2006年10月28日

●「うまい」「はやい」「やすい」の順

昨日に引き続き、
休刊した某雑誌に書いた原稿を
修正して、アップします。
吉野家に関するコラムです。

1、吉野家のキャッチフレーズといえば
  「うまい」「はやい」「やすい」。
  この順番・平仮名になったのは実は93年から。

2、その前は「早い」「うまい」「安い」。
  吉野家の前身である
  築地店にみの営業だった時代には
  「安い」はなかった。

3、ようするに、
   「早い」「うまい」
  →「早い」「うまい」「安い」
  →「うまい」「はやい」「やすい」
  と変化してきたことになります。

4、外食産業の隆盛やファーストフードブームなどに
  対応してきた歴史が感じられます。
  80年代に吉野家は一度倒産を経験しました。
  さらにこのころ、同業他社も増加。
  この時期に「味」を筆頭にした、現在の順になったのです。

5、ちなみに80年代の牛丼ブームは
  キン肉マンの影響が大きいといわれています。
  原作者である、ゆでたまごさんは関西在住で、
  連載を始めたばかりの頃は吉野家を知らなかったらしい。
  だからキン肉マンの牛丼は「なか卯」がモデルになっているのだとか。

6、「人間は12歳までに食べていたものを一生食べていく」と語ったのは、
  元日本マクドナルド社長の故・藤田田氏。
  その持論に基づいて、子ども向けキャンペーンを積極的に展開しました。
  80年代のキン肉マンは
  牛丼にも、同じ効果をもたらしたのかもしれません。

Posted by tekigi1969 at 2006年10月28日 21:04
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1079

コメント

セリーヌ風 トートバッグ

Posted by セリーヌ バッグ カバ at 2013年10月23日 16:56
コメントしてください




保存しますか?