2006年05月31日

●猫の納得

1、こないだ夜遅くに歩いていたら
  猫の鳴き声がした。
  暗闇からあらわれたのは、
  このあたりの(たぶん)ボス猫、H子さん。

2、H子さんは
  うちの近くの、ある施設に住んでいた。
  正確にいうと、そこの居住者の飼い猫。
  でも、ついこないだ、その施設が閉鎖になって、
  家が変わった。

3、でも猫っては、人ではなくて、
  家に住むものらしく、
  勝手に戻ってきては、
  誰もいない施設の入口に陣取っている。

4、んで、
  見知った顔を見かけると、にゃーと呼ぶ。
  「なんで誰もいないんだろう」
  と聞きたそうに近寄ってくる。
  以前よりも念入りに甘えてくるようになった。
  立ち去ろうとすると、
 「先導してやる」みたいな顔で、
  先回りして、またすりよってきてくれる。

5、適当なところで、こちらが立ち上がると
  スタスタとまた施設の入口へ。
  たぶん、自分なりに納得するまで
  あそこに居続けるのだろうなぁ。

Posted by tekigi1969 at 20:59 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2006年05月30日

●「東京R不動産」の本

1、「東京R不動産」(amazonのリンク)
  を読みました。
  表紙の青がすごくきれい。

2、最初にここを知ったのは、1年くらい前。
  奥さんが「ちょっと変わった不動産サイトがあるよ」
  と教えてくれて、
  メールマガジンに登録しました。
  (サイトは→ここ
  それから結構みています。なかなかワクワクする情報満載。
  この本は紹介物件がどうなったのかを紹介しているので、
  「あ、あの物件、こうなったのか」と思いながら読みました。

東京R不動産
東京R不動産
posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.30
東京R不動産著
アスペクト (2006.4)
通常24時間以内に発送します。


3、今までの不動産屋さんにはなかった
  条件アイコンが並んでいるのがミソ。
  「改装OK」「レトロな味わい」「天井が高い」とか。
  そそ、こういうので選べると便利なのだ。

4、駐車場とか頭のおかしい間取りの部屋やら
  倉庫のような物件がでていたりする感じは
  なんとなくインディーズっぽい。

5、ただ、こうやって成功例を並べてみたら
  クリエイター的な雰囲気というか
  おしゃれ感が強くなっちゃうのが
  個人的には、ちょっと物足りないかなぁ。
  もうちょっとムチャな事例もみたかったです。
  第二弾には、その辺も期待。

6、どうせだったら
  「これはきっと住めないよ」
  なんて条件アイコンを用意する不動産屋さんが
  でてきたらいいなぁ。
  「いや、オレなら住める」なんて人がオーナーになる。
  うーん。儲からないか。

6、なんてことを考えながら、読みました。
  「どうせ自分が使うんだから
  楽しく住めればなんだっていいじゃん」
  なんて気楽な気分になれる、
  勇気の出る本だと思います。
  「オレならこうしちゃうぜ」なんて考えるのも楽しいよ。

Posted by tekigi1969 at 10:00 | Comments [2] | Trackbacks [4]

2006年05月29日

●電話番号のメロディ

1、テレビやラジオでよくやっている
  テレフォンショッピング。
  電話番号には、
  たいがい節というか、メロディがついている。

2、名古屋から関東に引っ越して
  最初に感じた違和感が、これでした。
  「ナゴヤ052~」で始まる曲が刷り込まれた耳には
  「トウキョウ03~」が
  ものすごく奇妙な感じがしたんです。

3、同じ会社が全国あちこちで
  テレフォンショッピングをやっているばあい、
  もしかして、こういう番号のメロディは
  一人の人が作曲してるんじゃないだろうか。
     
4、となると
  この作曲者さんに聞けば、
  「メロディが付けにくかった市外局番」
  「自信作の番号」
  「泣ける番号」
  「踊れるテレフォンナンバー」
  なんて、色んな思い入れが聞けたりするんじゃないかな。
  チャンスがあったら、会ってみたいな。

5、0120で始まる番号は
  便利だけど、どこでも同じだから、
  地方でテレビを観たときの、あの
  「おっ?」という驚きはないんですよね。

Posted by tekigi1969 at 13:55 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月28日

●雨のち晴れの日曜

1、Spike Jonzeが監督した
  GAPのCMかっこいいなぁ。
  →こちら(You Tubeより)
  Addidasとか他の動画もありました。(→こっち

2、お昼前に雨がやんだので、
  奥さんが買い物に行った。
  4リットル入り焼酎を抱えて帰宅。
  なにごとかしらんと思ったら、
  梅とレモンも持っていた。おっ。

3、てなわけで、
  さっきから、梅酒とレモン酒、作ってくれてます。
  梅酒は1年かかるけど、
  レモン酒なら1ヶ月ぐらいでいいみたい。

4、でもやっぱり今飲みたい。
  焼酎にレモンとミント、水を入れたら
  けっこう爽やかな感じ。
  企画書書きながらごくり。ごくごく。
  来月末には
  もっとうまくなるんだろうな。楽しみです。

Posted by tekigi1969 at 14:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月27日

