしろい。
  工場の煙突もタバコの煙に見えてくる。
  久しぶりにピース買えば良かったな。

4、ってことは、
  ナッツのピーカン(→これ)は
  関係ないのかしらん。
  インディアンサマーなんて言葉もあるから、
  僕はてっきり、そっちが語源だと思っていました。

5、ちなみに本日は
  PALLMALLのLIGHTを吸っております。
  なにより、250円ってのがうれしい。
  このパッケージも空みたいな色。
  すぱぁ .。o○

Posted by tekigi1969 at 11:40 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月04日

●日記(曇、ホテル・ルワンダ、猫など)

1、今朝の横浜は曇り。
  雨が降りそうな感じもします。
  この時期の小雨は冷たいからイヤだなぁ。

2、昨日は
  『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会
  の方々にお会いしてきました。
  ついに実現した劇場公開は、来年早々の予定。
  僕も観に行きます。
  映画の中身や日本公開までのあれやこれやは
  上記サイトをご参照下さい。
  取材の中身は、次号「映画秘宝」に書く予定です。

3、朝、散歩をしていたら
  近所のママ猫、H子さんを久々に見かけました。
  どうやら縄張りは維持できている模様。
  (これまでのH子さんの戦いは→こちら、や、こちらを参照)
  よかった。

4、ついでにH子さんの近影をもう一度。(去年のものです)

近所の猫.jpg

5、H子さんは飼い猫なのだけど、
  ご近所では
  地域猫のための活動をしている方々もいるようです。
  今日はそのバザーがあるみたい。
  あとで覗いてこよっと。

Posted by tekigi1969 at 08:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月03日

●町内清掃

1、今朝は町内会の清掃。
  去年はうっかりサボってしまったので
  気合を入れて参加しました。
  側溝まわりの落ち葉掃きを中心に1時間。
  これをやると
  タバコのポイ捨てってできなくなるっす。

2、終わったら腰が少し痛くなった。
  弱ってるなぁ。
  てか、なまっているのだ。鍛えねば。

3、こないだ、語源サイトで得た知識。
  デブの由来には
  「Double chin」→「デブちん」→「デブ」
  「Death and Burst」がなまった
  など、諸説があるそうです。

4、それにしても
  「Death and Burst」とは、どうしたことなのだろう。
  なお、
  「出不精」の略ってのは俗説とのことです。

Posted by tekigi1969 at 11:39 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月02日

●初じゃない日の出

1、早寝をしたら、6時半に起きちゃいました。
  外は日の出。朝焼け。
  元旦でなくとも、日はのぼってるんだなぁ。
  何となく得した気分。

日の出をみた.jpg

2、12月になって
  「忘年会をしましょう」
  「延び延びになっていた打ち上げをやろう」
  「来年の打ち合わせを兼ねて飲みませんか」
  というお誘いが増えてきました。
  たくさん実現するといいなぁ。

3、仕事絡みの飲み会はお金があんまりかからない。
  だから大歓迎なのだけど、
  みんな忙しいので、なかなか決まらない。
  友達と飲むのは
  すぐに行けるけど、当然、お金がかかる。

4、もう一つのチェックポイントは年齢と飲酒量。
  年下とばかり飲んでいると
  見栄もあって、ついつい多めに払ってしまう。
  飲酒量の少ない人と席をともにする時も
  ドカドカ飲む自分はやはり余分に出さねば悪い。

5、師走の財布を守るため、
  このへん、上手く、マネージメントしなければ。

6、理想は
  「年上の酒豪と仕事の打ち合わせ酒宴」
  ってことになりそう。
  この方面でのお誘いが多くなりますように、
  と朝日に向かってお祈りしました。

     
Posted by tekigi1969 at 09:32 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年12月01日

●無言の電子レンジ

1、こないだから音が出ない。
  我が家の電子レンジです。
  チン!ともピーともいわない。

2、それ以外の機能は問題なし。
  だからそのまま使っている。
  でも、ものすごく違和感がある。

3、朝、冷凍してあるスコーンを焼くとき。
  スイッチを押せば、
  ウィーン↑という音がして、
  モーターだか何だかが動く。
  なかの温度が上がる。
  スコーンはぐるぐる回って、焼けていく。

4、数分後。
  ウィーン↓とフェードアウトするように止まって
  覇気のない感じで焼きあがる。
  「できたぜ!」
  というよりも
  「やる気を失った」感のほうが強い。
  「このぐらいでいいよね。もう眠いよ」
  とレンジに言われているような気分。
  がー!起きろ!知らせろ!

5、何となく、力が抜ける朝になる。
  これまで気づかなかったけど、
  無意識のうちに、
  僕は「チン!」とか「ピー」に励まされていたんだなぁ。

6、12月1日朝、快晴。
  人気者の美人マネージャーが抜けた野球部のように
  我が家はひっそりとしています。寒いですね。

Posted by tekigi1969 at 09:57 | Comments [0] | Trackbacks [0]