2006年09月21日

●サイダーハウスへ歩いてゆこう

1、僕の冗談は、かなり分かりづらいらしい。
  だから普段は言わないようにしている。
  でも、気を抜くと、出る。
  こないだも
  「この話、アーヴィングの小説に似てると思わない?」
  と奥さんにいわれて
  「ジョンの方?」
  と答えてしまった。

2、でもさすがに慣れているので、
  「ジョンじゃないアーヴィングって?」
  とすぐに聞き返されて、困った。
  そんなこと、考えていったわけじゃない。

3、「えと、ジュン・・・」
  「ジュン?」
  「ジュン・スカイ」
  「・・・・」
  会話はこれで終わり。
  ごめんなさい。何も思いつきませんでした。

4、でもさ、ジュン・スカイ・アーヴィングなんていう作家がいたら
  きっと僕は手にとると思うな。
  ちょっと中身は想像もつかないけど。

5、てか、
  アーヴィング(ジョンの方)がジュン・スカイ・ウォーカーズの
  伝記書いたら、それは絶対おもしろいと思う。

     

Posted by tekigi1969 at 2006年09月21日 18:45
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1030

コメント
コメントしてください




保存しますか?