●立読み

1、このあいだ渋谷のブックファースト地下一階で
  僕が書いた本を
  熱心に立ち読みしている人を見かけました。

2、「買ってくれ」念波を発しながら、背後をうろうろ。
  でも動く気配はない。
  30分後にもう一度同じ場所に来たら、
  まだ読んでくださっていました。
  こうなると、何だかうれしい。
  「おもしろいですか?」と聞きたいのを、ぐぐっと我慢。

3、レジまで見届けたわけじゃないけど
  その人が立ち去ったあと、
  「瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか」が
  1冊減っていたから
  たぶん買ってくれたんだと思います。
  ありがとうございました。

4、将棋といえば、棋士総会が昨日開かれて、
  アマチュア・女流棋士のプロ編入制度が
  正式に可決されたようです。(→こちら
  かなり厳しい基準だけど、
  第2の瀬川四段が登場するといいなぁ。

5、名人戦の移管問題は
  ぐるっとまわって、
  ようやくスタートラインにたどり着いたという感じ。
  まだ波乱の予感もあるし、
  ここからが大変なんだと思います。

Posted by tekigi1969 at 16:55 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2006年05月26日

●韓国版「アホウドリの糞でできた国」できました

アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」の
韓国版が届きました。

表紙はこれ。
(クリックすると大きめの画像が出ます)

韓国版アホウドリの糞でできた国表紙.JPG

韓国で発売されることは
1年ぐらい前から決まっていたのですが、
こうやって実物を見ると、やっぱりうれしい。
翻訳してくださった方々、ありがとうございました。

表紙カバーは日本版と同じく箔押し印刷。
色がちょっと違います。でも、これもイイ感じ。

表紙カバーはやっぱり箔押し.jpg

せっかくなので、中身も少しだけ。
(どちらもクリックすると大きめの画像が出ます)

ちらっと中身その1.JPG

ちらっと中身その2.JPG

当然ながら、全部ハングルです。
読めないけど、自分の名前がクレジットされている。
ものすごく不思議な感じ。

著者プロフィール.JPG
(クリックすると大きくなります)

「靖」の「月」が「円」になるみたい。
韓国語はまったく分からないけど、
きっと「工学部中退」とか
ここに書いてあるんだと思います。

奥付を見ると、発売が5月15日で僕の誕生日でした。
韓国の本屋さんに置いてあるはずです。
いつか見てみたいなぁ。

Posted by tekigi1969 at 16:04 | Comments [8] | Trackbacks [0]

2006年05月25日

●昨日スコール、今日は晴れ

1、ようやくすっきり晴れたました、横浜。
  ミニトマトにも実がついてます。

5月25日のミニトマトと僕の手.jpg

2、去年は梅雨の長雨で全滅したゴーヤ。
  今年のあばしゴーヤはまだ元気です。
  でも6月の天候次第でしょうね。

5月25日のあばしゴーヤ.jpg

3、そういえば、オクラの苗も植えたのでした。
  一昨年、畑を借りていたときにつくったことがあるんです。
  獲れたてのオクラって、
  ものすんごくうまい。びっくりした。
  プランターでも上手く育つといいな。

5月25日のオクラ.jpg

4、ここ数日の横浜は
  夕方になると雨でした。
  昨日は豪雨と雷。ほとんどスコール。

5、どしゃぶりの窓の外を見てたら、
  なんだかココナッツカレーが食べたくなった。
  さっそく、今日、つくってます。ビールも購入。

6、まだ小さいんだけど、
  ベランダにはコリアンダー(パクチー)もある。
  葉っぱを1,2枚だけちぎって、乗せてみるつもり。

5月25日のコリアンダー.jpg

Posted by tekigi1969 at 18:25 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年05月24日

●うしろ向きに進む少年

1、タバコを買いに出かけたら
  坂道を、うしろ向きに歩いている
  ランドセルの男の子を見かけました。

2、ああいうのって
  子どものころ、なんでか、必ずやりますよね。
  1つの石をけり続けて歩いたり、
  側溝のふたの上だけ選んで帰宅とか。

3、彼も、たまに電柱にぶつかったりしていました。
  チラッと振り返りながらも、
  結構がんばってテクテク行く。
  表情は真剣そのもの。

4、「うしろ向き」といえば、
  「どうどう巡り」の「どうどう」って
  「堂々としている」の「堂々」と同じなんですね。

5、そう思って「堂々巡り」という字を見ると、
  胸を張って、同じ場所をぐるぐる回るイメージが
  浮かんでしまって、ちょっとポジティブ。
  ホントは「お坊さんがお堂の周囲をまわる」
  ことから来ているらしいです。

6、「DODO巡り」と書くと、さらにポジティヴ。
  ブじゃなくて、ヴ。
  略してDDツアー。
  答えの出ないことで悩んでても
  「DDツアーに行ってきます」といえば、なんとなく明るい。

7、マジカルミステリーツアーってのも、
  わりとDDツアーの一種のような気もします。
  いや、よく分かんないけど。

8、あの少年は、家までたどりつけたのかなぁ。
  もし最後まで行けたら、
  すごい達成感を感じるんでしょうね。
  ビールがうまそう。
  もちろん、小学生は飲めないんだけど。

Posted by tekigi1969 at 18:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月23日

●ニンニク餃子の翌日

1、夕べつくった餃子。
  野菜しゃぶしゃぶを兼ねて、
  水餃子にして食べました。
  皮づくりは僕の担当。
  具をつくって包むのは奥さん。
  やっぱり、うまい。

