2006年11月25日

●いつか言いたい

「あのさ」
「なに?」
「いつか言ってみたい言葉をまたひとつ見つけたよ」
「うん」
「『こっちから願い下げよ』と言ってみたい」
「ああ。あんまりつかわないね」
「でしょ。言いたいな」
「でもさ」
「うん」
「語尾、変じゃない?男だったら『よ』は言わないと思う」
「そうかなあ」
「『だぜ』とか『だ』じゃないかな」
「うーん。それだと何か微妙に、なるいよね」
「なるい?」
「うん。なるい気がする」
「それ、方言?」
「いや、分かんない」
「どういう意味なの?」
「気付いたらつかっていた言葉だから説明しづらいな。『ぬるい』『ゆるい』『かったるい』を混ぜ合わせたような意味かな」
「ほお。なんとなく分かるような」
「わりに通じるよ。つかったらいいよ」
「りょうかい。でもさ」
「うん?」
「『願い下げだぜ』の、どこがなるいのかは分かんないや」
「そう?」
「うん。でもいつか言えるといいね」
「ありがとう。がんばるよ」

Posted by tekigi1969 at 2006年11月25日 21:37
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1142

コメント

願い下げだ!
願い下げよ!
に違いがあるとすると、女性が言うのがキツイということですよね。
ただ、
願い下げだぜ!
は、ちょっとなるい気がします(同意を求めているようにも思える部分があるので)

Posted by BLUEPIXY at 2006年11月27日 04:45

>BLUEPIXYさん
 「なるい」感、伝わったようでうれしいです。
 誰にも分からないかな、とちょっと不安だったのですよ。
 いわれてみると
 たしかに「だ!」ならば、それほどなるくはないですね。
 

Posted by 適宜更新 at 2006年11月27日 22:20
コメントしてください




保存しますか?