2006年12月02日

●恐竜食らう横綱

1、恐竜の歩き方には諸説あるらしい。
  二本足、四本足に分類できるものと、
  どっちだったのかはっきりしないもの。
  骨盤の形は
  トカゲに似た「竜盤目」と、鳥に似ている「鳥盤目」が多いけど、
  どう歩いたかまでは推理するしかない。

2、二本足で歩く肉食恐竜の足跡の化石をみると、
  両足の跡が、ほぼまっすぐ一直線に伸びているのだとか。
  ようするに、モデル歩きみたいな感じ。
  →参考(世界一受けたい授業のサイトより)

3、どう考えても、バランス悪そうに思える。
  でもまあ、誰もが効率を重視して生きてるわけじゃないから、
  そういうことも起こりうるのかな、とも思います。
  なんとなく、そうしたかっただけかもしれない。
  「こう歩いた方が効率がいいよ」
  なんて彼らにいう権利は僕にはない。たぶん誰にもない。
  あったとしても、もう、滅んでるからどうしようもない。

4、ふと、横綱・朝青龍のゲン担ぎを思い出しました。
  彼は、場所中に食べる肉料理は
  鶏肉のみなのだとか。

5、これは、相撲の世界ではわりに有名なゲンのひとつ。
  鶏は二本足で歩くけど、
  牛やブタは四本足。
  後者は、相撲でいえば、負けの姿勢です。
  だから、鶏を食べるらしい。

6、これは栄養学的にも理にかなっているという人もいて、
  もしかしたら、
  このゲン担ぎは、ただの後付けかもしれません。
  現在でも、ちゃんこの肉は、やっぱり鶏肉メインなようです。

7、ということは、
  もし恐竜がいま生きていたら、
  モデル歩きの肉食獣はちゃんこにつかえるんですね。

8、いや、実際には生きてないんだけど、
  想像するとかなりカッコイイ光景だと思います。
  少なくとも
  モデル歩きで土俵入りする力士よりかは見てみたい。

Posted by tekigi1969 at 2006年12月02日 12:08
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1152

コメント
コメントしてください




保存しますか?