手作り餃子、どっさり.jpg

2、でもちょっとだけ
  粉の水加減が多かったかもしれない。
  湿度が高い時期だと結構調節が難しい。

3、ちょっと前に出かけた
  あるお店のマスターは、
  これを間違って、麺を練って、
  数10人分を泣く泣く捨てた経験があるそうです。
  大変なのだなぁ。

4、そんなわけで、昨夜は
  ニンニクたっぷりの餃子を
  たらふく食いました。

5、ところが、今日は午後から
  打ち合わせやらで都内出動予定。
  しまった。
  匂い消えるかな。

6、某出版社の方には、初めて会う。
  ニンニク臭に敏感なタイプではありませんように。
  とりあえず、牛乳飲んで、
  ゴシゴシ歯、磨きます。

Posted by tekigi1969 at 10:54 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2006年05月22日

●エプロンのわけ

1、ただいまエプロン姿でBLOG更新中。
  なぜかは後述。

エプロンのわたくし.jpg

2、今日は急な用事で
  早起きして、武蔵小金井へ。
  建設会社の方とお会いしました。

3、帰宅後、新聞エッセイの最終回に取りかかる。
  ちっとも進みませんでした。
  明日のお昼には送りたい。

4、ちなみに
  エッセイ3回目は
  本日の読売新聞夕刊に掲載されているはずです。
  (東海地方は明日、朝刊)
  もし見かけましたら、読んでみてください。

5、午後5時過ぎ、原稿投げ出す。
  明日の朝、書こう。
  気分転換に
  水餃子をつくることにしました。

6、てなわけで、今、エプロンなのです。
  全粒粉を少し混ぜると、うまいんですよ。
  これから切り分けて、丸く薄くのばします。
  ひさしぶりだけど、上手く行くかな。

練ってから30分寝かせます.jpg

Posted by tekigi1969 at 18:21 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年05月21日

●レースクイーン、将棋、猫

1、 BIGLOBEストリームで
  「将棋ニュースプラス」という動画の無料配信が始まったようです。
  (→こちら
  コンテンツは現在5つ。
  注目はやっぱし、「レースクィーンに将棋を教えよう!」ですね。
  講師は、瀬川四段。ちょっと緊張気味に見えます。
  拙著「瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか」に登場する
  将棋記者の西條さんも、「将棋界の人々」に出演しています。

2、うちの近所では
  (たぶん)大物の猫、H子さん。
  昨日、久しぶりに遭遇しました。

H子さん近影.jpg

3、住んでいる場所が
  ちょっと変わったらしくて
  最近はあんまり見かけなかったのです。
  でも、愛想のよさは変わっていませんでしたよ。

H子さん近影2.jpg

4、でも、また、
  以前のようにナワバリ争いをする
  勇姿もみたいものだなぁ。
  (参考→H子さんの戦い1H子さんの戦い2

瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか
古田 靖著
河出書房新社 (2006.3)
通常24時間以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 13:03 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2006年05月20日

●虹でたよ

天気予報のいっていたとおり、
夕方の横浜は突然のどしゃぶり。雨。

でも、午後5時過ぎにはやんで、
空におおきな虹が出ました。

虹の足元.jpg
(クリックすると大きめの画像が出ます)

あわててデジカメ持参でベランダへ。

今回もなんとか
パノラマ撮影に成功しました。

虹その1(パノラマ).jpg
(クリックすると大きめの画像が出ます)

つなぎめはちょいとガタガタですが
ご容赦ください。

写真に撮ったのは、これで3回目。
(1回目→こちら 2回目→こちら

何度観ても、うれしくて
毎回「やあ」と
アホみたいな声を出してしまいます。

Posted by tekigi1969 at 18:45 | Comments [143] | Trackbacks [0]

●天気予報とテレビ10台

1、天気予報では
  横浜は土曜日までずっと雨のはず。

2、でも昨日はこんなだったし、

昨日の空.jpg

3、今日はこんなだ。

今日の空.jpg

4、でも予報は
  「それでも夜には大雨が降る」
  といっている。
  雹になるとか、豪雨だとか。

5、なんとなく、
  「うちにはテレビが10台ある」
  と言い張って譲らなかった
  小学校の同級生みたい。

6、まったく信じちゃいなかったけど、
  僕はその同級生が嫌いじゃなかった。
  基本的に親切な子だったし、
  たまに、ホントが混じってて、
  それが結構、すごいことだったりしたから。
  (例)
  「今度うちに野球選手が来る」←ホントに来た。

7、だから、ってわけでもないけど、
  今日の洗濯物は
  早めに取り込んでおこうと思います。

Posted by tekigi1969 at 13:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月19日

●太平洋・島サミットは来週開催

ちょっとだけナウル情報。

今月末に沖縄県名護市で
おこなわれる太平洋・島サミットに
ナウル共和国首脳も参加するようです。

関連新聞記事
→「第四回日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議(太平洋・島サミット)
    (沖縄タイムスより)

 (「ナウルって何?」という方は
 このBLOGの「ナウル共和国カテゴリー」の過去記事
 または拙著「アホウドリの糞でできた国」をご参照下さい)

