2006年12月04日

●踊り念仏のアストロDJ

1、奥さんの名前が「超一」 。
  娘は「超二」 で、下女が「念仏房」。

2、アストロ球団みたいなネーミングだけど、
  これは、捨聖と呼ばれた一遍上人の仲間たち。
  今年のはじめに宗教ガイドブックの編集協力をしたんです。
  そのとき、知りました。

3、この三人をひきつれた一遍上人は、
 「南無阿弥陀仏 決定往生 六十万人」
  と書いた札を配って、 全国を行脚したそうです。
  16年間の活動のあいだに
  この札をもらった人は、
  21億1724人に及ぶとされています。

4、某さん曰く「アクセスカウンターみたい」。
  確かにべらぼうに多いのに、妙にキリが悪い。
  きっと、「そんぐらい配ったのだぜ。ホントだぜ」という
  記号みたいな数値なのだと思います。

5、数字といえば、
  ユダヤ教では、天地創造が
  紀元前3760年に始まったことになっています。
  ちょっと近すぎる気もするけど、
  えらく具体的でおもしろいです。

6、一遍上人は、念仏を唱えながら踊ったことで有名。
  どうやらこれは、念仏に夢中になった人が
  勝手に踊りだしちゃったことが発端みたい。
  これは1279年。信濃でのこと。

7、その噂が噂を呼び、
  1284年に京都にやってきたときには
  踊る数百人の群集が彼らを取り囲み、
  信者に肩車された一遍上人が札をまきまくったそうです。

8、これは野外フェスみたいなものだったんじゃないかしらん。
  SHINANOで生まれたちょうクールなトランス系DJが
  ついにKYOTOにやってきた、みたいな熱狂。
  見てみたかったなあ。

9、一遍上人は死ぬ間際に書物などを全部焼いています。
  寺院もつくらず、教団も組織しませんでした。
  彼を開祖とする「時宗」は、一遍の死後、
  自然発生的に生まれたものだそうです。
  やっぱクールだ。カリスマってのは、こうでなくちゃ、と思いました。

 
 ↑
 僕が編集協力させてもらった本です。
 一遍上人の話もでてきますよ。

Posted by tekigi1969 at 2006年12月04日 14:15
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1155

コメント
コメントしてください




保存しますか?