2006年02月14日

●支払い調書

1、確定申告の時期ですね。
  うちは今年も奥さんがやってくれています。

2、著述業の場合
  振込のさいに1割を源泉徴収されることが多い。
  原稿料、印税、ラジオのギャラもみんなそう。

3、だからこの時期は経費をきっちり請求して、
  「余分に持っていかれたお金」を
  税務署から取り戻さねばならないのです。

4、毎年この時期になると
  昨年我が家に振込みをしてくださった各社から
  「支払い調書」というものが送られてきます。
  金額の多寡はあるけど、
  たくさんの会社から
  これが届いた方がうれしいし、安心する。
  今年はとくに、そう感じる。

5、耐震偽装問題の某建築士さんのことを
  思い出しちゃうのです。
  あの人は
  「仕事のほとんどが、
  1社に集中していたから断りきれなかった」
  と答えていたはず。

6、ジャンルが全く違うから
  簡単に比較することはできないんだけど、
  それはキツイだろなぁと思ったのですよ。
  わりと他人事じゃない。

7、そんなわけで、
  今年もお仕事、みなさま、宜しくお願いします。

Posted by tekigi1969 at 2006年02月14日 15:18
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/789

コメント
コメントしてください




保存しますか?