とりあえず、今回はそれだけです。
また何か分かったら
ご報告します。

Posted by tekigi1969 at 18:47 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月18日

●日本代表(サッカー、ラグビー)

1、拙著「アスリートが育つ食卓」に登場する
  サッカー選手の玉田圭司さん、遠藤保仁さんが
  ドイツW杯日本代表に選出されました。
  僕もなんだか、うれしいです。

2、遠藤さんのことをお母さんは「ヤット」と呼ぶ。
  鹿児島県の桜島出身。
  子どものころの写真には、
  「溶岩グランドにて」と書いてありました。さすが桜島。
  ご近所の人たちは「ヤットサポーターズ」という
  応援団を結成して、
  ドイツ行きのチケット代を貯めていました。
  よかったなぁ。

3、この本は
  「ヨミスポ」という読売新聞の販促誌での連載を
  加筆・修正してまとめたもの。
  連載はまだ続いていて、
  そっちの方には、近々、
  ラグビー日本代表の大畑大介選手が登場する予定です。

4、大畑さんは、
  5月14日、代表通算65トライを達成。
  これは世界新記録です。
  オーストラリアのキャンピージを
  日本代表が超えたんですから、ものすげえです。
  30歳になってもまだまだ第一線で活躍中。

5、大畑選手の実家は
  商店街のパン屋さんでした。
  同じくパン屋の息子である僕は、
  「似た環境でも、
   こんなに違ってしまうこともあるんだなぁ」
  と妙な感慨を感じました。

6、取材の帰りに食パンをいただきました。
  お世辞抜きに、うまかったです。
  お店の名前は、「ポポフ」。大阪市です。
  ときどき、ファンの方が買いに来られるそうですよ。

アスリートが育つ食卓
古田 靖著
アスペクト (2005.10)
通常2-3日以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 19:10 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2006年05月17日

●なりたいもの

1、小学生のときは
  漫画家になりたかった。
  でも、実際に描き出して、
  すぐにダメだと気づきました。
  絵が下手だったんです。

2、中学生になって
  シンセサイザーを買った。
  音楽をつくろうとしたんです。
  でもすぐに投げ出した。
  鍵盤が弾けなかったから。
  シーケンサーも
  使いこなせませんでした。

3、高校に入ると、知恵がつく。
  「スタジオエンジニアになりたい」
  そう思ったのは、
  楽器が弾けなくてもできそうだったから。

4、僕の小さな頃の
  「なりたいもの」なんて
  こんな風な感じだった。
  イメージと行き当たりばったり。
  んで、現実に直面して、バックしたり、Uターンしたり。
  大人になっても
  やっていることは基本的には同じっぽい。

5、だから
  職業についての講義をするときに
  参加している子から
  「タレント事務所のマネージャーになりたい」
  なんてきくと、何だかうれしくなってしまう。
  でもそれでいいんだと思う。
  「お天気お姉さんになる方法は?」
  と聞かれたことも。

6、大学生の男の子と話していたら
  「ようするにカッコよくなりたいんですよ」
  と言われた。
  あわわ。みもふたもない言い方だけど、
  きっと、みんなそう思ってる気がする。

7、6月3日に母校でまた授業やります。
  今度はどんな「なりたいもの」が
  出てくるのか、楽しみです。
  てか、話す内容、考えなくちゃ。

Posted by tekigi1969 at 22:29 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月16日

●37歳の誕生日ケーキ

1、昨日は誕生日だったので
  何かそれらしいことをしようと
  目的もなく外出。

2、駅前。キオスク。
  エッセイを書かせてもらった夕刊を買う。
  後日送ってもらえるんだけど、つい。
  ときどき話をするおばちゃん店員さんが
  何でか、飴をくれました。

3、カバンを持っていかなかったので、
  夕刊を後ろポケットに挿し、スーパーへ。
  ビール購入。

4、寂れた感じのシャッター商店のならびに
  鳥専門店発見。
  わりあい繁盛しているみたい。
  焼き鳥が美味しそうだったので4本買う。

5、自分の手にしているモノを見て、
  「何かが違う」とはたと気づいた。
  ケッテイテキニ、ナニカガマチガッテイル。
  村上春樹調で書いても、ようするに、
  これはただのおじさんの休日。
  でも平日なのだから、誕生というよりも、
  何かが終焉している。ケッテイテキニ。

6、そしたら、目の前に洋菓子屋さん。
  そうだ。ケーキだ。

7、ここも地元密着でがんばっている感じのお店。
  子ども向けに色んなお菓子が並んでいる。
  商店街育ちの僕の嗅覚も
  「ここはおいしい」
  と告げている気がしたので、
  イチゴタルトを買いました。

37歳の誕生日ケーキ.jpg

8、これ何とかカッコがついた。
  帰宅して、
  大相撲を見ながら、焼き鳥、ビール楽しみました。
  ぷはあ。
  ケーキは食後。どれもうまかったです。

9、追記。
  そうそう。買い物途中のトピックス。
  近所の犬のモフ太さん(仮名。ホントはメス犬)が
  夏に向けて、丸刈りになっていました。

夏に向けて丸ガリ.jpg

Posted by tekigi1969 at 17:40 | Comments [7] | Trackbacks [1]

