2006年10月16日

●ナウル近くの島、ニウエもたいへん

ナウル共和国に近い島、ニウエ。
  (「ナウルって何?」という方は
   このBLOGの「ナウル共和国カテゴリー」の過去記事
   または拙著「アホウドリの糞でできた国」をご参照下さい)

場所はナウルの南東、トンガの東480キロです。
総面積は259キロ平方メートル(ナウルの約12倍)ですが、
01年時点で住んでいる人は1788人とのこと。

自治権を持ってはいるものの、
隣国ニュージーランド自由連合に所属。
日本政府の分類では「国」でなく「地域」です。
とはいえ、
まあ実際には、国みたいなものだと思います。

そのニウエが今、ちょっと大変らしい。
Niue tourism authorities worried about future of Matavai resort
Niue acting premier still in dark over Matavai plans
(Radio New Zealand International
 の9月26日、29日の記事。どっちも英語です)

ニウエに来る観光客の
半分を収容するMatavaiリゾートホテルに
Vastu Shastra(ヴァスツ・シャストラかな?)
と名乗る謎の集団が5ヶ月も居座っていて、
来年まで予約が入っている。

ここままじゃあ観光事業に支障があるし、
乗っ取られるんじゃないかという心配も出てきた。
ともかく、彼らが何者で、
どうしたいのかが分からないから、
教えてくれないと、入国ビザを取り消すよ。

ってな感じのようです。

Vastu Shastraを英語版wikipediaでみてみると、
どうやらインドの新興宗教っぽい団体みたい。
建物と気の流れを調和させるのだとか。 うーん、たしかによく分からない。
この辺の正体不明さが
政府にとっては気味が悪いのかもしれません。

なんとなく、白装束集団の一件を思い出すなあ。

ニウエはナウルと違って
天然資源がまったくないそうです。
ニュージーランド等に移住した
2万人ぐらいのニウエ人からの送金と援助によって
財政が成り立っている状態。

だから観光は国家の存亡を賭けた一大事業。
この出来事はかなりシャレにならん事態なのです。

とはいえ、
ホテルが5部屋長期予約されただけで、
政府が登場して、ニュースになる国というのもすごいっす。

ここに至るまでの経緯もいろいろあるようだし、
今後の動きも含めて、
ニウエ情報、ちょこちょこ書いてみようと思います。

 
  ↑
 ナウル共和国本もまだまだ書店で発売中です!
 宜しくお願いします。

Posted by tekigi1969 at 2006年10月16日 17:40
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1057

コメント
コメントしてください




保存しますか?