2006年11月12日

●妖怪がいたらよかった

このあいだどこかの中学校で起こったいじめによる自殺のニュースを見ました。不思議だなあと思ったのは、発端のところ。中学生の息子が夜中にエロサイトを閲覧しているのを親がみつけて、それを学校に相談しに行ったというくだり。これは普通のことなのだろうか。僕には子どもがいないから、こういうとき、自分が10代だったころを思い出して、そこから「何が普通か」を考えてしまいます。あの頃はエロサイトなんてステキなものはなかったからエロ本でした。隠しておいたつもりだったんだけど、一度、見つかった。

エロ本は、たしか母親に勝手に捨てられちゃったはず。帰宅したら全部なかった。あの雑誌も、遠方の書店まで出かけて苦労して買ったあの写真集もない。でもいえない。抗議もできないし、恥ずかしかったし、だからすげえ頭にきた。捨てなくたっていいじゃん。父親からそれとなく「うまいことやれよ」的なことを言われたような記憶もあって、それもむかついた。でも、今になって思えば、あれで済んでよかったなという気もします。もしあの時、学校に相談なんてされていたら。考えだけでもかなり恐ろしい。別にからかわれなくたって、ペシャンコになったかもしれない。ただ、仮に相談にいっていたとしても、先生が相手にしなかったんじゃないかとも思う。でも、今回のニュースは全然そういう風じゃなかったみたい。何だか全員がびっくりするくらい真剣で、サラッと流してもらえない。その辺がどうにも分かんなくて、ヘンテコな気分です。エロサイトの課金について心配したのだとしても、こんなの「うちの子も、大人になったのね」で笑い飛ばせばよかったんじゃないかなあ。課金の件だけをしっかり叱ればそれでいいと思う。それともこういう感覚はいつの間にか古くなったのかな。知らないけど。

そういえばこの手のことで、一度だけ母親とケンカしたことがあります。友だちがふざけて女性用のパンティーをどっかで仕入れてきて、教室でそれをネタにみんなで遊んでいたんです。アホっぽいけど、男子中学生はわりにそういうモノです。でした、なのかな。それはともかく、そのパンティーは最終的に僕のカバンに入ってしまいました。それに気付かないで帰宅して、カバンを放置。母親が見つけて「どういうこと?」と聞いてきた。あわわ。書いているうちに、けっこうはっきり思い出してきた。僕は「知らない」としかいえませんでした。母は「パンティー」という単語を口に出すことができずに「でも、これはあれでしょ」「うん、あれだと思う」「じゃあ、あなたのものじゃないじゃない」「僕のじゃないよ。でも知らない。誰かがいれたんじゃない?」「このあれの持ち主がそんなことしたの?」「持ち主じゃなくて、友だちのイタズラだよきっと」「どうしてそんなことするの」「そんなの知らないよ」「こんなふうにいつもイジメられてるの?」「そんなわけじゃないってば」「じゃあ盗んだの?」「盗んでないよ」「盗んだのなら犯罪になるのよ」「だから違うって」「これ、はくつもりじゃないわよね」「・・・」だいたいこんなような感じだったと思う。バカみたいな会話だけど、当時はすごくシリアスな問題に感じられた。子どもだったんだなあ。

こういう会話が困るのは、お互いがホンネを口に出さないからだと思います。だからタテマエ的な部分だけで話が進んでしまって、ナイーブ過ぎる展開になる。「パンティー」だとか「オナニー」なんて言葉を避けようとするあまり、本筋とは違う方向に話がどんどん行ってしまって、ひどいときには、突き詰めすぎて抜き差しならなくなってしまう。引っ込みがつかなくなる前に、アイマイに納得してやり過ごすしか手はないんじゃないのかしらん。「エロい本が好きなんだよ」と開き直るのもアレだし、「そうか。お前はおっぱいの小さい子が好きか!」なんてフランクに受け入れる父親・母親もちょっと困る。だから、ナイーブになり過ぎないように、「とりあえず置いとこう」みたいなざっくりした感じでスルーするのがよさげですよ。やっぱり。前にもチラッと書いた気がするけど、こういう直面しづらい問題は「ひとまず妖怪のせいにしとく」のがお勧めです。妖怪がカバンにパンティーをいれたり、パソコンの履歴にエロサイトのURLを残したりしたんだと考えればすごく楽。「悪い妖怪もいるもんだな」といったん場をおさめることができるし、その妖怪を想像するとおもしろい。反省とか解決はそのあとでゆっくりやる。いや、冗談でなく、変なおっさんを道端で見かけたときに「キツネつきだ」と考えると、かなり余裕をもって対応できるんですよ。妖怪って、もともとこういうときのために生まれたんじゃないのかな。一時的に自分をだまして、場をだます。目くらましのようなテクニック。妖怪「エロリンクふみ」なんて、世界中のマウスのなかでボールを転がしていそう。なんてなことを想像しても、やっぱりマジメに相談するひとはするんだろうか。分からない。なんとなく困ったなあという気分が残る。

Posted by tekigi1969 at 2006年11月12日 06:58
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1117

コメント

こんにちは。さらに悲しいことに、少年はエロサイトでさえないflashアニメを観てただけだった(親の先入観によるものだった)という話も……。

Posted by のだめだめ at 2006年11月12日 07:51

>のだめだめさん
 こんにちは。コメントありがとうございます。
 少年が見ていたサイトについては
 いろんな話が出ているみたいですね。
 flashアニメ。たしかにありそう。
 なんにしても、シャレにしてあげられたらよかったのになあと思います。

Posted by 適宜更新 at 2006年11月12日 09:37
コメントしてください




保存しますか?