2006年05月15日

●37歳になりました

1、37歳になりました。
  昨日の日記に書いた人たちは
  もう、僕にとっては、ワカゾーです。

2、正岡子規も年下。
  ロベスピエールも若かったから
  ああなっちゃったんだな。うん。

3、読売新聞に書いたエッセイ2回目。
  本日夕刊に掲載されているはずです。
  東海地方は明日朝刊。
  見かけたら、ちらっと読んでみてください。

4、僕の誕生日を記念して
  午後2時から
  サッカーのドイツW杯日本代表メンバーが発表されるみたい。
  サプライズはあんまりなさそうだけど、
  でも、やっぱり生中継で観よう。

5、先週、某サッカー選手のご実家に行きました。
  その選手は
  今回「当落線上」といわれる存在。
 「メンバー発表の瞬間を撮影したい」
  とテレビ局の人に言われ、
  お父さんは戸惑っておられました。

6、本人はもちろんだけど
  友だち、家族も大変なんですね。
  すべてはジーコの頭のなか。
  もうすぐ、
  その中身が日本中にどわーっと広がる。
  んで、誰かが笑ったり、怒ったり、泣いたり。
  さて、そろそろかなっと。テレビテレビ。

Posted by tekigi1969 at 13:49 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2006年05月14日

●36歳最後の日

1、明日が誕生日なので
  今日は36歳最後の日です。
  用事のない雨降り日曜。
  とくに何をするでもなく、
  昼からお酒飲んでぼやぼやしています。

2、36歳最後の日に、
  36歳が最期の年になってしまった
  「享年36歳」の人をネットで検索してみました。

3、エドマンド2世、石川五右衛門
  シラノ・ド・べルジュラック、ロベスピエール
  バイロン、鼠小僧次郎吉、有馬新七、ビゼー
  植木枝盛、ハインリッヒ・ヘルツ、ロートレック
  正岡子規、斎藤緑雨、ウラジーミル・マヤコフスキー
  ジミー・ロジャース、田中英光、ピストン堀口
  峠三吉、ジェラール・フィリップ、マリリン・モンロー
  ミシェル・ペトルチアーニ、沖田浩之、池田貴族
  ゲーリー・オブライトなどなど。

4、明日からは
  全員「ワカゾー」と呼べる、はず。
  いや、呼べないか。呼べないなぁ。

5、こうやってみると、
  色んな36年があるもんだなぁ。

6、検索しているうちに知った豆知識。
  「享年」って、
  死んだときの年齢をさすばあいと
  生きていた年数を記すときの
  両方があるみたい。
  だから以前は「享年〇」と書いて
  「享年〇歳」とは書かなかったのだとか。
  今は満年齢だから、一致するってことかしらん。

Posted by tekigi1969 at 17:36 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2006年05月13日

●欲しい本ばかり増えていく

1、読みたい本、読まなくちゃいけない本が
  山積みになっているのだけど、
  これはやっぱり買わねばなるまい。
  「四角形の歴史 こどもの哲学・大人の絵本」赤瀬川原平
  (クリックすると、amazonの商品紹介リンクに飛びます)

2、赤瀬川さんご本人は
  こんな風に紹介しています。
  (→先見日記12月28日
  風景の発見ってのは
  ずっと昔に柄谷行人さんの本で読んで
  興奮した記憶があるけど、
  そうかぁ、余白ができたのは、紙が四角だったからなのか。
  なるほど。これは読まねば。

 
四角形の歴史
四角形の歴史
posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.13
赤瀬川 原平著
毎日新聞社 (2006.2)
通常24時間以内に発送します。


3、たぶん、去年。
  知り合いの編集者さんが
  赤瀬川原平さんに仕事の依頼をしたと聞きました。

4、最初は電話。
  簡単に要件を話し、
  メールは使わないだろうと、
  「詳しいことはファックスしましょうか」
  と伝えたら、
  「手紙で送って下さい」
  と言われたそうです。

5、僕がこの仕事を始めたのは11年前。
  もうファックスは普及していました。
  でも、そのほんのちょっと前までは
  わりとこんな風だったんでしょうね。

6、11年前でもワープロやメールはあった。
  でも、パソコンのある出版社はそんなに多くなくて
  メールで原稿を送信できることは稀でした。

7、ワープロ原稿を印刷して、ファックス。
  それを編集さんが
  再びワープロに入力して印刷所に持って行く。
  いろんな編集部が、こんなことをしていた記憶がある。
  10年って
  地続きなようでいて、結構、遠いんだなぁ。

Posted by tekigi1969 at 21:32 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月12日

●今日は取材

1、将棋の名人戦問題は
  毎日-朝日の共催案まで出てきて
  どうなるのかまったく分からなくなっちゃいました。
  棋士総会1回で決着がつくとも思えない。
  読売のエッセイの最終回(関東は29日夕刊掲載)に
  何か意味のあることを書くのは難しいかもしれないなぁ。
  でも、ちょっとあれこれ情報集めてみます。

2、今日は千葉まで取材に行きます。
  将棋、ではなく、サッカー選手のご実家へ。
  ドイツ代表決定直前のこの時期に
  取材を受けてくださったことに感謝。

3、サッカー日本代表といえば、
  「アスリートが育つ食卓」の取材で
  玉田圭司さん(好物・焼き豚)
  遠藤保仁さん(好物・シーフードパスタ)
  のご実家におじゃましたことがあります。

