2006年04月27日

●Tさんと麻雀牌、失われた世代

1、今月初めくらいに
  海外に引っ越すTさんとお酒を飲んだ。

2、そしたら
  「あ、そうだ。これ」
  とアーモンドキャラメルの袋を差し出された。

3、袋です。
  中は食べたあと。
  写真はこれです。

アーモンドキャラメルの袋.jpg

4、袋には
  アメリカ人男性の顔写真がプリントされていて、
  その下に
  「1919年、アメリカ麻雀の父、J・P・バブコック」
  と記してある。

5、「これは?」
  「分からないけど、うちの子がもらってきたの」
  「ありがとうございます」

6、気のきかない僕は
  プレゼント的なものを何も持っていかなかったので
  代わりに
  アメリカ麻雀の役(南北戦争とか)について
  話したりしました。

7、Tさん、シンガポールでもお元気で。

8、ところで、
  このパッケージの「1919年」は何の年号なのだろう。

9、ネットで調べてみたら分かりました。
  J・P・バブコックが
  麻雀牌をアメリカで販売し始めた年だそうです。

10、時期的には「失われた世代」のころですね。
  ってことは、
  ヘミングウェイとかフィッツジェラルドも
  麻雀やってたのかな。
  似合うような、そうでもないような。

Posted by tekigi1969 at 2006年04月27日 17:16
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/870

コメント
コメントしてください




保存しますか?