2007年01月23日

●竜王就位式行ってきました

1、将棋の「竜王就位式」に行ってきました。
  パレスホテル二階にあがると、
  雑誌やテレビでみたことのあるプロ棋士だらけ。
  ひとりで出かけたので
  最初は、黙々と水割りを飲んでいました。

2、コートを預けようとクロークに並ぶと
  後ろにいたのが、二上達也前会長。
  ちょっとぶつかりそうになったひとに頭を下げたら、丸山忠久九段。
  どんぶり抱えて豪快にごはんを食べているひとがいるなあ
  と思ったら、屋敷伸之九段。
  あわわわ。緊張します。

 070122_1825~001.jpg
 (デジカメをクロークに預けちゃったので、ケータイ写真)

3、拙著「瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか
  のレビューを書いてくださった
  麻雀・教育ライターの福地誠さんがおられたので、ご挨拶。
  麻雀の戦術のこと、ライター業のことなど、いろいろお聞きしました。

4、そのまま、二次会にも潜入。
  最上階のレストランに行くと、連盟理事がずらり。
  おわあ。
  でも、将棋誌の記者さん、編集長さん、観戦記者さんもおられたので、
  名刺交換をさせてもらってそちらでワイン。すごく楽しかったです。

5、そのうちだんだん酔ってきて、
 「将棋倶楽部24のレーティングをそのまま段位にすればいいじゃん」とか
 「観戦記者の権利をヤフオクに出したら、いくらで売れるか」
  なんて、好き勝手なことをえらそうに話しちゃいました。恥ずかしい。

6、しかも、よく考えると、僕の斜め前方の席は米長邦雄会長で、
  その向こうには西村理事、田中理事らもいたのでした。
  聞こえてはいなかったと思うけど、お酒っておそろしいなあ。

7、そんなこんなでいろんな方を見れて、話せて、楽しい夜でした。
  ものすごくゼイタクな時間だったと思います。

8、んなことはともかく、
  渡辺竜王、おめでとうございました。4連覇も期待してます。

瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか
古田 靖著
河出書房新社 (2006.3)
通常2-3日以内に発送します。

(↑僕が書いた本です。1年越しの重版目指してまだまだがんばってます。
  宜しくお願いします)

Posted by tekigi1969 at 2007年01月23日 15:42
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1200

トラックバック

» 悪漢列伝 from 即席の足跡《CURIO DAYS》
ちょっと古いけど、将棋世界1月号の巻頭カラー特集は <悪漢列伝> 升田、花村、米長、などなどそうそうたる有名棋士が紹介されているけど、 一番ページを割い... [続きを読む]

Tracked on 2007年01月29日 22:53
コメント

うらやましいなあ(^_-)。
レーティング→段位とすると僕は1200段ですね(笑)。お寺の石段みたい。

Posted by TJ at 2007年01月23日 22:28

>TJさん
 いやあ、ゼイタクなひとときでした。
 レーティングの件は
 変換式つくるのが無難かと思いましたが、
 いっそ、そのまま1200段でいいかも。

Posted by 適宜更新 at 2007年01月26日 21:22

そういえば、加藤九段はうっかりすると1239段ですね(^_^)。

Posted by TJ at 2007年01月29日 01:05

>TJさん
 わはは。
 レーティングをそのまま段位にしたら
 加藤一二三二三四五段とか
 すごいことになっちゃいますね。

Posted by 適宜更新 at 2007年02月04日 07:20
コメントしてください




保存しますか?