2006年10月09日

●それぞれの愛のかたち

1、ちょっと前に
  中国の兵馬俑に憧れたドイツ人アーティストが
  坑内にまぎれこんで逮捕されたという記事がありました。

2、こっちの記事では
  あんまりピンとこなかったんだけど
  こちらの記事の写真で、「なるほど!」と思いました。
  この人は
  兵馬俑の像が欲しかったんじゃなく、
  兵馬俑そのものになりたかったんですね。

3、恋愛でも、
  「あの人を手に入れたい」タイプと
  「あの人みたいになりたい」と思うタイプがいる。
  これと似ているんじゃないかな。
  きっと、愛情表現だったような気がします。

4、とはいえ、兵馬俑は、個人じゃなくて、集団。
  あの像の集合体の一部になることが
  愛の成就だったのかどうかは、
  はた目から判断するのはかなり難しい。

5、もし見つからなかったら、
  あのままずっと立ちつくして、
  紛れ込み続けたんだろうか。
  その時、彼はどんな気分だったんだろう。興奮してた?
  ううむ。なんというか、業、深すぎっす。

6、でも、その辺の若干の分かりづらさが、
  独特の味わいになっていたり、
  コクにつながっていると思います。
  三島由紀夫が生きていたら、
  なんと言ったか、ちょっと興味あります。

Posted by tekigi1969 at 2006年10月09日 18:23
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1050

コメント
コメントしてください




保存しますか?