2007年01月07日

●某さんからの年賀封筒

1、今年届いた年賀状のなかに
  1通だけ、分厚い封筒がありました。
  なかには手紙と、本が一冊。

2、なんだろうと思ったら
  「アホウドリの糞でできた国」でした。
  僕が文章を書いた本です。
  ん?
  手紙を読んで合点がいきました。

3、実は昨年
  この本をたいへん気に入ってくれた
  おばあさんがいたのです。90ウン歳の方だそうです。
  「ぜひ知人に配りたい」とのことで
  まとめ買いして下さったのでした。

4、その1冊が
  何かの間違いで僕のところに来たみたい。

5、「持ってます」というのも無粋なので、
  ありがたくちょうだいしようと思います。

6、同封されていた手紙には
  すごくお褒めの言葉が書いてあって
  なんだか気恥ずかしかったけれど、
  こういう年賀状もいいな、と思いました。
  いつかやってみようかな。

7、拙著を読みながら元旦を過ごした方がいるのかも。
  想像すると、これは、すごくうれしい光景です。
  ありがとうございました。

 
アホウドリの糞でできた国
古田 靖文 / 寄藤 文平絵
アスペクト (2005.1)
通常2-3日以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 2007年01月07日 18:37
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1187

コメント
コメントしてください




保存しますか?