2005年12月07日

●ルービックキューブ

1、ルービックキューブがまた流行っているという噂。
  25年ぶりに特技を発揮できるチャンスなのだろうか。
  かくし芸ネタのため、こっそり練習しておこう。

2、でも、本当に流行しているのかよく分からない。
  忘年会に念のため、隠し持っていく
  →披露するチャンスを見失って、すごすご帰る。
  →または、「へー、すごい」で終わる。
  なんてパターンに陥る可能性が高そう。

3、これはこれで、
  思い出深いエピソードになるのかもしれない。
  でも、こんな切なさに身を任せるには、
  僕はまだ未熟だ。

4、小学6年生のとき、
  ルービックキューブの小さな大会に出た。
  当時はかなり早かったので、
  1分ぐらいで解いて、優勝した。

5、大会終了後、観客の親子が話し掛けてきた。
  母「これ、うちのなんですけど、解けますか?」
  子「壊れてるんだよ、これ」
  僕「いいですよ(がちゃがちゃ)はいっ」
  母「わあ。ありがとうございます」
  子「・・・」

6、小学2,3年生ぐらいのその子は
  どういうわけかずっと怒ったような顔。
  得意満面の僕は、何でだろうと思っていた。
  帰り際、二人の会話が聞こえてきた。

7、母「ほら、解けたじゃない」
  子「・・・知らない」
  母「壊れてなかったのよ」
  子「うるさいなぁ」
  何だか困った気分になったのを覚えている。

8、大人になった今、同じような状況になったら
  僕はどうするだろう。
  解けない振りをしてあげることができるだろうか。
  うーん。やっぱり得意げにやってしまうのかなぁ。



Posted by tekigi1969 at 2005年12月07日 15:03
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/714

コメント

子供が解けない言い訳をしているのに、そこんとこを追及する、その子の親にこそ、問題があるんではないかと(笑)

Posted by LSTY at 2005年12月07日 16:11

>LSTYさん
 そういえば、そうですね。わはは。
 そうだ、僕に罪はなかったのだ。
 ありがとうございます。

Posted by 適宜更新 at 2005年12月10日 10:39

こんにちは!私の名前はブルックスCripeと私はラ·ベル、アメリカ出身。私はCNAプログラムメトロコミュニティカレッジオマハに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにCNAトレーニングケネソーについての私のブログからのリンクを配置します。

Posted by cna schools at 2013年11月29日 10:48
コメントしてください




保存しますか?