2006年02月06日

●3年目、お礼、死にカタログ

1、さっき気づいた。
  このBLOGが開設してから
  2年が過ぎて、3年目に突入していました。
  カウンターも40万を超えたみたい。
  ありがとうございます。

2、お礼といえば、
  拙著「アホウドリの糞でできた国
  と「アスリートが育つ食卓
  について書いてくださっている
  BLOGがたくさんあるのです。
  僕が知っているだけで、80サイト強。
  mixiのレビューも二冊あわせて45個。

3、あまりコメントはしておりませんが、
  気づいたモノは全て目を通しております。
  今後の参考にしますね。
  ありがとうございます。

4、寄藤文平さんの
  「死にカタログ
  を読みました。

5、おもしろくて、とても誠実な本だと思いました。
  ライターをやっている身としては、
 「絵が書けるっていいなぁ」と嫉妬しちゃいます。
  これを僕が文字だけでやってしまったら、
  きっととてつもなく重くなってしまうはず。

6、グッと来たのは、
  ジプシーの死のイメージ。
  「いなかったことにする」
  ってのは、個人的に盲点でした。

7、あ、あと、
  ハチ公の一生を図式化したイラスト。
  あのデザインには、やられちゃいました。
  ハチって、
  一生のほとんどを「待つ」ことで終えたんだなぁ。

死にカタログ
死にカタログ
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2. 6
寄藤 文平著
大和書房 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 2006年02月06日 09:59
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/781

トラックバック

» 死にカタログ from 黄昏の屋上
『死にカタログ』(寄藤文平,大和書房)  先日、本屋で見かけて買った本。1時間くらいで一気に読んでしまった。  本屋で平積みされているのを見かけて、最初... [続きを読む]

Tracked on 2006年02月25日 03:37

» 寄藤文平 『死にカタログ』 …人生のしまい方はポジティヴ&イージーに from : : FLMAX Cafe : :
難しく考えてたって、真面目に生きていたって、人間っていうものは死ぬときは死ぬ。確実に死ぬ。 この本は人間にとっていちばん重要であり太古の昔から謎であった「死」... [続きを読む]

Tracked on 2006年03月21日 11:03
コメント
コメントしてください




保存しますか?