2006年10月22日

●プロ野球日本シリーズ第1戦(改行なし)

昨日は日本シリーズ第1戦。ドラファンとしては、名古屋ドームに行きたかったけど、週明け〆切の仕事がいくつかあるので断念。でも、ひさしぶりにテレビ中継があるので、大丈夫。10月10日のセ・リーグ優勝決定戦は、なんと地元名古屋でも地上波中継がなかったらしいですね。人気ないのかしらん。でも、そのおかげで前日にチケットとれたのかも。なら良しとせなば。ちなみにあの日、東京ドームでは当日券まで売っていたんですよ。ううむ。まあ、何はともあれ、日本シリーズはさすがに中継がある。荒木・井端の守備が自宅で観られるのはうれしい。午後6時のテレビ放送開始まで仕事に集中。依頼されている原稿の1つは、日本ハム新庄についての記事。敵チームの選手だけど、発言まとめ読むとやっぱりおもしろい。あんなキャラの選手は30年に一度だろうし、ファンからも愛されて相思相愛状態になるなんて、100年に一度あるかないかの奇跡かもしれない。「スター性」ってどこから来るんだろうなあ。ドラゴンズの井端にもそんなオーラがあればなあ。とかなんとか思っていたら、プレーボール。仕事中断してビール片手にテレビの前へ。1回の攻撃が終わったあたりで、実家の母親(巨人ファン)からケータイメールが来ました。「イケメンガルビツシユやるじやない」。ケータイメールつかうようになって1年ぐらい経つ母だけど、まだ小さい「っ、ゃ、ゅ、ょ」は苦手な模様。ダルだし。ガルじゃないよ、おっかさん。てか、それよりも自分の母親が「イケメン」という言葉をつかうのをはじめてみました。さすが日本シリーズ。たしかに、ダルビッシュはピンチに陥って顔面蒼白になっていてもカッコよかったです。でもでも、ヒット性の当たりを難なくさばいた井端のフィールディングとか日ハム外野陣の守備範囲の広さもガルに負けてなかったと思う。おっと、ダルでした。ああいうプレーは、ほとんど超能力だなあと僕は思ってしまいます。自分は一生、ダブルプレーなんてできないだろうし。まあ、それはともかく、そんなこんなで、中日ドラゴンズ、1勝しました。おっしゃー。この日は剛球投手対決だったけど、今夜の先発は山本昌-八木との予想が出ています。どちらも、ストレートがほぼ全て130キロ台。超ベテランとルーキーなのに、この二人はピッチングがえらく似てて、遅いのになんでかちっとも打たれない。どちらも今年9回までノーヒットの試合がある。これも超能力だと思う。第2戦も楽しみです。

Posted by tekigi1969 at 2006年10月22日 15:57
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1065

トラックバック

» [中日]日本シリーズ編 from プロ野球
 日本シリーズ第2戦がナゴヤドームで行われ、地元で連勝を狙った中日でしたが、2−5と競り負けました。日本シリーズ5度目の先発となったベテラン山本昌が7回途中まで... [続きを読む]

Tracked on 2006年10月22日 23:50
コメント
コメントしてください




保存しますか?