2007年03月04日

●報道できなかった自衛隊イラク従軍記

先日、お知らせした(→こちら
ぼくが編集協力した本
「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」(金子貴一著)
のamazon予約がはじまったようなので、リンクを貼っておきます。



著者の金子貴一さんは、
民間人通訳として
陸上自衛隊のイラク派遣部隊第一陣に同行した方です。
帰国後は通訳、ジャーナリスト、旅行添乗員などをなさっているのですが、
契約上の制約があり、
これまで「イラク派遣に同行した」という
事実すら明かすことはできませんでした。

しかし昨年、最後の陸自支援部隊がイラクから撤収。
2年半の時を経て、
ようやく当時見聞きしたことを公表することが可能になりました。
(その経緯についても、本書には記されています)

というわけで、
この本では、
ほかの本では決して読めない
「自衛隊の内側」「サマワ宿営地のなか」からみた、
リアルなイラク復興支援の姿が描かれています。

宿営地の土地の賃貸交渉やイラクの現実など
大きなストーリーももちろん興味深いのですが、
ちょっとした部分に、ぼくはおもしろさやリアリティを感じました。

たとえば、
イラクに出発する日の朝、
陸上自衛隊はどこで金子さんと待ち合わせたか。
想像つきますか?

答えは
池袋駅の西武デパート前です。

この本はその待ち合わせシーンから、始まります。
ご興味のある方は、ぜひ読んでみて下さいね。
宜しくお願いします。

Posted by tekigi1969 at 2007年03月04日 08:08
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1220

コメント
コメントしてください




保存しますか?