2006年11月22日

●元祖フランスパン

1、昨日記事(→こちら)で紹介した「元祖フランスパン」。
  横須賀中央駅前の「横須賀ベーカリー」で購入しました。
  写真はこれです。

 元祖フランスパン.jpg

2、なんというか、見た目はほとんど大雑把な感じのコッペパン。
  表面に照りがないから「ちょっと違うかな」というぐらい。
  食べてみると、生地はたしかにフランスパンの味。
  でも表面は柔らかくて、ふんわりしている。すごく不思議な感じ。
  素朴な甘さ。たぶん粉の味。すごくおいしい。

3、店内に張ってあった雑誌記事などによると
  このお店は昭和3年創業で、
  当時からずっと、このフランスパンを出しているようです。
  (こちらのサイトにお店の写真が紹介されています
  →「横須賀レトロ三題湘南国際村じゃらんさんより)
  「元祖」というのが本当ならば、
  約80年前の日本では、これが「フランスパン」だったのかもしれません。
  今度、パン屋歴50年のうちの父に聞いてみよっと。

4、パン焼きを趣味とする僕の想像では、
  これはたぶんフランスパンの粉をつかって、
  通常のパンの製法で焼いているんじゃないかと思います。
  高温・蒸気圧をかけずに、仕上げるから、柔らかくなる。
  違うかな。イーストにも秘密があるかも。

5、まだ二回しか行っていませんが、
  店内で作業していたのは、おじいさんとおばあさんばかりでした。
  この味は後世に残して欲しいなあ。
  レトロおしゃれなお店の外装も含め、味わい深いパンだと思います。

6、なお、ここのフランスパンは
  追加料金を払うと、ジャムやバターを塗ってもらえます。
  やっぱコッペパンなのかしらん。うまいから、いいけど。

Posted by tekigi1969 at 2006年11月22日 06:52
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1135

コメント
コメントしてください




保存しますか?