2006年08月30日

●夏休みが終わる

1、昨日の夕方。
  自転車に乗って、近所の駄菓子屋さんの前をとおると、
  子どもたちが集まっていました。
  女の子4人、男子2人。小学生くらいかな。
  何の話をするでもなく、だべっている感じ。

2、帰り際、まだ何人かが同じ場所に残っていました。
  ちょっと暗くなりかかっているんだけど、
  とくに話すことも、やることもないんだけど、
  何となく、いる。そんな風情。

3、彼らのそばを走り抜けてから、
  「あ、そうか」と気づきました。
  昨日は8月29日。火曜日。
  夏休みは木曜日までなのだ。

4、日曜の夕方もさみしいけれど、
  夏休みの終わりに感じるあの無力感には、
  やっぱりかなわないと思う。
  1ヶ月以上も続いたぶんだけ、すごくすごくさみしかった。

5、たぶん、あの子たちは
  遊ぶためにあそこにいたんじゃなくて、
  ただ、帰りたくなかったんだろうな。
  そういうさみしさには、
  これからも、あんまり慣れたくないな、と僕は思う。
  なんか、もったいないじゃん。

Posted by tekigi1969 at 2006年08月30日 16:29
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1003

コメント
コメントしてください




保存しますか?