4、二人とも
  小さな頃はかなりやんちゃだったみたい。
  サッカー選手って
  そういうタイプの方が向いていそうです。

5、あ、でも、DFは違うのかも。
  野球に詳しい人に聞くと、
  ピッチャーと野手はかなり性格が違うらしいから。

6、玉田、遠藤どちらも
  嫌いな食べ物には手をつけない。
  「肉を食べたら、野菜も食べなさい」
  ってのは
  どこの子どももいわれる言葉のようです。

アスリートが育つ食卓
古田 靖著
アスペクト (2005.10)
通常2-3日以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 10:40 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月11日

●マヨネーズをつくった

1、うちは
  あんまりマヨネーズを買わないんだけど、
  昨日はお好み焼きで、
  僕はこれにマヨを塗るのが好き。

2、食べる寸前に
  「あ、マヨ」と気づいた。
  買いに行くのも面倒だったので、
  初めて自作してみました。

3、ミルサーをつかったらあっという間。
  レシピ通りに計ってガーっと、できあがり。
  でも、油の量をみて驚いた。
  噂には聞いていたけど、
  ものすごく使うモノなんですね。

4、たしか、
  タマゴ一個に180ミリリットルぐらい入れたはず。油を。
  「ホンマかいな」
  とスイッチを押すと、あっという間に乳化した。

5、味はシンプルなマヨネーズ。
  ホンマだったみたい。なぜか関西弁。
  なんとなく、
  いつもよりも使う量をセーブしちゃいました。

6、料理本をつくっている知り合いが
  「お菓子は子どもと一緒につくるといいよ」
  と言っていたのを思い出した。
  砂糖の多さを実感させるいい機会になるのだとか。

7、なるほど、納得。今さらだけど。
  実際にやると分かることって
  僕のばあい、
  まだまだたくさんありそうです。

Posted by tekigi1969 at 13:06 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年05月10日

●横綱不在でミニトマト

1、このあいだ
  相撲雑誌の関係者の方々と飲みました。
  本場所の取り組みが終わったあと
  6時半に居酒屋で待ち合わせ。
  でも、国技館からの人たちがなかなか来ない。

2、そうなんです。
  その日は、今場所二日目だったんです。
  朝青龍が負けてケガをした日。
  飛び交う座布団、どよめきに
  なかなか席を立てなかったとのこと。
  僕も行けばよかった。

3、翌日からは横綱休場。
  その日の朝に
  我が家ではミニトマトの花が咲きました。

ミニトマトの花.jpg

4、コリアンダーも
  「らしく」なってきました。
  まだ葉っぱは1センチほど。
  でも、ちぎると、ちゃんと、
  あのパクチー(香菜)特有の
  ツンとくる匂いがただよってきます。

5月10日のコリアンダー.jpg

5、大相撲五月場所は
  白鵬の独壇場になるのかな。
  そんなことを考えながら
  今日もフォカッチャ焼きました。
  すっかり病みつき。

すっかり定番になったフォカッチャ.jpg

6、仕上げに使ったのは、Tちゃんからもらった
  イタリアお土産のオリーブオイル。
  リンゴみたいな香りがします。
  色んな使い道がありそうだなぁ。
  ありがとう、Tちゃん。

7、そんなことをしていたら
  「相撲の原稿はいつできますか」
  とついさっき電話が。
  「明日送ります」と思わず返答。
  がんばります。

Posted by tekigi1969 at 15:04 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月09日

●「僕は」と仕事で書きました

1、読売新聞に書いたエッセイの
  1回目(全4回)が
  昨日の夕刊に掲載されました。
  (東海地方は今日の朝刊)
  目を通してくださった方、ありがとうございます。

2、実は、仕事の原稿で初めて
  「僕は」
  という一人称を使ったのです。
  顔写真以上に、
  このことに、なんだかドキドキ。

3、これまでは自分なりのルールで
  「僕」「私」「我々」という表現を
  極力使わないようにしてきたのです。仕事では。
  だから、今回は
  ちょっと全裸になったような気分でした。

3、こんな違いは
  読んでいる人には
  あんまり関係ないのかもしれないですね。
  でも、こっちとしては
  結構おおごとだったんですよ。
  800文字書くのに2日かかったもの。

4、読者の方にどんな風に読まれたのかは
  まだちょっと分かりません。
  とりあえず、2回目以降もがんばります。
  名人戦の問題にも
  上手く触れられればいいんだけどなぁ。

Posted by tekigi1969 at 18:58 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月08日

●GW明けのわたくし

1、GW終了。フォカッチャ焼き2回目。
  今度はそら豆をゆでて、
  ジャガイモとともに練りこんでみました。
  だから、ほんのりとグリーン。
  表面にかかっているのは
  イタリアンパセリです。

フォカッチャ第2弾.jpg

2、でも味はイマイチ。
  ジャガイモの
  もっちり感が薄れちゃいました。
  期待が大きすぎたせいかもしれないけど、
  なかなか難しい。

3、こちらの写真は
  ハーブの根出しの様子。

根出し.jpg

4、育ちすぎたハーブを
  水を張ったコップに挿して、
  根っこがある程度出たら土に移す。

5、実をいうと、どの種類のハーブなら
  このやり方でOKなのかよく分からない。
  てなわけで、
  アップルミント、ブラックミント
  バジル、シソ、イタリアンパセリ、ローズマリー
  とにかく全部やってみております。
  どうなるんだろ。

