2006年11月21日

●物件探しその2

昨日は、一日ずっと物件探し。(前回はこちら→「物件探しスタート」)三浦半島のさらに先に行ってきました。前回見せてもらった横須賀中央駅周辺の格安物件は急な階段の上が多かったけど、こちらは同じ価格帯でもわりに平坦。もちろん都心部からはさらに遠くなるけど、毎日通うわけじゃないので、その辺はガマンしなくちゃいけない。不動産屋さんと会話しているうちに、自分たちの強みが少し分かってきました。「駐車場いらない」「駅から徒歩20分はOK」「階段は気にしない」「古いほどいい」というあたりが武器になりそう。この辺は妥協する代わりに、日当たりとか湿気、価格はこだわる。こういう感じになっていくみたい。あと、せっかくだから、やっぱり海に近いほうがいい。

 やっぱり海はいいっす.jpg

不動産屋さんに到着すると、雨は止んで晴れてきました。期待していた三崎口周辺は適当な物件がほとんどないとのことで、今回の下見は断念。ううむ。営業のTさんが運転するクルマで出発。「ネットで見ましたけど、ナウル共和国っておもしろいですね」と突然言われてびっくり。名刺渡したから、すかさずチェックしたんだろなあ。さすが。でも悪い気はしないです。もしかしたらこのブログもみているかも。まあ駆け引きしてるわけじゃないから、いいんだけど。今後ともお手柔らかによろしくお願いします。ナウルトークをしながら三浦半島を南下して、あちこちを下見。かなり気になるエリアを見つけました。アタマにぼんやり描いていた雰囲気に近い。漁村があって、のんびりしてて、ほどよく栄えている。駅からは遠いけど、傾斜がそれほどきついわけでもない。そのエリアで「おっ」と思う物件にもぶつかりました。見晴らしがよくってほとんど文句なし。おおおっ。

自分としてはあんまり表情に出さないようにしていたつもりだけど、プロにはすぐ分かったようです。あとで聞いたら「あの物件はいちばん長く見ておられました」と言われました。40分くらい居たらしい。バレバレじゃん。でも、かなり心が動いたのは事実だけど、10軒ほど見ただけで即決していいのだろうかとも思うわけです。脳内のナニカが「慎重に、慎重に」と僕に告げている。なにしろ、こういう買物をするのは初めてだから、「こうなったら買い」みたいな判断基準が分からない。決められない。ただ、なんとなく、もうちょいじっくり構えて、しっかり納得したいという感じ。最後に背中を押すのは、やっぱり自分でありたい。ひとまず、ここを基準にして、もっと安くてイイものがないかどうかをさらに見ようと心に決めて、この日は終了。来週同じエリアでさらにいくつか見せてもらうことにしました。あと、もう一つの候補だった外房エリアもチェックしておこう。

帰り際「横須賀中央の銀次に行ったら、渋くてよかった」と地元出身のTさんに話したら、渋くてうまい居酒屋をいくつか教えてくれました。不動産屋さんを出て「ひとまずビールだ」と、スーパーで買って、海辺でごくり。「かなりその気になってきたみたいだねえ」と奥さん。ちょっとシャクだけど、そうかもしれない。なーんか、一気に引越すのが楽しみになってきたっぽい。やっぱりこういうのって勢いなんだなあ。ビール1本飲んで、横須賀中央駅そばの焼き鳥屋「忠孝」へ。創業昭和33年だとか。安くてうまい。とくに満州焼が気に入りました。僕は焼き鳥はいっつも塩にしちゃうんだけど、ここはタレがうまいと思う。日本酒を少しだけ飲む。こないだも通った「元祖フランスパンのお店」の店頭で、ウワサのフランスパン発見。でも、どうみても、フランスパンじゃない。なんだろう、これ。買いました。このパンについては、また、のちほど。

Posted by tekigi1969 at 2006年11月21日 10:55
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1134

コメント

いいですねえ、購入前提の不動産めぐり。
私には夢の夢・・・。
たくさん見過ぎると迷うかもしれませんが、
勘を大事にしつつもじっくり回って下さいな。
念願の海のそばですものね。

私は川べりがいいなあ。

Posted by sesami at 2006年11月21日 13:04

>sesamiさん
 思い切って行動すると
 わりに「買えるものなのだなあ」と
 実感が増してくる感じです。
 でも、物件探しだけでもかなり楽しいですよ。
 ずっと探していたいぐらい。
 そんなわけにはいかないんだろけど。
 

Posted by 適宜更新 at 2006年11月21日 17:18
コメントしてください




保存しますか?