2006年11月17日

●物件探しスタート

昨日は横須賀に行ってきました。ここ1年くらい、ずっと引越しを考えていて、その候補地のひとつなのです。できれば今回は買っちゃうつもり。物件情報サイトを比較してなんとなく相場は見えてきたので、とりあえず行ってみることにしました。朝決めて、昼には出発。それほど気合が入っていたわけじゃないんだけど、こういうのってきっと勢いが大切なのです。基本条件は、海がある程度近いこと。魚がうまそうだし、そういう場所に住んだ経験がないから興味がある。んで、好きなように改築したいので、古いこと。あと、野菜が植えられるような庭があること。そしてなにより、安いこと。高くてもいいんだけど、ライターという商売は決まった固定給がないから、たぶんあんまり大きなローンは組めないと思う。経験ないから詳しくは分からないけど。

横浜駅経由で京急にのって、目的地へ。駅を下りてひとまず海を見に行きました。猿島が目の前。バーベキューやり放題の広場で凧をあげているおじさんがいて、ぼやーっと散歩しているおばあさんとか釣りをしているひとがいる。やっぱり海いいじゃん。こんなのがそばにあったらうれしい。釣りもしてみたいけど、魚屋さんで買ってもやっぱり美味しいのかな。なんて急に気持ちが盛り上がってきました。海とかでっかいものって、頭をシンプルにしちゃうのかもしれません。その余波を借りて、ネットで見つけた地元の不動産屋に突入。あれこれ好き勝手な要望を並べ立てて、資料を見せてもらい、適当に選んだ5件をひとまず見せてもらいました。

京急線の駅でいうと、汐入、横須賀中央、県立大学あたり。あのあたりは国道を境にして、二つの世界があるみたい。海側の埋め立て地は再開発が進んでいて、でっかいマンションがどかどか立って、ショッピングモールが賑わっている。内陸側は山が近くて、坂が多い。街道沿いっぽい雰囲気の商店街はシャッター通りになっているところもちらほら。でも八百屋さんとかはわりに元気にがんばっている。なぜか銭湯があちこちにある。セーヌ川左岸、右岸ってこんな感じだったのだろうか。違うかな。この両者がごっちゃになる駅の近くの飲食街には米海軍の兵士がたくさん歩いていました。ちょっとだけ沖縄みたいな雰囲気。僕らが目指す物件は、ほぼすべて、坂の上のほう。クルマは絶対にのぼれないような細い路地を上がったところにある物件が 安くなるみたい。とにかく階段が狭く、キツイほどお手ごろになっていく。足腰が鍛えられそうだし、理由がはっきりしていてリーズナブルだなと思いました。見ていると、けっこう年配のおじいさん、おばあさんも淡々とのぼっていく。横須賀生まれだという不動産屋さん曰く「このあたりが横須賀でいちばん長寿らしいです」とのこと。ホントかしらん。でもこういうのって、慣れるものなのかもしれない。長すぎる階段には、途中にベンチが置いてあったりしました。

不動産屋さんを出て横須賀中央駅前をぶらぶら。ウワサに聞いていた伝説の居酒屋さん「銀次」に行きました。居酒屋研究会の太田和彦さんも絶賛したというお店。昭和30年頃から何も変わっていないという店内は、ムダとか過剰なものが何もない。安くて、うまくて、入りやすくて、居心地がいい。湯豆腐350円。でっかくてうまい。熱燗300円。おいしい。カウンターの色に歴史が感じられます。でもすごく清潔できれい。「レトロ風」をいくら追求してもこの感じはなかなか出ない気がします。改装やらしないで50年間淡々ときれいに手入れし続けた強みにはかなわないなあ。お会計のときに登場したそろばんもむちゃくちゃ年季が入っていてカッコよかったです。

ほろ酔いで駅に向かったら「昭和3年創業 元祖フランスパン」というパン屋さん発見。じろじろ見ていたら、お店のおじいさんに「このあいだはありがとうございました」と頭を下げられちゃいました。なんだなんだ。フランスパンは売切れだったので、アップルパイを買ってそそくさ。パイは生地がさくさくしてうまかったです。具はふつうかな。ちなみにこのパン屋さんでも、煮締まったいい色のそろばんが登場しました。神社で酉の市をやっていたので、ついでにお参り。ダシモノなんてない、小じんまりとしたお祭り。僕は並ぶのが大の苦手なので、このくらいの祭りが好きです。ちょっと得した気分。住んでもいいかもしれないなぁと、頭のなかがさらにシンプルに。いかん。物件探しは慎重にせねば、とカツを入れる。実は、三浦半島のもうちょい先にも興味がわいてきたのです。不動産屋さん曰く「あっちの方のお祭りは、朝から夜10時ぐらいまでただおみこし担ぐだけとかでおもしろいですよ」とのこと。おおっ。てなわけで、来週は浦賀と三崎口周辺の物件を案内してもらうことにしました。楽しみ。この勢いを大切にしつつ、慎重に探したいと思います。んで、帰りはまた銀次に寄ろう。

 
居酒屋道楽
居酒屋道楽
posted with 簡単リンクくん at 2006.11.17
太田 和彦著
新潮社 (2006.6)
通常2-3日以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 2006年11月17日 11:54
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1124

コメント

なんか・・・あ、お久しぶりです。
ヨコスカのことをほめてくださってウレシイ。
だって私のふるさとだから。
わたしには横須賀は
暗いなぁ・・・というイメージなのですが
(なぜかはわかりません?)
そっか、ふるさんにはそう見えますか・・・。

うちも借家を所有してま~す。鴨居です。
浦賀からバス5~10分、徒歩オナジク
ってとこかしら。高い・・・か安い・・・かは
すみません、いまよくわかりません。
海は歩いてやはり同じくってところでしょうか。

でもふるさんがあそこらへんを歩いてらっしゃる
のを想像すると・・・イイカンジ。ふしぎ。

Posted by ささきまさこ at 2006年11月24日 09:45

>ささきまさこさん
 おっと、ちょっとひさしぶりです。
 前のHNでいうと、まさっぴでいいんだよね。
 横須賀出身だったんだ!知らなかった。
 てか、鴨居!!
 実は気に入ってる物件が1つ、まさにそこにあるのです。
 どんなところだか聞きたいので、
 もしよかったらtekigi@hb.hiho.jp宛にメールでもくださいまーせ。
 

Posted by 適宜更新 at 2006年11月24日 10:08
コメントしてください




保存しますか?