2006年05月06日

●野原とワックスの中間

1、昨日焼いたフォカッチャが
  あまりにおいしかったので、
  再挑戦しようと
  あれこれ思案。
  せっかくだから、違うモノも練りこもう。

2、とりあえず
  ベランダのローズマリーは有力候補。
  でも、
  乾燥させたモノと違って、
  生は風味が強烈なのだ。

3、かつて奥さんがスコーンに
  こいつを練りこんだことがある。
  聞いてみると、
  「野原みたいな匂いがした」
  との答え。
  いい意味じゃなくて、失敗だった。

4、僕も食べたはずなんだけど、
  あんまり覚えてない。
  でも、どうやら、野原らしい。
  野原かぁ。うーん。

5、「あと、ワックスみたいな味もしたよ」
  「そうだっけ?」
  「うん。野原とワックス」

6、野原とワックスの中間の味って
  どんなだろう。
  思い出せないし、想像がつかない。

7、「ていうか、野原にワックスかけたみたいな味」
  「むむう」
  何はともあれ、
  ダメなのは確かなようです。

8、今日の教訓。
  ローズマリーは乾燥させてから練りこむ。
  味覚表現は奥が深い。

Posted by tekigi1969 at 2006年05月06日 15:38
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/881

コメント
コメントしてください




保存しますか?