2006年05月24日

●うしろ向きに進む少年

1、タバコを買いに出かけたら
  坂道を、うしろ向きに歩いている
  ランドセルの男の子を見かけました。

2、ああいうのって
  子どものころ、なんでか、必ずやりますよね。
  1つの石をけり続けて歩いたり、
  側溝のふたの上だけ選んで帰宅とか。

3、彼も、たまに電柱にぶつかったりしていました。
  チラッと振り返りながらも、
  結構がんばってテクテク行く。
  表情は真剣そのもの。

4、「うしろ向き」といえば、
  「どうどう巡り」の「どうどう」って
  「堂々としている」の「堂々」と同じなんですね。

5、そう思って「堂々巡り」という字を見ると、
  胸を張って、同じ場所をぐるぐる回るイメージが
  浮かんでしまって、ちょっとポジティブ。
  ホントは「お坊さんがお堂の周囲をまわる」
  ことから来ているらしいです。

6、「DODO巡り」と書くと、さらにポジティヴ。
  ブじゃなくて、ヴ。
  略してDDツアー。
  答えの出ないことで悩んでても
  「DDツアーに行ってきます」といえば、なんとなく明るい。

7、マジカルミステリーツアーってのも、
  わりとDDツアーの一種のような気もします。
  いや、よく分かんないけど。

8、あの少年は、家までたどりつけたのかなぁ。
  もし最後まで行けたら、
  すごい達成感を感じるんでしょうね。
  ビールがうまそう。
  もちろん、小学生は飲めないんだけど。

Posted by tekigi1969 at 2006年05月24日 18:26
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/900

コメント
コメントしてください




保存しますか?