6、今夜は神楽坂の居酒屋さんが
  創業30周年らしい。
  安く飲めそうな予感がするので、
  原稿早めに書き上げて、
  顔出してこよっと。

7、ちなみにあと1週間で
  僕も37周年を迎えます。

Posted by tekigi1969 at 10:58 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年05月07日

●ほどよいスペック

1、友だちがやっている
  itunesのpodcastingを聴こうと思ったら
  WindowsMeでは再生できなかった。

2、「ナウルの衛星写真はあるかな」
  とGoogle earthをDLしようとしたけど、
  これもダメ。
  Skypeも使えない。

3、パソコンは5年まえに買ったもの。
  寿命も近そうだし、そろそろ新しいの
  買わなくちゃいけないのかもしれないなぁ。

4、カッコよさげな新機種は
  どれも機能がすごい。てか、すご過ぎる。
  でも僕はオーバースペックなものは
  ちょっと苦手。

5、嫌いではなくて、
  そんなすごいものを持っている自分が、
  ちょいとばかし恥ずかしい。

5、例えていうなら、
  2リットルペットボトルに
  生ウニギュウギュウ詰め。
  それを抱えて、途方に暮れてしまう感じ。

6、食べられる分だけ口に入れて
  あとは捨てればいい。
  でもウニにそんなひどいことはできないから、
  たぶん必死に食べる。
  きっとそんなのおいしくない。
 「食べきれないくせにウニに目がくらんだ」
  そんな自分を想像してしまうのです。

7、あ、でも、
  後半は焼いたりして変化をつければいいのかも。
  焼きウニって食べたことないや。
  一度やってみたい。

8、なんだっけ。
  あ、そうだ。
  パソコンを焼いたり蒸したりはできないので、
  適度なスペックのもの、探してみようと思います。
  あるかな。

Posted by tekigi1969 at 14:50 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2006年05月06日

●野原とワックスの中間

1、昨日焼いたフォカッチャが
  あまりにおいしかったので、
  再挑戦しようと
  あれこれ思案。
  せっかくだから、違うモノも練りこもう。

2、とりあえず
  ベランダのローズマリーは有力候補。
  でも、
  乾燥させたモノと違って、
  生は風味が強烈なのだ。

3、かつて奥さんがスコーンに
  こいつを練りこんだことがある。
  聞いてみると、
  「野原みたいな匂いがした」
  との答え。
  いい意味じゃなくて、失敗だった。

4、僕も食べたはずなんだけど、
  あんまり覚えてない。
  でも、どうやら、野原らしい。
  野原かぁ。うーん。

5、「あと、ワックスみたいな味もしたよ」
  「そうだっけ?」
  「うん。野原とワックス」

6、野原とワックスの中間の味って
  どんなだろう。
  思い出せないし、想像がつかない。

7、「ていうか、野原にワックスかけたみたいな味」
  「むむう」
  何はともあれ、
  ダメなのは確かなようです。

8、今日の教訓。
  ローズマリーは乾燥させてから練りこむ。
  味覚表現は奥が深い。

Posted by tekigi1969 at 15:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月05日

●フォカッチャ初挑戦

1、新聞の折り込み広告に
  フォカッチャの作り方が載っていた。
  切り抜いて、
  挑戦してみました。

2、ようするに
  強力粉と裏ごししたジャガイモを
  練りこめばいいみたい。

3、バターの代わりにオリーブオイル。
  あとは最後に発酵させてから
  ペシャンとつぶして
  空気抜きの穴をあける。
  表面にもオイルを塗って、焼く。

4、できあがりはこれ。

フォカッチャ.jpg

5、ちょっと小さめ。
  さっき一つだけ食べてみたけど
  かなりうまい。満足。

6、おやつのつもりで焼いたのだけど、
  気がついたらもう6時でした。
  今夜はこれを夕食にします。
  何をはさもうかな。

Posted by tekigi1969 at 18:22 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月04日

●パクチー、顔写真

1、5月になって
  気温が急にあがったせいなのか
  コリアンダーが続々と発芽。
  でも、うちの奥さんはあんまりパクチーが
  好きではないみたい。
  たしかに、あれはクセが強い。

2、というわけで
  一部をポットに移して、苗にしてみました。
  上手く育ったら、
  パクチー好きな人にあげよう。

コリアンダーの一部を苗に.jpg

3、ちなみに、5月は
  僕の誕生日のある月。
  今年、37歳になります。

4、これまで
  仕事で「顔写真を掲載します」といわれるときに
  つかっていたのは
  3年くらい前に
  仲のよいカメラマンさんに撮ってもらった写真。

5、でも最近知人から
  「あの写真、いつ撮ったの?」
  といわれることが多くなってきた。
  どうやら現実とは違ってきているらしい。

6、というわけで
  こないだ家で撮りなおしてみました。
  どんな風になったのかは、
  5月8日の読売新聞夕刊をごらん下さい。
  (一部地域は9日朝刊など→参照

7、プロのカメラマンさんが撮ると
  何とかサマになるのに
  素人がやると、
  犯罪者っぽくなるのは何故なんだろう。
  やっぱりプロってのは、すごいんですね。

