2006年11月19日

●落ちている靴下

こないだ高速道路そばの道を歩いていたら、なんでか自動車の座席シートが置いてありました。てか、捨ててあったのかな。どうしてこの場所でそういうことになったのだろう。あれこれ想像するんだけど、うまい理屈が浮かばない。このあたりで事故があったという話も聞かない。近くにスリッパが転がっているのも分からない。靴下が片っ方だけ脱ぎ捨てられている。一体何が起こったのだろう。いまだに結論は出ていません。

靴下ってのは、わりに路上でよく見かけるモノのひとつです。ガードレールの脇、草むら、畑あたりによく落ちている。僕は路上ではほとんど靴下を脱いだ経験がないんだけど、そういう一派がいるみたい。それともある種の仕事や役職につく人には、どうしても靴下を外に捨てなければならない事情でもあるのかな。でも、家でしか脱がない僕でも、どういうわけか片っ方ずつなくなることは多い。タンス→履く→洗濯機→干す→タンスというルーチンしか経ていないはずなのに、ある日忽然と消える。消滅する。僕はあれをタコの一種だと思っていて、狭いタンスのなかにずっと置いておくと共食いをするんじゃないかと想像しています。すぐ横にあるやつを食う。だから両方いっぺんにはなくならない。この話はずっと前に書いたかもしれないけど、まあいいや。とにかく、知らないうちに穴が空くのが共食いの何よりの証拠だと思うのです。

とはいえ、一見スキのなさそうに見えるこの仮説にも弱点があります。共食いをしたはずの靴下の大きさが変わらないのはなぜか、という疑問が生じるのです。食ったら育つはずなのに、ちっとも育たない。ということは、食べたぶんをそのままどっかに排泄しているはずです。靴下糞。まだ、それらしきモノを見たことはないのだけれど、ハンガーが怪しいと僕はにらんでいます。あれは栄養を与えているわけでもないのに、どんどん増殖する。クリーニングなんてめったに出さないのに常に服の数より圧倒的に多い。ハンガー同士が生殖活動をおこなっている可能性もありそうだけど、靴下糞をハンガーが食って、分裂するんじゃないかしらん。タンス内の食物連鎖。ただ、靴下がしまってある場所と、ハンガーがかかっているところとは、ちょっと距離がある。そこが謎。歩くのか。どちらかが。もしかしたら、路上に落ちている靴下に、この移動に関するヒントが隠されているのかもしれません。今度拾ってみようかな。いや、やっぱりやめとこう。

 
 メンズ 5本指ソックス

Posted by tekigi1969 at 2006年11月19日 16:25
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1131

コメント

カナダかどっかに、靴下のかたっぽだけ売っている店があるそうです。
きっとそこまで彼ら彼女らはちょっとした旅をしているのですよ。
だって うちにも靴下糞ないし。きっとそうにちまいない。(^^v

Posted by kei at 2006年11月20日 23:45

>keiくん
 カナダっすか。
 ってことは、ログハウスのなかに
 片方ずつの靴下がずらっと並んでいて、
 どうしてもあきらめきれない人々が
 「もしや」とここに駆けつけるんでごんすね。
 そうかあ。教えてくれてありがとう。

Posted by 適宜更新 at 2006年11月21日 17:15
コメントしてください




保存しますか?