Posted by tekigi1969 at 11:45 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月03日

●GW入りました

1、GWですね。
  でも僕のまわりでは
  結構今日も仕事という人も多いみたい。
  おつかれさまです。

2、僕も今朝は取材でした。
  松戸市の佐渡ヶ嶽部屋へ。
  見学の人が30人くらいいました。
  琴欧州人気はすごいんだなぁ。

琴欧州のけいこは軽め.jpg

3、相撲部屋のけいこって
  事前に連絡しておけば、
  わりと誰でも見学できるものなんです。
  一度行ってみるといいですよ。
  朝早いけど。

4、そうそう。
  水道橋博士の「悪童日記」
  拙著「アスリートが育つ食卓」が
  登場していました。
  (こちらの記事→「4月26日水曜日」)
  ありがとうございます。

5、水道橋博士の「博士の異常な健康
  をちょうど読んでいるところでした。
  おもしろいです。
  読了したら感想書きます。

6、明日は休み。
  でも友だちやらその家族やら、
  結構な人数が遊びに来る予定。
  楽しみだけど、
  ごはんもお酒も足りるかちょっと心配。

Posted by tekigi1969 at 19:28 | Comments [0] | Trackbacks [2]

●取材先より

今朝は佐渡ヶ嶽部屋で取材。琴欧州人気もあって30人くらいの人が見学に来ていました。親方の話を聞いた後ちゃんこごちそうになりましたよ。
Posted by tekiteki at 12:24 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年05月02日

●仕事のお知らせとか

1、ネットを巡回していたら
  RHYMESTERさんの公式ブログ
  「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語
  が紹介されているのを発見。
  (こちら→「本日の推薦図書『アホウドリの糞でできた国』」)
  宇多丸さん、ありがとうございます。

2、ただ、著者名が吉田靖になっていました。
  僕は、
  U-19サッカー日本代表チーム監督ではないのだけどなぁ。
  でも、うれしいからいいや。
  ほっほー。

3、発売から1年以上が経っても
  こんな風に紹介してもらえるのは
  単行本のすごいところだなぁと思いました。
  雑誌は
  1週間か1月で過去になっちゃうもの。

4、あと
  5月8日(月)発売の
  読売新聞夕刊「なるほど囲碁・将棋」欄に
  エッセイを書くことになりました。
  以降、毎週月曜、計4回登場する予定です。

5、ちなみに
  このコーナーは地域によって
  掲載日が若干違うみたい。
  僕の故郷、東海地方では
  火曜・朝刊になるそうです。(1回目は9日)

6、あと
  夏あたりから
  某サイトでネット連載をスタートする予定。
  詳しいことはこれから考えます。
  宜しくお願いしまっす。

Posted by tekigi1969 at 13:45 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年05月01日

●5月といえばタケノコ

1、今日は全国的に気温が高くって、
  関東は7月中旬の陽気なのだとか。
  でも、温度は高くとも、今は5月。
  タケノコ第2弾届きました。
  どさっとダンボール1箱。

どさっとタケノコ.jpg

2、昨日掘ったものらしい。
  お隣さんにおすそわけしても
  まだまだたくさん食べられます。

3、4日に友だちが何人か遊びに来るから
  その日はタケノコ三昧にしようかな。

4、でも生のタケノコは処理が大変。
  奥さん、ただいまヌカをつかって
  おりゃあと、次々、ゆでてくれています。

5、おしいくなるといいなぁ。
  上手くアクが抜けたら、
  先っぽは薄くスライスして、
  刺身で食べてみよう。

Posted by tekigi1969 at 15:02 | Comments [4] | Trackbacks [0]

●沖縄の泡盛

1、こないだ植えたあばしゴーヤを
  「中城」さんと名づけました。

あばしゴーヤの苗.jpg

2、「なかぐすく」さんと読みます。
  とくに意味はないけど、
  なんとなく沖縄っぽいかなと。
  元気に育って実をつけてください、中城さん。

3、沖縄といえば
  まのとのまさんの「無敵の沖縄
  を読んでいて
  おおっ!とうれしい発見が。

4、おととし、沖縄に行った時に
  国際通り近くの居酒屋さんに入ったのです。
  お店の人に
  「沖縄に来たのは初めてなのだけど、
   どの泡盛を飲んだらいいかな」
  と相談したら、いくつか選んでくれました。

5、そのうちの一つが
  ものすごくスッキリしていておいしかった。
  でも、名前を失念。
  「なんとか川」だったんだけどなぁ。

6、そしたら、この本にその泡盛が登場していました。
  50ページに出てくる
  「多良川」という泡盛。
  そうだ、これだ!

7、玉城の垣花樋川の水をつかっているのだとか。
  そっか。水がいいのか。

8、自分が「おいしい」と思ったモノが
  「マジうまかった」と書かれていると、
  なんだかうれしいものですね。
  本に登場するそれ以外の酒、料理も
  俄然、うまそうに見えてきます。

9、そういえば、
  泡盛ってタイ米でつくるんですね。
  今まで知りませんでしたよ。

無敵の沖縄
無敵の沖縄
posted with 簡単リンクくん at 2006. 5. 1
まのとのま著
アスペクト (2006.4)
通常24時間以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 11:17 | Comments [2] | Trackbacks [0]